Excel(エクセル)で時間表示をコーテーション付きにする方法

Excelでセルに時間を表す文字列を入力する際、「56’48″」のように「'(コーテーション)」や「”(ダブルコーテーション)」を用いた表記にしたいことがあります。

その場合、いちいちコーテーションを打ち込まずとも「5648」と入力するだけで自動的に「56’48″」のように表示される方法を紹介します。

設定方法

まず表記させたいセルを選んで右クリックし「セルの書式設定」を選択します。

「セルの書式設定」ウィンドウが開いたら、左側の「分類」項目で「ユーザ定義」を選択し、「種類」部分に以下を記述します(※あらかじめ入力されている文字は消してから入力します)。

「00’00″”!”」※すべて半角です

入力したら「OK」ボタンを押します。

この状態で、今設定したセルに「5648」と入力すると、下図のように表示されます。

以上です。

関連する記事

以下の記事も合わせてお読みください。

普段なんとな~く使えている(ような気になっている)Excelですが、以下のような基本の解説書を一冊手元に置いておくだけで作業効率が変わりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です