スタンディングデスク「FEXISPOT EG8」の組み立て方を紹介

デスクワーク時の「座りすぎ」を解消すべく、スタンディングデスク「FEXISPOT EG8」を導入しました(レビューはこちら)。

「FEXISPOT EG8」は、各部位が分解された状態で届くため、自分で組み立てる必要があります。この記事では、その組み立て方の手順を紹介します。

注意

組み立て自体はとても簡単ですが、天板&支柱が結構な重量(総重量 約45kg)なので、できれば2人での作業をおすすめします(私は一人でできましたが)。

FEXISPOT EG8:内容物

はじめに「FEXISPOT EG8」の内容物を確認しておきましょう。

  1. 支柱
  2. 天板
  3. 脚 x2
  4. ACケーブル

上図のほかに、取り扱い説明書、取り付け用 ネジ(黒 x 8 /銀x8)、六角レンチ、ケーブル結束バンド が付属します。

FEXISPOT EG8:組み立て

「FEXISPOT EG8」組み立ては、ザックリと以下の流れで行います。

  1. 上下を逆にした状態で天板・支柱・脚のネジ留めを行う
  2. モーターの線、ACケーブルを接続する
  3. 最後に全体をひっくり返す

ネジ留めの六角レンチは付属するので、別途 工具などを用意する必要はありません。

1. 天板を床に置く

まず、天板部を ガラス面を下にして床に置きます。

この時 ガラス板が傷つかないように 付属の養生用ウレタン(平べったいやつ)を下に敷いておきましょう

2. 天板と支柱をネジ留めする

続いて、ネジ穴の位置を合わせながら 支柱部を天板の上に載せます。

ネジ穴は、4個所づつ左右にあります。

付属の六角レンチを使って、ネジ(黒)で留めます。

この時、1つ1つのネジを いきなりレンチで絞めてしまうと、最後の方のネジが固くなって レンチを回せなくなる可能性があります。

はじめに全部のネジ穴にネジをいれて、指である程度まで締めてから、レンチを使うようにしましょう。

3. 支柱に脚部を設置する

続いて、支柱のネジ穴に合わせて 脚部分を設置し・・・

ネジ(銀色)で留めます。

この時、天板と支柱の位置関係をみながら「長い方」と「短い方」を合っているか確認しましょう

ちなみに、脚部分の接地面には、左右2個づつ アジャスタがついているので、微妙な高さを調整することも可能です。

4. コードを接続する

天板部と支柱部のモーターユニットのコネクタを差し込みます。

続いて、電源ユニットのコネクタを接続します。

5. 全体をひっくり返す

最後に、デスク全体をひっくりかえしたら完了です。

以上で組み立ては完了です(実際の使用方法についてはこちらの記事で紹介しています)。

まとめ:作業は2人で行うのがベスト

私の場合、1人で作業して20分程度で完成しました。組み立て自体は、非常に簡単です。

ただ、とにかく重いので、可能であれば 組み立て作業は2人うのがベストだと思います。

「EXISPOT EG8」を購入する

関連記事 実際に「FEXISPOT EG8」を使用した際の感想や、気になった点などは、こちらの記事にまとめていますので あわせてお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です