Excel(エクセル)でセル内に任意の文字を挿入する方法

Excel2013(エクセル)を使用していると、時に、特定のセル内の文字列に定型の文字を入れ込みたい場合がでてきます。

例えば、人名を表にしていているような場合に、下図のように人名の後に「様」を付けたい・・・といったことありますよね?

excel_add_001

今回はこのように「セル、行、列」などに自動的に特定の文字列を挿入する方法のメモです。

具体的な設定の手順

文字を挿入したいセルや行、列などを選択した状態で、「ホーム」タブの「書式>セルの書式設定」をクリック

excel_add_002

「表示形式」タブの「ユーザー定義」を選択します。

「種類」部分の入力フォームに、以下の要領で任意の文字を書き込みます。

セルの中が文字列の場合

セルの中が人名や地名などの「文字列」の場合は以下のように設定します。

  • 既存の文字の「前」に挿入する場合:”ここに任意の文字列”@
  • 既存の文字の「後」に挿入する場合:@”ここに任意の文字列”

つまり、@が既存のセル内の文字列を表しており、その前後に「”」でくくった任意の文字列を入れればいいわけです。

excel_add_003

ここでは、「様」を人名の後に付けたいので「@”様”」としています。
この状態でOKボタンを押すと・・・

excel_add_005

自動的に「様」が追加されました。

セルの中が数値の場合

一方、下図のように、セルの中身が「数値」である場合は注意が必要です。

excel_20140519_001
  • 既存の数値の「前」に挿入する場合:”ここに任意の文字列”#
  • 既存の数値の「後」に挿入する場合:#”ここに任意の文字列”

つまり、数値の場合は「#」で表現されるわけですね。

例えば、各セルの数値の後に「cm」と表示したい場合は「# “cm”」と入力します。

excel_20140519_002

ここで文字列の要領で「@」を入れてしまうと、表示が正常に行われませんのでご注意ください。

excel_20140519_003

参考ページ

・ユーザー定義の表示形式を作成または削除する(office公式)
http://office.microsoft.com/ja-jp/excel-help/HP010342372.aspx

普段なんとな~く使えている(ような気になっている)Excelですが、以下のような基本の解説書を一冊手元に置いておくだけで作業効率が変わりますよ。

たった1日で即戦力になるExcelの教科書
たった1日で即戦力になるExcelの教科書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です