Googleタグマネージャを利用してリンクのクリック情報を計測する方法

Googleタグマネージャとアナリティクスを併用すると、ページ内の任意のリンクがクリックされた際の各種情報(いわゆるクリックイベント)を比較的簡単に取得することができます。

今回はその方法調べましたので、備忘録としてここにメモしておきます。

作業の大まかな流れ

具体的な設定方法の前に、大まかに作業の流れを確認しておきます。

まず、今回この記事で作成するのは「ページ内の特定の文字列を含むリンクがクリックされた時に計測が行われる」イベントの設定です。

具体的には「このSimpleStock3.1というブログ内で「honto」という文字列を含むリンクがクリックされた場合に計測が行われるイベント」を作ってみます。

作業全体のおおきな流れは以下のようになります。

(1)タグマネージャの基本設定を行う

(2)自分が使用する変数を有効化する

(3)トリガー(計測範囲と条件)の新規作成&設定をする

(4)タグを新規作成&設定し トリガーを適用する

上記1部分の設定は必須ですが、続く2~3に関しては必ずしもこの順番でなくても構いません。
ただ、この流れのほうが直感的に作業できるかと思います。

(2)の「変数」というのは、イベントトラッキングを行う際に利用する「道具」のようなものです。
私が利用する頻度の高い変数が、デフォルトでは非表示(無効)になっているので、まず、それを有効化するところから始めています。

(3)の「トリガーの設定」で、計測する範囲と、計測する条件を設定します。
アナリティクスでいうところの「フィルター」のようなもので、一連の作業の中で一番の肝になるところです。

(4) タグを新規に作成し (3)で作成したトリガーを適用します。

・・・といっても、よく分からないと思うので、以下で実際に設定しながら体で覚えていきましょう。

具体的な設定の手順

ということで、細かく作業を説明していきます。

先述のように、ここでは「このSimpleStock3.1というブログ内で"honto" という文字列を含むリンクがクリックされた場合に計測が行われるイベント」を作ってみます。

(1) タグマネージャの基本設定

まずは大前提として、googleタグマネージャを導入し、基本設定を終えている必要があります。

アカウントの取得や、初期設定などタグマネージャの基本設定に関しては「Googleタグマネージャの導入時に最初に行う基本設定」をまずはご覧ください。

このページでは、上記の基本設定が終わっていることを前提に、各種設定方法を記述していきます。

(2) 変数の設定

先に「変数は道具のようなもの」といいましたが、正確にはGoogleがあらかじめ設定してくれている「名前と値のペア」のことです。

たとえば、既定の変数「url」と打ち込むと、「現在のページの URL」が値として入力されるよう定義されています。

タグマネージャにはあらかじめ様々な変数が用意されていますが(組み込み変数)、デフォルトでは使用(選択)できないようになっているものもあるので、一連の作業の前に、まず自分が使うものを有効化しておく必要があります(※初めてだと、そもそも「自分がどの変数を使うか?」なんて分からないと思いますので、まずは以下のように、私と同じものを有効化してみてください)。

※組み込み変数の種類に関しては「組み込み変数(google公式)」のページをご覧ください。

まず「変数」タブを開き、「有効な組み込み変数」部分で、「Click URL」「Click Text」にクリックを入れておきます。

click_tag_001

この2つは私がよく使う変数なのですが、デフォルトでは有効になっていないものです。

(3) トリガー(計測範囲と条件)の設定

続いて「トリガー」タブに移動し、新規にトリガーを作成します。

「トリガー」では、まず計測に使用する「イベント」を選択し、さらに「計測する対象範囲」と「計測する条件」を設定します。

ちなみに、今回この記事では「リンクがクリックされた時に計測」する方法を解説しているわけですが、この場合の「クリック」に相当するものがイベントになります。

イベントは他にも以下のようなものがあります。

・ダウンロード:例)データがダウンロードされたら計測
・フォーム:例)コメントフォームに記述されたら計測 などなど

さて、話を戻してクリックイベントを作成していきましょう。
まずは、「トリガー」タブ で「新規」ボタンをクリック。

click_tag_001b

1:イベントを選択

ここで計測に使用するイベントを選択します。今回は「クリック」を選択 。

click_tag_002

2:トリガーを設定

続いては、リンクのターゲットを設定します。
「リンクをクリックした時」か、「とにかくどこかをクリックした時(すべての要素)」かを選べます。

ここでは「ターゲット:リンクのみ」を選択して「続行」。

click_tag_003

3:有効化のタイミング

ここでは「計測の対象範囲」を設定します。

例えば「全部のページを計測対象とする」ことも可能ですし、「URLの一部に○○という文字が含まれたページのみを計測対象とする」ということも出来ます。

今回はすべてのページを計測対象としたいので以下のようになります。

click_tag_004
・左端:「Page URL(変数)」
・真ん中:「正規表現に一致」
・右端:「.*」

右端はただの「*」ではなく「.*(ドットとアスタリスク)」です。

4:配信するタイミング

続いては、上記(3)で選んだ計測対象ページ内において「どのリンクがクリックされたら計測するか?」の条件設定です。

まずは、大きく「すべてのクリック」なのか「(条件を満たす)一部のクリック」なのかを選択します。
「すべてのクリック」はその名のとおり、当該ページ内の全部のクリックを計測してしまいますので、今回は、条件指定が利用できる「一部のクリック」を選択します。

click_tag_005

続いて、細かい条件を設定します。

今回は「"honto" という文字列を含むリンクがクリックされた場合に計測」されることを目指していますので、以下のようになります。

click_tag_006
・左端:「Click Text(変数)」
・真ん中:「含む」
・右端:「honto」

これは「クリックした文字列」に「honto」という文字を「含む」場合に計測してね・・・という意味になります。

因みに上図左の「Click Text」というのが変数です。
例えばここを「Click URL」に変えると、「クリックしたリンクのURL」に「honto」という文字を「含む」場合に計測してね・・・という意味になります。

条件は複数設置可能なので、こうした変数などを駆使して、各自の目的のトリガーを作成しましょう。

あとは「トリガーを作成」ボタンを押して終了です。
トリガー名の変更ウィンドウがあらわれたら、今のトリガーに適当な名前をつけておいてください。

今回は「文字列「honto」のクリック率」という名称にしました。
以下のようにトリガーが追加されます。

click_tag_007

(4)タグの新規作成と設定

最後に、新規タグを作成して設定をします。
タグマネージャーにおける「タグ」というのは、基本となる構成単位です(アナリティクスのビューのようなもの)。

「タグ」を作成し、そのタグにトリガーを設定することで、イベント計測が可能になります。アナリティクスで、ビューにフィルターを設定するように、タグマネージャでは「タグにトリガーを設定する」という感じです。

「タグ」タブにて「新規」ボタンをクリック。

click_tag_020

1:プロダクトを選択

アナリティクスを選択します。

click_tag_021

2:タグの種類を選択

ユニバーサルアナリティクスか従来のアナリティクスか、各自の環境に合わせて設定してください。
私の場合は「ユニバーサルアナリティクス」を利用しています。

click_tag_022

3:タグを設定

各項目に以下のように記述していきます。

click_tag_023
・トラッキングID:(自分のアナリティクスのID)

・トラッキングタイプ:イベント

・イベントトラッキングパラメータの各項目

※カテゴリ、アクション、ラベルの部分はパラメータの名称を決める部分です。好きな名前をつけられます。日本語もOK。ただし「値」欄だけは半角英数になります。

分からない場合はとりあえず、上図をそのまま入れ込んでみましょう。

4:配信するタイミング

「クリック」を選択。

click_tag_024

すると「既存のクリックトリガーから選択」ウィンドウが開きますので、先ほど作成した「トリガー」を選択しましょう。

click_tag_025

「保存」ボタンを押すと、「タグを配信するトリガー」が追加されます。

click_tag_026

あとは「タグを作成」ボタンを押して終了です。

タグ名の変更ウィンドウが出たら、今作成したタグに適当な名前をつけましょう。
あらためて、「タグ」タブを見てみると、今作成したタグが追加されています。

click_tag_027

公開を忘れずに!!

以上で設定は終了です。

タグマネージャでは、最後に「公開」ボタンを押さないと、更新が行われません。
忘れずに「公開」をしましょう。

click_tag_028

作成したタグの挙動をチェックする

以上で作成したタグが、実際のクリックに反応してしっかりと動作するかどうか、チェックしてみましょう。

チェック方法の解説が結構なボリュームになったので、ページを分けました。以下の記事をご覧ください。

タグマネージャには「プレビューモード」というテスト画面が用意されているので、チェックも簡単です。

計測データを確認する

イベントの計測結果は、Googleアナリティクスの「行動>イベント」で確認できます。

click_tag_030

クリックがあった場合、実際にアナリティクスに反映されるまでは1時間程度かかるようです。

参考にさせて頂いたサイト

記事の作成にあたっては、以下の各サイトの情報を参考にさせていただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。

Google タグマネージャによるイベント トラッキング-Google公式-

新しくなったGoogleタグマネージャ(GTM)でイベントトラッキングを設定する(前編)-Team Trass ブログ(トラススタッフブログ)さん –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です