TV番組を録画したDVDがパソコンで再生できない時に疑うべきポイント

以前「WindowsでDVDビデオが再生できなくなった際に疑うべき6つのポイント」という記事を書きました。

記事タイトルのとおり、パソコンでDVDビデオが再生できなくなった場合に確認しておきたいポイントについて書いた記事だったのですが、この度、もうひとつチェックポイントを加えることになりました。

過去記事に追記すると長くなりそうなので、新規に記事を投稿します。

はじめに

テレビ番組を録画したDVDがパソコンで再生できない場合は、自分の環境が「CPRM」に対応しているかどうか確認してみましょう。

CPRMというのはある種のコピーガードのことで、デジタル放送されたテレビ番組をDVDに録画し、再生する際にはCPRMに対応したドライブ、再生ソフトが必要になります。

現在 デジタル放送されているすべてのテレビ番組を、DVDに録画したり再生したりするには、CPRMに対応した録画・再生機器が必須です。

※CPRMへの対応が必要なのは、自分でテレビ番組などを録画したDVDです。レンタルDVDなどのように、あらかじめ映像作品が収録されて流通してるものの再生に関しては、CPRMへの対応の必要はありません。

CPRMとは?

わが国のテレビ番組は、2012年4月から全面的に「デジタル放送」されるようになりました。

このデジタル放送されているテレビ番組には「コピーが1回しかできない(コピー・ワンス)」ように、ある種のコピーガードがかかっており、このコピーガードの方式を「CPRM」と呼びます。

このCPRMがかかった番組(つまり現在テレビで放送されているすべての番組)を パソコンで再生するためには、以下のような環境が必要になります。

  1. CPRMに対応した「録画用DVDディスク」
  2. CPRMに対応した「DVD再生機器(ドライブ)」
  3. CPRMに対応した「再生ソフト」

上記3つがすべて揃わなくてはいけません。

2018年現在では多くの機器がCPRMに対応していますが、2011年以前に購入したDVDプレーヤーなどはCPRM非対応のものが多くありますので、一度自分の環境を確認してみましょう。

再生できない場合にチェックすべき3つのポイント

「友人に録画してもらったテレビドラマのDVDが再生できない!」そんな時にチェックしておきたいポイントをそれぞれ確認していきましょう。

(1) CPRMに対応した録画用DVDディスク

そもそもテレビ番組を録画するDVDディスクが「CPRM」に対応している必要があります。

DVDのパッケージや、ディスクの表面に「CPRM」「CPRM対応」の文字が入っていることを確認してください。

以下はCPRM対応のDVDディスクです。

CPRMと「データ用/録画用」の区別はベツモノ

ちなみに、DVDのCPRMの対応の有無と「データ用」「録画用」の区別とは直接関係がありませんので、ご注意ください。

「データ用DVD」と「録画用DVD」というのは中身のディスク自体は基本的に同じものです。

ただ、録画用DVDには、映画や番組などが収録されることを前提として、著作権者に対する“私的録画補償金”が、その価格に含まれている点だけが異なっています。 

DVD「録画用」と「データ用」の違いって? – Excite Bit コネタ

「録画用」と「データ用」、買うときにはチェックしてからにしましょう。 DVDレコーダーを買ったころのこと。テレビ番組を保存するためのDVD-Rディスクを買いに行ったら、同じ種類なのに安いパックを発見。セール商品なんだろうと思って、疑うことなく買った。ところが家に帰ってから、あることに気付いた。 『データ用』 …

要するに、録画用DVDとデータ用DVDとは「製品としては同じものだけど 法律的には用途に応じて使い分ける必要があるもの」なわけです。

で、上記を前提に考えれば「録画用DVD=テレビ番組などを録画する」ものなのですから、録画用DVDは全てCPRMに対応していそうなものですし、その逆に「データ用DVD」であれば、CPRMに対応する必要がなさそうなものです。

ところが、実際の商品はそのようになっていません。

下の商品のように「データ用DVD」なのに「CPRM対応」という商品も存在しますし、録画用なのに「CPRM非対応」という商品も存在します。

TDK データ用DVD-R CPRM対応 4.7GB 1-16倍速対応 ホワイトワイドプリンタブル 50枚スピンドル DR47DPWC50PT
TDK データ用DVD-R CPRM対応 4.7GB 1-16倍速対応 ホワイトワイドプリンタブル 50枚スピンドル DR47DPWC50PT

ですから、DVD購入時には「データ用」「録画用」の区別とともに「CPRM」への対応もキチンと確認するようにしてください。

(2) CPRMに対応したDVD再生機器(ドライブ)

DVDの再生に使用するデッキやプレーヤーも、CPRMに対応している必要があります。

パソコンでDVDを観るのであれば、以下の商品のようにCPRMに対応したドライブを用意してください。

(3) CPRMに対応したDVD再生ソフト

Windows7では、OS標準でDVDビデオが再生できるようになっているのですが、再生ソフト(Widows Media Player)はCPRMに対応していません。

ですから、レンタルDVDなどは再生できますが テレビ番組(デジタル放送)を録画したDVDは再生できません。

現在自分が使用しているDVD再生ソフトが、CPRMに対応しているか確認しましょう。

市販されている再生ソフト

違法なものをのぞき、フリーの再生ソフトでCPRMに対応しているものは2015年現在、存在しないようです。

CPRMに対応した市販の動画再生ソフトとしては、以下のようなものがあります。

ちなみに私が使用しているのは↓こちらの「Enjoy Blu-ray」というソフトです。

Enjoy Blu-ray/DVD

「Enjoy DVD」と「Enjoy Blu-ray」という2つのタイプがありますが「Enjoy Blu-ray」はDVDとブルーレイの両方の再生が可能です。

シンプルで使いやすく値段も安いのでおすすめです。

最後に

パソコンでDVDが再生できなくなった場合、本記事で紹介したような「CPRM対応の有無」が原因の場合を含め、いくつか可能性が考えられます。

もろもろをひとつの記事にまとめていますので、DVDが再生できずにお困りの方は以下の記事も合わせてお読みください。

WindowsでDVDビデオが再生できなくなった際に疑うべき6つのポイント

2014.04.18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です