シトルリン桑抹茶をしばらく飲んだ感想と購入時の注意点!

不妊治療を開始して3年。

このたび、思うところあって「妊活青汁」こと「シトルリン桑抹茶」を購入して飲んでみることにしました。 元気な精子に必要な栄養成分を補い 妊活中の男性の身体づくりをサポートしてくれる、という青汁飲料です。

「大人の青汁シトルリン桑抹茶」

そもそも、自分がこうした商品を購入することになろうとは思ってもいませんでしたし、正直はじめは「なんか胡散臭いな~」という気持ちも、ないわけではありませんでした。

"妊活青汁ってなんだよ!" …という。

ただ実際にしばらく飲用してみて、結果的には悪くない買い物だったなと思っています。

意外にも真面目な青汁飲料でした(笑)。

こうした商品の具体的な感想というのはなかなか世に出づらいものかと思いますので、購入を検討されている方の参考になればと思い、私が購入するに至った経緯と、飲用後の感想などを紹介しようと思います。

※はじめに断っておきますが、シトルリン桑抹茶はあくまで元気な精子のための身体つくりをサポートする「食品」であり、「医薬品」ではありません。以下の記事を読む際にはその点をご留意ください。

私が購入しようと思った理由

まず、私自身の購入の動機を書いておこうと思いますが、そもそも「不妊治療」に関する知識がない方もいるかと思いますので、一応、基本的なところから書いてみます。

精子の質には基準値がある

以前も「男性必見! 不妊治療クリニック 採精室の中はどうなっているのか?」という記事を書きましたが、男性が行う不妊治療の第一段階として、まずは精子検査が行われます。

精液を採取し、精子の数、濃度や、運動率、生存率などを確認するわけですが、こうした精子の「質」の判断は、ある基準値を基にして行われています。

以下の表は、WHO(世界保健機関)が推奨している基準値で、現在、日本でも多くの医院がこちらの数値を基にして治療方針を決定しているそうです(※ただし これらはあくまで目安の数値に過ぎず 決して全国一律のものではないようです 参考1参考2)。

精液検査のWHOによる基準値(WHO 2010年)

sitrlin_001

基準値は上回っていたものの…

さて、わたしの場合、幸いにも数や運動率などは基準値を上回っていたのですが、40代間近という年齢もあり、決して特別良い数値というわけでもありませんでした。つまり「基準値よりはいいけども…」というくらいの感じです。

まあそれでも、ひとまずホッとして肩をなでおろしたわけですが、その後 不妊治療を進めていくうちに、こうした数値が意外と簡単にブレてしまうことを知りました。

どういうことか?

体調は日々変動しているという当たり前の事実

わたしは現在、ほぼ毎月1度、人工授精のためにクリニックを訪れ「採精」をしているのですが、ある時、寝不足の状態(かつちょっと風邪気味)で、それを行ったことがありました。

私自身は特に普段と変わらないつもりだったのですが、後で妻から、その際の精子の運動率が20数パーセントしかなかった…と聞かされ、驚きました(そのように先生が言っていたそうです)。

medical_funin_soudan

要するに「基準値以上だから大丈夫」というのは、あくまで良好なコンディションを常に保てた場合の話であって、精子の質はその日の体調などによっても大きく左右されてしまうものだということです。

経験された方であればご理解いただけると思いますが、「採精」というのはナカナカ大変な作業で(特に精神的に)、そのなんとか搾り出した精子が、体調の関係で基準値を下回ってしまうのは、ものすごく残念だなと思ったわけです。

精子の質そのものを上げることは難しいにしても、せめて体調不良によるイレギュラーな状態をなるべく回避したい…そんなことを思いつつ、ネットを見ていたところ、気になるものを発見しました。

それが 「大人の青汁シトルリン桑抹茶」 だったのです。



"青汁"ですから、要するに健康飲料の一種なのですが、公式サイトでは「妊活青汁」と紹介されており、特に男性におすすめとのこと。

「青汁=なんとなく健康に良さそう」程度の知識しかない私でしたが、このシトルリン桑抹茶のどのへんが「妊活」と関係するのかアレコレ調べてみました。

妊活青汁と呼ばれる3つの理由

公式サイトを確認してみると、シトルリン桑抹茶が「妊活青汁」と呼ばれているのには大きく3つのポイントがあるようです。

(1) 元気な精子に必要な栄養成分が含まれている

精子の濃度、運動率、質を得るためには、タンパク質をはじめ、亜鉛などのミネラルやビタミンEなど様々な栄養素が必要とされています。

シトルリン桑抹茶にはその「亜鉛」や「ビタミンE」が多く含まれています。

(2) 精子を酸化から守る成分が含まれている

一般に、酸素の中でも特に酸化力が強い酸素を「活性酸素」と呼び、この活性酸素が体内の細胞を酸化させ(錆びさせ)ることが老化の原因といわれています。

この活性酸素の影響は精子にもあり、運動率や機能の低下と結びついてしまうそうです。

シトルリン桑抹茶には、その活性酸素を減少してくれる成分「スーパーオキシド消去活性(SOD)」が含まれています。

(3) 男性の巡りを促す成分が含まれている

シトルリン桑抹茶 最大の特徴が、商品名にもなっている「L-シトルリン」という成分です。

シトルリンというのは”ペ○ス増大系の精力剤”に含まれている成分としても、その道では(どの道?) 有名なのですが、要するに「血の巡り」を促してくれるわけですね。 なので「冷え性改善」系のサプリとかにもよく使用されています。

つまり、こちらの成分は「大事な時にナニがアレで…」という状況の回避をサポートしてくれるわけです。

特徴のまとめ

以上の特徴をまとめると シトルリン桑抹茶は「精力剤的な成分を含む健康青汁飲料」だと考えると分かりやすいのではないかと思います。

ただし、それぞれの特徴をお読みになれば分かると思いますが、シトルリン桑抹茶に含まれる各成分は、あくまで元気な精子のための「身体つくりをサポート」するものであって、これを飲むことで、直接 精子の質を向上させたり運動率を増加させたりしてくれるわけではありません。その点は注意しましょう。

※繰り返しになりますが、シトルリン桑抹茶は、牛乳やヨーグルトと同じ「食品」であり「医薬品」ではありません。また、そもそも現状、科学的に証明された精子を増やす医薬品などというものも存在しません。

実際に購入してみた感想

というわけで シトルリン桑抹茶「お試しパック(20袋入り)」を購入してみました。

届いた商品はこんな感じ

レターパックで届きました。
商品本体(右)と、チラシ(中)。

sitrlin_003

個別の商品が入っている袋はジッパー仕様になっています。

sitrlin_010

青汁のモト(粉末)自体は、個別にスティック状の袋に入っています。
黄金のパッケージに包まれて神々しく輝いております(笑)。

sitrlin_004

飲んでみた

商品1本分紙の上に出してみました。
まさしく抹茶の粉末そのもので、いい香りがします。

sitrlin_005

飲用する際は、水をコップ半分ほど入れて粉を溶かします。
結構、溶けづらいので、多めにかき混ぜましょう(すぐに粉が底に溜まります)。

sitrlin_006

味はどうなの?

一応、メーカー公式の紹介文では「宇治抹茶味」となっていますが、わたくし恥ずかしながら「宇治抹茶」を飲んだことがないので、比較はできません(苦笑)。

実際に飲んでみての素直な感想は…「新鮮な畳」のような味。

sitrlin_007

メーカーさんのフォローのために言っておきますと、畳は畳でも、美味しい部類の畳です(笑)。

イグサ臭がキツイとかそういうことではなく、フワッと畳っぽい風味が香るお茶…例えるなら、引越ししたての新居の和室でお茶を飲んだようなイメージとでも言えばよいでしょうか?

「青汁」というと、世代的にはどうしても、某社の有名なCMの印象が強いですし(もう一杯!のアレ)、バラエティ番組で罰ゲームなどに使用されるイメージで「とにかく不味いもの」というイメージが先攻してしまいますが、正直、全然不味くはありません。

ただ、結構粉っぽいので、やりすぎかな?ってくらい多めにかき混ぜてから飲んだ方がいいと思います。そこそこかき混ぜたつもりでも、意外と最後の方に粉のまま残っていたりします。

もう少し水に溶けやすくなっているとうれしいですね(やんわりと苦情)。

で、飲んでみてどんな感じなの?

実際に飲んでみてどうなのかは気になるところだと思います。以下はあくまで「わたし個人の感想」ということをご理解頂いた上で、お読みください。

私の場合、先述のように「精力維持」的な効果を期待しつつ購入したわけですが、2週間ほど服用してみて「アレ? なんとなく良いかも?」というのが素直な感想です。

決して「メキメキきてるゼ!」というようなことはないのですが、もう少し長く飲んでみようかな…と思うくらいには以前と違いがあります。

もちろん「プラシーボ効果」もあるのでしょうが、以前「アロパノール」に関する記事でも書いたように、「プラシーボだろうが自分的にはOK!」というスタンスなので、これは結構イケるんじゃないか・・・というのが正直な感想です(わたしの場合多分に心理的影響の側面が強いと思いますし)。

もちろん、もう少し長いスパンで服用してみて気持ちが変わるかも知れませんが、その際はこの記事で追記報告しようと思います。

購入時の注意点

最後に、初めてシトルリン桑抹茶を飲用する方が疑問に感じるであろうポイントや、購入時に注意しておきたい点を少し書いておきます。

どのくらいの期間飲めばいいの?

公式サイトによれば「1日1~2袋を目安に飲用し」「およそ3ヶ月飲用を行っていただくことで、精子に必要な栄養素であるミネラル、ビタミンの補給と、L-シトルリンの巡り、桑の葉由来の栄養やDNJの持つ独自作用を期待していただけます」とのことです。

飲用を控えた方がいい状況(副次的な影響)はないの?

先述のように 青汁はあくまで食品ですので、医薬品のように「副作用があるか?無いか?」という表現はおかしいのですが、しかし、この飲料を飲むことでなにか副次的に身体によからぬ影響が出たりしないものか心配でした(牛乳だって飲むとお腹がグルグルしてしまう人もいますので)。

ただ、その点に関してはなかなか有効な情報が見つからず、そこで、シトルリン桑抹茶を販売している「ウイッツジャパン」さんに、直接問い合わせてみました。

すると、"基本的に副次的な影響というものはありませんが…"と、前置きしたうえで次のような回答がありました(※以下は回答の内容を私が独自に要約したものです)。

・薬(特に血液凝固阻止薬など)を処方されている方、ビタミンKの摂取制限を受けている方、通院中の方は、医師と相談のうえ利用して頂くことになる(青汁にビタミンKが含まれるため)。

・その他の成分も副次的な影響はないが、薬を服用している方や、妊娠中・授乳中の方にはおススメしていない

原料の産地は?

シトルリン桑抹茶は「熊本県・阿蘇産の無農薬国産100%の桑の葉を使用」しています。

このご時勢「外国産の得体の知れない葉っぱとかだと心配…」という方も多いと思いますが、その点は安心できますね。

賞味期限はどのくらい?

こちらもウィッツジャパンさんに確認したところ「製造後2年です」とのことでした。

sitrlin_011

上の写真は私が購入した商品の賞味期限です。私が購入したのは「2015年12月頭」なのですが、商品の賞味期限を確認すると「2017年11月」とありましたので確かに2年ほどありますね。このくらい期間があると、買い置きしておくこともできますね。

お得な価格で購入できたりしないの?

私の個人的な反省点として、初回購入時に「お試しパック(20袋入り)」を1個だけ購入してしまったのは、ちょっと失敗でした。

「お試しパック」は1人2パックまで購入可能なのですが、あくまで試用を目的としているため、1度1パックを購入後、間をおいて2パック目を購入することはできないそうです(初回のみ2パックまで購入可とのこと)。

結局私は、あとから追加で1箱(60袋入)を購入しました。

まあ、そもそも「口に合わないかも」という可能性もあるので、「青汁」系飲料を飲んだことがない方は、お試しパックもいいと思いますが、その辺に抵抗のない方であれば1袋あたりの単価が割安の「3箱セット」もお勧めです(下記参照)。

(おまけ)セット価格と定期購入価格の早見表

シトルリン桑抹茶はセットで購入すると「まとめ買い特別価格」が適用されて、1袋あたりの価格がお得になります。

そこで、自分用に作成したセットごとの1袋当りの金額表を、参考までに乗せておきます(※お試しパックは初回に限り1人2パックまでの制限アリ)ので、購入する際の参考にしてみてください。

sitrlin_020
※価格は公式ショッピングサイトのものになります。
※価格は2016年2月現在のものです。変動の可能性がありますので実際の購入にあたっては販売サイトの価格に従ってください。

定期購入だとさらにお得!

また、「シトルリン桑抹茶」は定期購入を選択すると更に割引価格で購入することが出来ます(1ヶ月に1回もしくは2ヶ月に1回、指定の箱数が届くしくみ)。ただし、定期購入の場合は1度契約すると5回目までは解約が出来ませんので、注意が必要です(※6回目以降、休止・解約が可能になる)。

仮に「1箱60袋入り」を5回分定期購入にした場合の総額と、その場合の1袋あたりの単価を示したのが下表です。

sitrlin_021

この場合、1袋あたりの価格は「約107円(106.33円)」となります。

最後に感想のまとめ

というわけで私の「シトルリン桑抹茶」飲用後の感想でした。

色々書きましたが、一言でいうと「なかなかいい感じ。」というのが正直な気持ちです。

とはいえ、このての商品は個人個人で合う合わないがあると思いますので、いきなり数パック購入するのは無謀だと思います。まずはお試しパックからのスタートをおすすめします。

購入を迷われている方の参考になれば幸いです。

「シトルリン桑抹茶」に興味をもたれた方はこちらのサイトへどうぞ(※「シトルリン桑抹茶」公式ページに飛びます)


※最後にもう一度書いておきますが シトルリン桑抹茶はあくまで元気な精子のための身体つくりをサポートする「食品」であり「医薬品」ではありません。購入を検討されている方はその点をご留意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です