【POCKETALK】ポケトーク(初代モデル)をアップデートする方法

翻訳デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」のアップデート方法が いまいち分かりづらかったので、流れを記事にまとめてみました。

はじめに

POCKETALK(ポケトーク)を快適に利用するためにも、ファームウェアを最新の状態にしておくように心がけましょう。

現在のバージョンの確認方法

現在のバージョンを確認するには以下のとおり行います。

上ボタンを2回タップして「設定」画面を開きます。

以下の画面になったら 下矢印をタップして「バージョン○○」と表示されている箇所までカーソルを移動します。

こちらが、現在のバージョンになります。※以下の写真の場合はver1.3.3になります。

アップデートの有無の確認

ポケトークにアップデートがあった場合、スマホのアプリなどと同様、(再起動時に)液晶画面に「最新の状態に更新できます」と告知が届きます。

またソースネクストから「ファームウェアアップデートのお知らせ」というメールも届きます。

アップデートに必要な環境

ポケトークのアップデートを行うには、以下の条件が必要です。

  • Wi-Fiに接続されていること ※SIM付きモデルでもアップデートにはWi-Fi環境が必要
  • 電池残量が50%以上あること

アップデートの方法

それでは具体的にアップデートの流れをみていきましょう。

「更新告知」画面を表示させる

更新告知の表示方法は、バージョンによって異なります。

更新告知の表示(ver1.1.0、ver1.2.1の場合)

ver1.1.0、ver1.2.1の場合、アップデートは ポケトークが自動で受信する「更新告知」画面から行います。

更新告知を受信するには、一度 ポケトークを再起動する必要があります。

既に電源が入っている場合は、背面の電源ボタンを5秒ほど長押しし、電源が切れたら 再度 電源ボタンを長押しして 再起動を行います 。

電源が入ると 以下のような基本待ち受け画面になりますので この状態で20~30秒ほど待機します。 ※1分ほど待ってもなにも変化がない場合は、もういちど電源の再起動を行ってみてください。

すると 以下のように「最新の状態に更新できます」と、「更新告知」が液晶部分に表示されます。

更新告知の表示(ver1.3.3以降の場合)

ver1.3.3からは、再起動などしなくても 設定画面のバージョン情報部分から更新が可能になりました。

上ボタンを2回タップして、「設定」画面を開きます。

以下の画面になったら 下矢印をタップして「バージョン○○」と表示されている箇所までカーソルを移動します。

「バージョン○○」と表示されている箇所を選択し、真中ボタンを1回タップします。

自動で更新の有無の確認が行われ、更新がある場合は、以下のような画面になります。

アップデートを行う

この状態で右矢印ボタン(>)をタップし、チェックマークアイコンがオレンジになったことを確認して 真ん中ボタン(○)をタップします。

※アップデートを行わない場合は左矢印ボタン(<)をタップし、×アイコンがオレンジになったことを確認して 真ん中ボタン(○)をタップします。

「アップデート中です。しばらくお待ちください」と表示され、自動的にアップデートがスタートします。

あとは特に操作の必要はありません。自動で再起動などが行われ、5分程度でアップデートが完了します。

以下のように「アップデートに成功しました」と表示されればOKです。

以上で終了です。

再度「最新の状態に更新できます」が表示される場合は?

「ポケトーク(初代モデル)」は、ファームウェアのアップデートを、1バージョンづつしか更新できません。

そのため「ver1.3.3」の人が、「ver1.3.6」にアップデートするためには、「1.3.3」→「1.3.5」→「1.3.6」という風に、細かくアップデートを繰り返す必要があります。

再度「最新の状態に更新できます」が表示される場合は、もう一度、同じようにアップデートを繰り返しましょう。

これまでの更新履歴

これまでのアップデートの履歴を記録しておきます。

ver1.3.6(2018.11.20)

ver1.3.5(2018.9.28)

  • 中国語音声出力の不具合修正

ver1.3.3(2018.8.6)

  • 言語の並び順を変更(日本語:50音順/中国語:ピンインでのアルファベット順)
  • アップデート確認機能を追加:「設定」から「バージョン番号」を選択すると確認可能
  • オンライン/オフライン時の画面表示を追加(画面のフチが緑:オンライン状態/画面のフチが赤:オフライン状態)
  • スリープ時間を30秒から60秒に変更
  • バッテリー残量を設定画面から数字で確認可能
  • その他の軽微な不具合を修正

※色々使い勝手が向上したので、ぜひこのバージョン以上にしておきましょう。

ver1.2.1(2018.1.23)

  • 音声出力言語の追加(ブルガリア語/ガリシア語/ヘブライ語)
  • Wi-Fi接続時の安定性向上

ver1.1.0(2017.12.19)

  • 自動スリープ機能の追加 (一定時間 操作していない場合、自動的にスリープにする機能)
  • 一部言語ペアにおける翻訳エンジンの変更
  • 軽微な不具合を修正

関連する記事

ポケトーク関連の記事をいくつか書いています。そちらも合わせてお読みください。

そのほかいくつかの翻訳機のレビュー記事を書いています。

ポケトークを購入する

ポケトークWは、Amazonや楽天でも入手できますが ソースネクスト公式サイトからの購入が断然おすすめです。

公式サイトだと、製品保証のワイド延長オプションをはじめ、専用シリコンケースや液晶保護シールなどのアクセサリーをセットで申し込むことができます(↓以下から購入できます)。

ソースネクストでポケトークW(2代目モデル)を購入する

Amazonや楽天で購入する場合は、SIM内臓モデルかどうかや延長保証の有無などをしっかり確認しましょう。

ポケトークをレンタルする

「たまにしか海外にいかないのに3万円も払えないよな~」とお考えの方には、ポケトークのレンタルがおすすめです。

海外旅行向けのWi-Fiレンタルサービス「グローバルWiFi」では、サービス利用時のオプションとしてポケトークをレンタルすることができます。しかも最新モデルの「ポケトークW」!

レンタル料金は「800円/日(税抜)」となっています(2019.01.05現在)。

「グローバルWiFi」を利用する

8 件のコメント

    • 翻訳する言語を切り替える方法に関しては、以下のページで紹介しています。
      そちらを参照してみてください。

      ・POCKETALK(ポケトーク)の初期設定方法まとめ
      http://webdesign-ginou.com/pocketalk-setting

      ※記事のなかに「翻訳する言語を変更する」の項目があります。

    • コメントありがとうございます。
      当ブログの記事がお役に立ったようでなによりです。

  • ポケトーク初期のものを使用。
    5月に購入 海外で使用
    その後使用せず。9月の再び使用しようと起動したところ
    音声が出ません。充電は十分です。何が悪いのでしょうか。

    • 音量がゼロになっているということはありませんか?
      そうでなければ故障の可能性がありますので、サポートに電話して頂くのが早いかと思います。

      ■POCKETALK(ポケトーク)サポート
      ・電話番号:0570-000-762 / IP電話等の場合: 03-3570-5688
      ・営業時間:10:00-18:00(年中無休)

  • ポケトーク初期モデル購入しました。
    WI-FI接続しましたが翻訳ができません。
    日本語から英語に翻訳の時はボタンにタッチして喋ってもconnect to anetwork for this translation
    というメッセージが出るだけです

    • コメントありがとうございます。

      ■予想される原因

      「connect to anetwork for this translation」とは「ネットワークに接続してください」という意味です。

      ですから、ポケトークが Wi-Fiに接続できていないため、翻訳ができなくなっている状態かと思われます。

      「初代モデル」は出荷時点のバージョンだと、Wi-Fi設定で間違ったパスワードを入力しても「接続しました」と表示が出てしまうバグがありました。

      つまり、実際にはWi-Fiに繋がっていないのに、繋がっているかのような表記になっている状態だと予想されます。

      現在は、ファームウェアのアップデートによってそのバグは解消されているのですが、アップデートをするためには、Wi-Fiに接続する必要があります。

      そのため、可能性としては「ご自宅のWi-Fi電波が弱い、不安定である」もしくは「Wi-Fiのパスワードを打ち間違えている」といった原因が考えられます。

      おそらくは パスワードの打ち間違いではないかと思われますので、再度、以下の流れでやり直してみてください。

      ■対応

      現状、複数の問題が同時に発生している状況ですので、以下の流れで対応をおすすめします。

      (1) システム言語を「日本語」に変更する

      (2) Wi-Fiのパスワードを再度入力して、Wi-Fi接続できるようにする

      (3) ファームウェアをアップデートして最新の状態にする

      以下で、詳しく説明します。

      ■ システム言語を「日本語」に変更する

      現状「システム言語」が英語になってしまっているようです。英語のままだと使いづらいと思いますので、日本語に切り替えましょう。

      (1)「上」ボタンを2回タップして、設定画面を開く

      (2) 設定画面になったら、「下」ボタンをタップしてカーソルを移動させ、「SystemLanguage」を選択した状態で、「〇(中央)」ボタンをタップする。

      (3) 次の画面になったら、「下」ボタンをタップしてカーソルを移動させ、「日本語(japanese)」を選択した状態で、「〇(中央)」ボタンをタップする。

      (4) 設定画面に戻るので、Wi-Fiの下が「モバイルデータ」と日本語で表示されていることを確認する。

      以上です。

      ■ Wi-Fiに接続する

      現状は、Wi-Fiのパスワードの打ち間違いなどが原因となり、実際にはWi-Fiに接続できていない状態かと思われます。

      なので、以下の記事の「Wi-Fiの設定」部分を参考にして あらためてWi-Fi接続をしてください。

      https://webdesign-ginou.com/pocketalk-setting#Wi-Fi

      ※パスワードは「大文字」「小文字」も区別して入力が必要になりますので、注意してください。「0(ゼロ)」と「O(オー)」や「1(いち)」と「l(Lの小文字)」など、間違いやすい項目に注意しましょう。

      Wi-Fiが正しく設定できれば、翻訳ができるようになります。

      ■アップデートを行う

      上記のWi-Fi接続がしっかりできていれば、この時点で翻訳は可能になるはずですが、先述のバグをはじめ、様々な問題に対応したアップデータが配布されていますので、以下の記事を参考にして、ファームウェアを最新版の状態にして、使用することをおすすめします。

      ・ポケトーク(初代モデル)をアップデートする方法
      https://webdesign-ginou.com/pocketalk-update

      以上です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です