既に構築された無線LAN環境で、バッファローAirStation(G-54)のSSIDと暗号化キーを調べてiPhone4sでWiFi接続できるようにする方法

medium_3670562025photo credit: michperu via photopin cc

iPhone4sを購入してきたので、自宅の無線LAN環境でWiFi接続してやろうと思ったわけです。 

ところがWiFi電波はいくつか検出するものの(マンションなので隣人のやつとか拾っているっぽい)、どれが自分の家の回線なのか分からず、適当に選んで接続しようと試みるもロックを解除するためのパスワードがまったくわからない….。 

 BUFFALO おまかせ節電 11n/g/b対応 無線LANルーター Air Station 単体 WHR-G301N
BUFFALO おまかせ節電 11n/g/b対応 無線LANルーター Air Station 単体 WHR-G301N

無線を飛ばしているのは、バッファローのエアステーション(WBR2-G54)というヤツなんですが、自分の回線(=SSID)を特定し、かつそれにかけられたロックを解除する(暗号化キーの入手)方法を調べましたので以下、備忘録としてメモ。

※以下は、バッファロー独自のおまかせ設定機能「AOSS」をONにしている場合の環境下の文章になりますので、ご注意ください。

 

1:無線(Wi-Fi)を飛ばしている親機側にログイン

まず、IE、FireFoxなどのウェブブラウザをひらき、アドレスに無線親機のIPアドレスを入力します。 
多くの場合、デフォルトで「192.168.1.1」となっているようですが、うちはここをいじっていたので、下上図のような感じになっています。

ユーザ名・パスワードを求められますので入力します(※多くの場合 ユーザ名:root、userなど、パスワード:adminなど)。

2:ホーム画面がでたら「アドバンスト」を選択

3:「管理>AOSS」を選択

“現在の暗号化情報”部分に… 
 

★SSID:自分の回線の名前
★暗号化キー:上記SSIDのロックを解除するパスワード 

…が表示されています。

4:iPhone側にてWi-Fi設定を行う

 
iPhoneで「設定>WiFi」を選択し、検出されたネットワークの中から上の工程で入手したSSIDのものを探します。 
選択したら、暗号化キーを入力してロックを解除しましょう。

暗号化キーは 上図では4段分ありますが 1行分を入力すれば大丈夫なようです。

2 件のコメント

  • ありがとうございます!今月15日にiPhon5を買いました。インターネットは3Gで簡単接続できました。しかしWi-Fi接続機能があるので、これを利用しようと悪戦苦闘、どうにも接続できません。自動接続のBUFFALO Air Station WBR2-G54なのに、パスワードを入力しろっていうですが自動接続なので、パスワードが分かるわけないんです。あちこち接続ブログを探しましたら貴ブログに出会いました。分かりやすい説明でしたので、簡単にキーを探しあて、接続できました。感謝!感謝です。ありがとうございました。IT大好き80爺いです。

  • すずきさんコメントありがとうございます。
    この記事がお役にたったようでなによりです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です