iPad用電子書籍で復活した青林堂『ガロ』は、”Ver2.0″とか言ってる時点で既に負け戦じゃないのか?

公開日: : 最終更新日:2017/01/05 メモ帳 , , , , ,

“アングラ系漫画雑誌として勇名を馳せた青林堂『ガロ』が、iPad用電子書籍で復活”(WEB魚拓)というITmediaの記事なんですが、少し(かなり)想像とちがっていたのでココで一言。

高校時代に一方的に恋焦がれ眠れぬ夜を何度も、何度も、何度も、過ごした…そういう異性に、十数年を経た同窓会かなんかで再会して、その腹の出具合、頭の薄くなり具合にとんでもないモノを見た気になり、今お前がとんでもないのはそれはそれでいいとして、甘酸っぱい私の高校時代の思い出を返して欲しい…的な気分に陥るというのはよく聞く話ですが、まあ、この”「ガロ」がiPad用電子書籍で復活”って記事も、私なんかにしたらそれに近いものがありましたね。

カムイ外伝 全巻セット (小学館コミック文庫)
カムイ外伝 全巻セット (小学館コミック文庫)

“アングラ”とか”サブカル”とか。

そもそも、青林堂『ガロ』っていうのは、白土三平の「カムイ伝」を掲載するためだけに創刊された、社会性を帯びた硬派な漫画雑誌だったんですが、その後、つげ義春だの佐々木マキだのといった優秀な作家達が、実験的な作品を投稿するようになって、アングラ系漫画雑誌の代名詞になった伝説的な雑誌ですね。
 

「ガロ」編集長 (ちくま文庫)
長井 勝一
筑摩書房
売り上げランキング: 433465
おすすめ度の平均: 5.0

5 戦後混乱期のまんが出版事情が面白い
5 ある極私的マンガ史

全盛期という意味では、学生運動が盛んだった時代(それはつまり白土三平「カムイ伝」が連載されてた時代なわけですが…)ということになるんでしょうが、80年代以降も、南伸坊さんなんかが編集長をやって、いわゆる「サブカル」の分野を牽引する雑誌の一つとしてあり、赤瀬川原平、花輪和一、丸尾末広、蛭子能収、根本敬、みうらじゅん…といった歴代の執筆人を並べてみれば、ある年代以降にはなにか「グッ」とくるものを持ったそういうステキな雑誌だったわけです。

貧乏な雑誌。

また、”漫画家に原稿料が出ない(出せない)雑誌”ということでも有名で、経営状態は常に火の車。
編集長(会長)・長井勝一のカリスマ性があってどうにかこうにかやりくりしていたところを、90年代半ばにどうにもならなくなって、PCソフト開発会社『ツァイト』に経営権を譲渡。

しばらくして内部分裂をおこして、以後うやむやのうちに世の中から忘れさられていった…といった、そういう経緯があります。

一角散
一角散
posted with amazlet at 10.10.02
津野 裕子
青林工藝舎
おすすめ度の平均: 5.0

5 ひとつの答え。
5 不思議な漫画
5 浮遊する魔法

私が、愛読していたのは90年代半ばの頃で、長井さんが会長に退くあたりですね。

花くまゆうさく、魚喃キリコ、逆柱いみり、古屋兎丸、秋山亜由子、東陽片岡といった人達が活躍していた時代でしたね。 
中でも私が好きだったのは、津野裕子さんという方で、日本の田舎(富山あたり)を舞台にしてファンタジーを構築するという難事業を見事にやってのける手腕に感動しましたね。

『雨宮雪氷』とかすごくいい作品集だったなあ。

で、”iPad用電子書籍”はどうなの?

ま、それはともかく、経営譲渡したのがPCソフト開発会社ってのもあって、意外と早い時期からデジタル出版みたいなことをやってみたり(そしてこけてみたり)、WEB刊行企てたり(そしてこけてみたり)とかはしっていたので、こんかいの”iPad用電子書籍で復活”っていう記事にも、まあ「さもありなん」程度の気持ちで、リンクを飛んでいったんですが…

も、萌え系?

90年代後半の会社分裂劇で、いわゆる「本流」の方々は”青林工藝舎”という別の組織を立ち上げていますので、”青林堂”といっても、かつて私が見上げたものとは内容が大きく異なることは重々承知ではあるんですが…それにしても、それにしても。

現在の青林堂のサイトを見ますと、どうやらこれは規定路線(萌え?)であるようなので、最近の若い人達にとっては「青林堂つったらこれでしょ」って事なんでしょうが、“今お前がとんでもないのはそれはそれでいいとして…”というなにかそういうよくわからない感情がこみ上げてきて、なにか寂しいものがありましたね…。

とはいねまあ、”iPad用電子書籍”っていうもの自体がどの程度普及するもんなのかにも興味があるんで、そのへんに注目です。

2014年1月追記

…という上の記事は2010年10月に書いたものだったのですがその後『ガロver2.0』は2号で廃刊になったようです。
この話題について書かれた「記憶更新履歴(ウェブ日記)」さんの記事を引用させていただくと・・・

色々調べてついにわかったのですが、どうやらこのガロ Ver2.0、同人漫画、Web漫画を集めて雑誌にしたものだったようです。オリジナル創作系の同人っぽいノリだなー、と思ってたら、そもそもオリジナル創作系の同人漫画を集めた本だった!それも、既に結構な期間連載されておりストックがあるものばかり。おいおい日本初のiPad向け新作コミック誌って触れ込みはなんだったんだよ、と思いましたが、それはさておき面白い作品ばかりだったのは確かなので、それらと出会う切っ掛けをくれたというだけでも個人的には意味はありました。「2号で終わってしまった「ガロ Ver2.0」の続きを読む方法まとめ

・・・とのこと。

で、せっかくなので・・・と思って青林堂の現在のHPを閲覧してみてこれまた仰天。
『ジャパニズム』という雑誌をはじめ「皇室論―伊勢神宮式年遷宮に寄せて」「日本を守るには何が必要か」「神々が集う地へ 出雲大社」などなど、なんともライト・ウィングな書籍がずらり(WEB魚拓)。

一応コミックも扱ってはいるようですが、「ネトラレ」「レズビアンⅢ」など、まさかのセクシー系!!

いやそれにしても「カムイ伝」からずいぶんと遠いところまでやってきたもんだね、と独りごちた2014年初春の出来事でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

medium_3230949637

封筒の表には「チケット在中」と書くべきなのか?そしてそもそも「在中」と書く意味はなんなのか?

photo credit: sludgegulper via photopin cc せっかく

backjoy_rental_008

Backjoy(バックジョイ)をレンタルしてみた! 注文から返却までの流れと個人的な感想

以前、別の記事にも書きましたが(腰痛持ちの救世主!? Backjoy"バックジョイ&q

kojo_002

年末調整用 控除申請書の記入例 -給与所得者の保険料控除申請書 など

毎年、11月あたりになると年末調整用の各種控除申請を作成しています。 「給与所得者の保

itunes_symblink_012

itunesのバックアップデータ保存先をCドライブ以外に指定する方法

iphone内のデータ保護を目的として、itunesを使ったバックアップを利用することにしました。

tw_001

twitterのつぶやき(ツイート)を自分のブログ内に表示させる方法

twitterでは公式の機能として 自分(あるいは他人)のツイートをブログ内に表示することが出来るよ

pcm_rokuon_005

iphoneアプリ「PCM録音」で録音した音声データをパソコンに保存する方法

iphoneをマイクコーダーにして録音可能にするアプリ「PCM録音」。会議やセミナーなどを気軽に録音

medium_8410815679

“ホームレス人生講座”を読んだ観想など

photo credit: Sergey Sus via photopin cc ぼん

analy_hyoji_001

GoogleAnalyticsで各URLのページタイトルを表示させる方法

意外と知らない方も多いようなので、ここで情報をシェアしておこうと思います。 GoogleAna

medium_4654483579

女優 中島宏海(ひろみ)さんに関する情報をまとめてみた

ジョニー大倉主演の渋いVシネ『銀玉銀次郎2』(監督:辻裕之)というのを見てたんですが、ゴト師集団の女

"サントリー 天然水"シリーズのCM曲について調べてみた

油彩風のアニメーションが印象的な「サントリー 天然水」のCM(2014年夏 放映中)。映像もさる

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

足元の冷えを解消!デスクワーカーにおすすめの足温グッズまとめ!

日がな一日座り続けで作業をしていると、血流が悪くなるのか、足元(つま先

ashi_c_008
足元の冷え解消!足温グッズレビュー(3) ホットマルチヒーター

デスクワークの際の足元の冷えを解消すべく、あれこれ模索しているうちに

ashi_b_002
足元の冷え解消!足温グッズレビュー(2) 山形電気あんか*参考

デスクワークの際の足元の冷えを解消すべく、あれこれ模索しているうちに

ashi_a_006
足元の冷え解消!足温グッズレビュー(1) デュアルヒータースリッパ

デスクワークの際の足元の冷えを解消すべく、あれこれ模索しているうちに

futa_001
掃除機にペットボトルの蓋が詰まってしまった場合の対処方法

部屋を掃除していたところ、掃除機でペットボトルのフタを吸い込んでしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑