スマホ乗り換え5-SIMカードが届いたのでさっそく挿入!

iPhone4sから7(SIMフリー版)に切り替える際、通信会社も「ソフトバンク」から「UQモバイル」へと乗り換えました。

その際の 一連の移行作業を記事にしています。

今回は 第5回「SIMカードをiPhoneに挿入する方法」の紹介です。

※以下の記事では私の環境に即して「通信会社:ソフトバンクからUQモバイルへ」「端末:iphone4sからiphone 7(SIMフリー版)へ」それぞれ移行する場合を前提にお話をしています。

はじめに(ここで行う作業の概要)

この記事では、SIMカード到着後に行う設定として、まず手始めに SIMカードの挿入方法を紹介します。

SIMカードの中身を確認する

SIMカードは宅配便で届きます。

わたしの場合は、申し込みから2日程度で届きました。

受取時にはサインが必要になりますので、留守がちな方は注意が必要です。

SIMカードは、クレジットカード大のカードから切り離して使用します(※切り取り方などは後で説明します)。

SIMカードをiPhone用に整形する

次に SIMカードをiphone7に装着していくわけですが、届いたままの状態では挿入ができません。

自分でSIMカードの大きさを調整する必要があります。

Nano-SIMサイズに変更する

SIMカードは、使用する端末によって大きさが異なります。

iPhone7の場合は「Nano-SIM」という大きさになるため、届いたカードの大きさを自分で整形します。

iPhone や iPad で使われている SIM カードのサイズを調べる

お使いの iPhone や iPad (Wi-Fi + Cellular) にどの SIM カードが使われているかを調べるには、以下のリストを参照してください。

整形作業を行なう前の注意点

作業時はSIMの金属部分に手が触れないようにビニール手袋などをつけて作業を行ないましょう。

かなり小さい部品ですので、慎重な作業が必要です。

整形は自分の手で行います

最初はハサミかカッターで切り取るのかと思いましたが、説明書を読んだところ 手で作業することが判明。

カード自体にあらかじめ 切込みが入っているため、少し力をいれると 簡単にサイズ調整が行えます。

説明書の下部に細かい字で切り取り方の説明がありますので、そちらに従って、慎重に切り離しを行ってください。

いきなりNano-SIMサイズは取り出せないので、少しづつサイズを小さく切り出していくような要領です。

最終的にはこんな感じになります。

ひとまず、SIMカードは大事に保管しておきます。

iPhoneにSIMカードを挿入する

続いて iPhone7にSIMカードを挿入していきましょう。

挿入スロットの開き方

iPhoneの挿入スロットは素手では開けることができません。

iPhoneに付属してくるこちらの部品を使います。

iPhone右側側面の小さな穴に、金具の先を差込み、少し強めにグッと押し込むと・・・

ポチッとスロットが飛び出してきますので、これを取り出します。

SIMカードを挿入する

そして 先ほど大きさを調整したSIMカードをはめ込みます。

小さいものなのでやや作業が大変ですが、形を合わせてはめ込むだけです。

あとはスロットを元に戻して、奥まではめ込めば終了です。

作業は慎重に行いましょう。

以上で、SIMカードの挿入は終了です。

次回は、第6回「iPhone7のアクティベートとデータの復元」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です