スマホ乗り換え4-iPhone4sのバックアップデータを作成する

iPhone4sから7(SIMフリー版)に切り替える際、通信会社も「ソフトバンク」から「UQモバイル」へと乗り換えました。

その際の 一連の移行作業を記事にしています。

今回は 第4回「iPhone4sのバックアップデータを作成する方法」の紹介です。

※以下の記事では私の環境に即して「通信会社:ソフトバンクからUQモバイルへ」「端末:iphone4sからiphone 7(SIMフリー版)へ」それぞれ移行する場合を前提にお話をしています。

はじめに(ここで行う作業の概要)

SIMカードが届くまでの期間を利用して、新スマホへの移行用データを作成しておきましょう。

新旧スマホが共にiPhone5以降のモデルであれば「Lightning端子」で接続する以下のような製品を使う手段もありますが、iPhone4sでは無理です。

iPhone4sから7へのデータ移行は 以下のような流れで行うのが王道です。

  1. iPhone4sのバックアップデータをパソコンのHDDに保存する
  2. 上記HDDから iPhone7にデータを移動する(復元)

バックアップに必要なもの

iPhoneのデータをバックアップする方法はいくつか存在しますが、わたしは最も一般的と思われる「itunesを用いたバックアップ」を行いました。

ほかの方法を知りたい方はAppBankさんのこちらの記事を参考にしてみてください。

iPhoneのデータをバックアップする2つの方法。万が一に備えよう! | AppBank – iPhone, スマホのたのしみを見つけよう

iPhone 7・7 Plusに機種変更した方はこちら!iPhone 7に機種変更! iTunes(PC)でバックアップと復元をする方法iOS 10・iTunes(PC)でバックアップする方法はこちら

「itunesを用いたバックアップ」には以下のものが必要になります。

  • パソコン(※Cドライブに十分な空きが必要)
  • itunesアプリ

Cドライブの容量が少ない時は?

itunesのバックアップデータは、基本的にCドライブの特定のフォルダに保存されることになっています。

保存先を別のHDDに変更したい場合は、ちょっとした設定作業が必要になりますので、以下の記事をお読みになり、事前に保存先フォルダを変更しておいてください。

iTunesのバックアップデータ保存先をCドライブ以外に指定する方法

2014.12.03

バックアップできるもの

「itunesを使用したバックアップ」を行うと おおよそ以下のようなデータを引き継ぐことができます。

  • 写真&動画
  • メール関係(過去メール、連絡先、接続設定など)
  • メッセージの履歴
  • 電話番号などの「連絡先」データ
  • Wi-Fiの暗証番号
  • 「メモ」アプリのデータ
  • ユーザ辞書の内容

などなど、iPhone自体に登録している大抵のものは引継ぎ可能です。

バックアップできないもの

ただし 以下のデータはバックアップの対象外になるため、iPhone7には引き継がれません(※AppBankさんのこちらの記事を参照させて頂いています)。

  • App Store・iTunes Storeからダウンロードしたアプリやコンテンツ
  • iBooksに直接ダウンロードしたPDF
  • iTunesから同期したコンテンツ(曲や写真)
  • iCloudフォトライブラリなどに保存された写真・ビデオ
  • Touch IDのデータ
  • Apple Payの情報と設定

iPhone購入時の最初から入っていたもの以外のアプリは、再度インストールし直す必要があります。

これは結構面倒な作業なのですが、仕方ありません。

アプリで保存したデータは?

ちなみに、アプリが保存しているデータに関しては、引き継がれるものと、引き継がれないものがあるようです。

例えば、私が愛用している録音アプリ「PCM録音」は、アプリで保存した音声データもバックアップの対象となるため、iPhone7での復元後、アプリ本体を再インストールすると、データも復活しました。

PCM録音 – 高音質ボイスレコーダーを App Store で

「PCM録音 – 高音質ボイスレコーダー」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。PCM録音 – 高音質ボイスレコーダーをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

一方、DMMで購入したムフフ動画のデータ(DMM 動画プレイヤー)は、バックアップされないため、iPhone7側で 再度ダウンロードが必要でした(購入記録などは残っています)。

DMM 動画プレイヤーを App Store で

「DMM 動画プレイヤー」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。DMM 動画プレイヤーをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

私は確認していませんが、以下の記事によるとLINEのトーク履歴も事前に設定を行えば引継ぎが可能なようです。

機種変更時にLINEのトーク履歴を引き継ぎ、元通りに復元する方法【iPhone/Android対応】

スマホを機種変更した際、LINEのアカウント(友だちや購入スタンプなど)は比較的簡単に引き継いで移行できますが、トーク履歴の引き継ぎにはちょっとコツが必要です。旧端末においてトーク履歴をバックアップした後、新端末でアカウント引き継ぎとトークの復元を正しくおこなわないと失敗してしまいます。そこでiPhoneおよびAndroidスマホそれぞれで、最新のLINEトーク履歴引き継ぎ方法を詳しく解説します。

自分が使用しているアプリのデータが引き継がれるかどうかに関しては、ネットで検索するなどして事前に確認をしておきましょう。

また 当然ですが、DropBoxやEvernoteのように基本的にクラウド上にデータが保存される仕組のサービスの場合は、iPhone7側でログインし直すだけで大丈夫です。

バックアップを行うタイミング

バックアップデータの作成には、結構な時間がかかります。

iPhoneの容量にもよりますが、1~2時間程度かかる場合もありますので、余裕がある時に行いましょう。

SIMカードが届くまでの間を利用して作成しておくと、最も効率的だと思います。

バックアップの方法

それでは、具体的なバックアップの方法を紹介していきましょう。

まずiphone4sをPCに接続し、PCの「itunes」アプリを起動します。

itunes が開いたら、メニュー下の iphoneアイコンをクリック。

画面右側の「バックアップ」項目で「このコンピュータ」「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックをいれます(※パスワードは必ず控えておいてください)。

「今すぐバックアップ」ボタンを押すと自動でバックアップがスタートします。

以下のようなウィンドウが出た場合は「Appのバックアップを作成」ボタンを押します。

バックアップ完了したら「最新のバックアップ」部分が「現在の日付・時刻」になっていることを確認して終了です。

作業はここまでです。

最後に

バックアップしたデータをiPhone7に移動する作業(データの復元)は、SIMカードが届いてから行います。

SIMカードが届くのを待ちましょう。

次回は「第5回 SIMカードが届いたのでさっそく挿入!」になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です