【ポケトーク】基本画面が中国語・英語・韓国語になっている場合の対処法

翻訳機「POCKETALK(ポケトーク)」のシステム言語は、通常 工場出荷状態では「日本語」になっています。

ただし、時折 何らかのエラーによってシステム言語に「英語」「中国語」「韓国語」が選択されたまま出荷されてしまうものがあるようです。

以下で日本語への切り替え方法を紹介します。

症状の確認

POCKETALK(ポケトーク)背面の電源ボタンを長押しし、基本の待ち受け画面を表示させます。

以下のように日本語で「タップして話しかけてください」と表示されるのが正常な状態です。

以下のように 日本語以外で表示される場合は「システム言語設定」で日本語以外が選択されている状態です。

【症例1】中国語で表示される

【症例2】英語で表示される

【症例3】韓国語(ハングル)で表示される

システム言語の切り替え方

それでは、実際に言語設定を切り替えていきましょう。

※以下の説明を読む前に「初期設定方法まとめ」記事の「電源を入れる/切る~基本操作の確認」の箇所に目を通しておくと作業がスムーズにいきます。

POCKETALK(ポケトーク)の初期設定方法まとめ ※非公式マニュアル

2018.01.06

「設定」画面を開く

まずは、ポケトークの「上」ボタンを「2回連続」でタップして「設定」画面を開きます。

※ボタンは「ペコッ」と押すのではなく、表面を軽くタップします。

※音量調整画面(スピーカーのアイコン)になってしまったら「左」ボタンを1回タップして基本画面に戻り、再度チャレンジしてみてください。

以下が各言語における「設定」画面です。

中国語の場合

英語・韓国語の場合

「言語設定」に相当する項目を選択する

設定画面が開いたら「システム言語設定」に相当する項目を選択します。

中国語の場合

設定画面で「下」ボタンをタップしてカーソルを移動し「系統語言」の項目にカーソルを合わせます(※下の写真を参照)。「語」の文字は略字になっています

「系統語言」にカーソルを合わせたら「中央」ボタンを1回タップします。

英語・韓国語の場合

設定画面で「下」ボタンをタップしてカーソルを移動し「System Lanuage」の項目にカーソルを合わせます(※下の写真を参照)。

「System Lanuage」にカーソルを合わせたら「中央」ボタンを1回タップします。

日本語を選択する

※これ以降は 各言語とも共通の設定になります。

以下のように言語を選択する画面が表示されますので、「下」ボタンをタップしてカーソルを移動し「日本語」にカーソルを合わせます。

「日本語」にカーソルを合わせたら、「中央」ボタンを1回タップします。

以上で、日本語への切り替えは完了です。

基本画面に戻る

以下の画面になったら「左」ボタンを1回タップします。

すると基本画面に戻ります。

システム言語は日本語になっていますので、あとは普通にポケトークを利用します。

関連する記事

ソースネクスト公式のサポートページはこちらです。

当ブログでは ポケトーク関連の記事をいくつか書いています。そちらも合わせてお読みください。

ポケトークを購入する

ポケトークは↓こちらから購入できます。

POCKETALK(ポケトーク)を購入する

POCKETALK(ポケトーク)は、ソースネクスト公式サイトのほか、Amazonや楽天などでも購入できます。

ただ ソースネクストのサイトでは、通常「半年間」の保証期間を「3年」に延長できるオプションが選べるようになっています(有料)。 アマゾンや楽天などではこのオプションが選べないので、購入する際には注意しましょう。

ポケトークをレンタルする

「たまにしか海外にいかないのに3万円も払えないよな~」とお考えの方には、ポケトークのレンタルがおすすめです。

海外旅行向けのWi-Fiレンタルサービス「グローバルWiFi」では、サービス利用時のオプションとしてポケトークをレンタルすることができます。

レンタル料金は「800円/日(税抜)」となっています(2018.01.15現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です