Excel(エクセル)で文字列をローマ字に変換する方法

仕事の関係で、Excel(エクセル)上の文字列をローマ字に変換しなくてはならなくなりました。

5.6個程度ならポチポチ手動で変換してもよいのですが、80~100ほどの文字を変換せねばならず、かつこの作業が今後毎月のルーチンワークになることも決定しました。

そこで なにか文字列をローマ字に変換する関数のようなものはないかと思い 調べてみましたが、意外にもそれに該当するようなものは存在しないとのこと。

しかし、無料配布されているアドイン「ヘボン式ローマ字変換アドイン」を用いることで、思った通りの作業ができることが判明しましたので、さっそく試してみることにしました。

はじめに

この記事で紹介している「ヘボン式ローマ字変換アドイン」は、OOKI++さんが作成してくださったフリーのアドインです。

この場を借りて、お礼いたします。便利なアドインをありがとございます!

以下の記事では、大きく以下の3つの工程に分けて具体的な使用方法を紹介していこうと思います。

  1. アドインのインストール
  2. アドインの有効化
  3. アドインの使用方法

それでは、細かくみていきましょう。

アドインのインストール

まずは「ヘボン式ローマ字変換アドイン」をダウンロードします。

・ヘボン式ローマ字変換アドイン
http://www.vector.co.jp/soft/dl/data/business/se493167.html

Hebon.zipというファイルがダウンロードされますのでこれを解凍(展開)します。

解凍すると「Hebon.xla」「Readme.txt」の2つのファイルができます。

Readme.txtは取扱い説明書になりますので、目を通しておきましょう。

続いてアドインのインストールです。

上記の「Hebon.xla」ファイルを、以下の場所にある「AddIns」フォルダ内に移動(コピー)します。

C: > Users(ユーザー) > (ユーザー名) >AppData >Roaming >Microsoft >AddIns

AppDataフォルダが見当たらないときは?

Windowsの初期状態ではAppDataフォルダは非表示になっていますので、以下の方法で可視化させましょう。

エクスプローラ左上の「整理>フォルダーと検索のオプション」をクリック。

「フォルダーオプション」ウィンドウが開いたら、「表示」タブ内の「ファイルとフォルダーの表示」項目で「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックをいれます。

チェックを入れたら、「適用」ボタンを押します。

すると、半透明のアイコンで「AppData」フォルダが表示されますので、フォルダをクリックして「Roaming>Microsoft>AddIns」まで進みましょう。

アドインの有効化

アドインの有効化はExcel(エクセル)の「開発」タブで行います。

ただし、初期状態では「開発タブ」が非表示なっている可能性もありますので、まずは「開発」タブの表示方法から説明します。

Excel(エクセル)を起動し、ウィンドウ上部の「クイックアクセスツールバー」の一番右の▼をクリックし、「その他のコマンド」を選択します。

「Excelのオプション」ウィンドウが開いたら「リボンのユーザ設定」を選択。

ウィンドウ右側で「メインタブ」を選択し「開発」にチェックを入れOKボタンを押します。

すると、Excel(エクセル)の基本画面上部に「開発」タブが追加されますので、「Excelアドイン」アイコンをクリックします。

「アドイン」ウィンドウが開いたら「Hebon」にチェックをいれ、OKボタンを押します。

以上で、アドイン(ヘボン式ローマ字変換アドイン)の導入は完了です。

アドインの使い方

「ヘボン式ローマ字変換アドイン」の使い方は簡単です。

ローマ字を表示させたいセル内に、以下を記述します。

  • =Hebon(参照セル名)

例えば、A1セルの文字列(吾輩は猫である)を、「B2」セルにローマ字変換で表記させたい場合は、以下のように記述します。

すると以下のように変換されます。

パラメータで細かい設定も可能

またHebonアドインでは、ローマ字変換の際にパラメータを追記することで、より細やかな変換が可能になっています。

  • =Hebon(参照セル名, 第1パラメータ, 第2パラメータ)

第1パラメータ

第1パラメータは「大文字/小文字」の表記区分です。

  • 0=全て大文字(初期値)
  • 1=単語の先頭文字のみ大文字
  • 2=全て小文字

             

第2パラメータ

第2パラメータは例外表記の指定です。

  • 0=例外表記無し(初期値)
  • 1=OO、OU、UUを無変換(おおの > OONO、こうの > KOUNO)
  • 2=OO、OUをOHへ変換(おおの > OHNO、えんどう > ENDOH)
  • 4=UUを無変換(まつうら > MATSUURA)

例えば「まつうら しんや」を「Matsuura shinya」と表記したい場合(先頭文字は大文字、UUは無変換)は以下のような記述になります。

=Hebon(参照セル名, 1, 4)

詳しくは、アドインの「Readme.txt」を確認してみてください。

最後に

まだ本格運用はできていませんが、これで大分作業が楽になりそうです。

アドインの作者OOKI++さんにあらためて感謝いたします。

便利なアドインをありがとございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です