POCKETALK(ポケトーク)をアップデートする方法

翻訳デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」のアップデート方法が いまいち分かりづらかったので、流れを記事にまとめてみました。

はじめに

POCKETALK(ポケトーク)を快適に利用するためにも、ファームウェアを最新の状態にしておくように心がけましょう。

アップデートの有無の確認

ポケトークにアップデートがあった場合、スマホのアプリなどと同様、液晶画面に「最新の状態に更新できます」と告知が届きます。

またソースネクストから「ファームウェアアップデートのお知らせ」というメールも届きます。

アップデートに必要な環境

ポケトークのアップデートを行うには、以下の条件が必要です。

  • Wi-Fiに接続されていること
  • 電池残量が50%以上あること

アップデートの方法

それでは具体的にアップデートの流れをみていきましょう。

「更新告知」画面を表示させる

アップデートは、ポケトークが自動で受信する「更新告知」画面から行います。

更新告知を受信するには、一度 ポケトークを再起動する必要があります。

既に電源が入っている場合は、背面の電源ボタンを5秒ほど長押しし、電源が切れたら 再度 電源ボタンを長押しして 再起動を行います 。

電源が入ると 以下のような基本待ち受け画面になりますので この状態で20~30秒ほど待機します。 ※1分ほど待ってもなにも変化がない場合は、もういちど電源の再起動を行ってみてください。

すると 以下のように「最新の状態に更新できます」と、「更新告知」が液晶部分に表示されます。

アップデートを行う

この状態で右矢印ボタン(>)をタップし、チェックマークアイコンがオレンジになったことを確認して 真ん中ボタン(○)をタップします。

※アップデートを行わない場合は左矢印ボタン(<)をタップし、×アイコンがオレンジになったことを確認して 真ん中ボタン(○)をタップします。

「アップデート中です。しばらくお待ちください」と表示され、自動的にアップデートがスタートします。

あとは特に操作の必要はありません。自動で再起動などが行われ、5分程度でアップデートが完了します。

以下のように「アップデートに成功しました」と表示されればOKです。

以上で終了です。

これまでの更新履歴

これまでのアップデートの履歴を記録しておきます。

ver1.1.0(2017.12.19)

  • 自動スリープ機能の追加 (一定時間 操作していない場合、自動的にスリープにする機能)
  • 一部言語ペアにおける翻訳エンジンの変更
  • 軽微な不具合を修正

関連する記事

ポケトーク関連の記事をいくつか書いています。そちらも合わせてお読みください。

ポケトークを購入する

ポケトークは↓こちらから購入できます。

POCKETALK(ポケトーク)を購入する

POCKETALK(ポケトーク)は、ソースネクスト公式サイトのほか、Amazonや楽天などでも購入できます。

ただ ソースネクストのサイトでは、通常「半年間」の保証期間を「3年」に延長できるオプションが選べるようになっています(有料)。 アマゾンや楽天などではこのオプションが選べないので、購入する際には注意しましょう。

ポケトークをレンタルする

「たまにしか海外にいかないのに3万円も払えないよな~」とお考えの方には、ポケトークのレンタルがおすすめです。

海外旅行向けのWi-Fiレンタルサービス「グローバルWiFi」では、サービス利用時のオプションとしてポケトークをレンタルすることができます。

レンタル料金は「800円/日(税抜)」となっています(2018.01.15現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です