MACのOS標準状態でDVDビデオをただ単純にコピーする方法

medium_287665619photo credit: aussiegall via photopin cc

“DVDビデオのコピー”っていっても「市販のDVDなどをコピーガード外してコピーする…」とかそういうのではなく、自作のDVDを数枚コピーしたい…ていう場合用の単純なコピーの方法について書いています。

MACでDVDビデオをコピーする方法

windows環境では、むかーし購入したB’s Recorder GOLDというソフトを用いて単純コピーしていたのと、DVDデクリプターとかシュリンクとか、そのてのフリーソフトが豊富にあったんで、特に不便さを感じていなかったんだが、MACでどうやるかがわからず一苦労。

コピーの大まかな流れを確認

まず、コピーの大まかな流れを確認しておきましょう。

  1. 元となるDVDの内容を”イメージデータ”としてMAC内に(コピーして)保存
  2. 上記イメージデータを 新規DVDに書き込む(完成)

手順(1)

まずは、コピー元となるDVDをディスクに入れてから、「アプリケーション>ユーティリティー>ディスクユーテリティー」を開きます。

手順(2)

DVDを選択して「新規イメージ」ボタンを押します。

01hajime

手順(3)

イメージデータの保存先を指定します。

この際、「イメージフォーマット」を「DVD/CDマスター」にしておきます。

03_image

保存ボタンを押すと、イメージデータの作成作業が始まります。

これには少し時間がかかります。

02_henkan

手順(4)

イメージデータの作成が終わると、作成済みのデータが画面左に現れます(.cdrの拡張子のもの)。

コピーに使用した元素材のDVDは取り出して、コピー用の新規DVDを挿入します。

あとはイメージデータ(.cdrの拡張子のもの)を選択して「ディスクを作成」を押せば、DVDの作成作業が開始になります。

04_last

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です