IKSTAR 第三世代ヘルスケア座布団を使用した感想!

私は仕事の関係で 月に250時間ほどを椅子に座って過ごしています。

数年前にギックリ腰をやってしまったのを契機として、会社のデスクチェアでは「姿勢サポートシート」を利用するようになりました。

この数年の間に、いくつかの商品を購入し使用してきましたが、長く使ううちにそれぞれの長所や短所が見えてきましたので、特徴を記事にまとめてみることにしました。

この記事では「IKSTAR 第三世代ヘルスケア座布団」を紹介しています。

はじめに

IKSTAR」というのは 香港のメーカーで、私が購入した「第三世代ヘルスケア座布団(以後、ヘルスケア座布団)」 のほかにも、低反発枕や、ランバーサポート(椅子用の背もたれ補助)製品などを発売しています。

IKSTAR 第三世代ヘルスケア座布

祺(香港)株式会社は1995年に香港で立された易会社です、会社の品が主にメモリフォム座布、メモリフォム腰クッション、メモリフォムU字型枕、カテン、腕カバ等のホムキッチン品です。 …

「ヘルスケア座布団」は、amazonでもなかなか評判がよかったので、さっそく購入してみました。

この手の商品としては珍しい純粋な座布団タイプの形状です。

商品の梱包と内容物

商品は白いセロファンで全体が梱包されています。

セロファンを剥ぐと、ダンボール箱が登場。

箱の表面には「ごショッピングをお楽しみに」「ご満足にいただければ五星&良い評価」など、絶妙な日本語がプリントされています。

商品は二つ折りになって入っています。

丁寧に梱包されていますね。

梱包物は以下の通り。

  1. 持ち運び用の袋  
  2. チラシ
  3. 商品本体

梱包時に商品が包まれていた袋とは別に、持ち運び用の専用袋もついてきます。

商品の外観

で、こちらが実際の商品ですが、想像していた以上にデカかったですね(縦38x横45x厚さ2.5-7cm)。

500mlのペットボトルを横に置くとこんな感じ。

重量はおおよそ700g。

デスクチェアに置くとこんな感じです。結構な存在感ですね。

表面のカバーは、メッシュ地のポリエステルです。

メッシュのカバーは、取り外して洗濯することも可能です。

カバーを取り外すと、クッション本体が顔を覗かせます。

こちらのクッション本体は洗濯不可です。

裏面には滑り止めのイボイボ加工が施されています。

座ってみた感想

座面のなだらかなカーブで骨盤を立たせて、姿勢をサポートをしてくれる仕組です。

下の写真の右奥がお尻側になります。

太ももがあたる座面に比べて お尻の方が高くなっており、その落差を利用して骨盤が立ちます(下の写真左側にお尻がくる)。

ただ 商品自体が物理的に骨盤部分に触れるBackjoyやMTGの競合製品と比べると、背筋が「スッ」と伸びる感じはちょっと弱めですね。

なので「姿勢サポート」という面に関して 効果は限定的なのですが ただ「座布団」という形態ゆえの座り心地は抜群です!

BackjoyやMTGの製品は、長く座り続けるとどうしてもお尻が痛くなってしまう欠点があるのですが、こちらはベースが低反発クッションなので、長時間座っていてもまったく苦になりません。

また、センターの穴のおかげで、蒸れ対策がしっかりしているのもうれしいですね。

また、時折 痔ろう気味な症状も発症するわたしには、とても優しい座り心地です。

長時間連続で椅子から離れられないようなお仕事の方には、とてもいいと思いますね。

「IKSTAR 第三世代ヘルスケア座布団」は以下から購入できます。

関連する記事

そのほか 姿勢サポートシートに関して興味がある方は以下の記事も合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です