『山伏と僕』を読んだ感想|あるがまま全てをうけいれる

山伏と僕

山伏というのは修行する人たちなのだという。

仏教と神道とが絶妙に融合した日本の精神空間において、山伏たちによって伝承されたプリミティブな自然信仰、その修行のかたちが紹介されている。

本書を執筆したのは坂本さんという方で、本業はイラストレータ。
友人に誘われ軽い気持ちで山伏修行に挑み、その虜になってしまう。

特に印象に残ったのは、冒頭付近で紹介されている山伏の返答の言葉。
何を言われても、山伏に許された返事はただひとつ。

うけたもう

“どんなことであれ全てを受け入れる” そんな意味が込められているのだとか。

あるがまますべてを受け入れる・・・などというのは、簡単なようでいて極至難の態度。
思わず修行に出かけてみたくなる1冊だった。

山伏修行体験塾(山形県鶴岡市観光連盟)
http://www.tsuruokakanko.com/haguro/taiken/syugyo.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です