【BackWPup】DropBoxへの保存時「ステップを中止:回数が多すぎます」エラーが出た場合の対処法

ヘッダ:WordPress

WordPressのデータを自動バックアップしてくれるプラグイン「BackWPup」。

これまで問題なく運用できていたのですが、最近、頻繁にエラー通知が届くようになりました。

エラー内容を確認してみると、バックアップデータの保存先に指定している「DropBox」への転送時に問題が起きている模様。

  • エラー:ステップを中止:回数が多すぎます!
  • エラー:ジョブは15秒でエラー終了しました。エラーを解決する必要があります
原因は「アプリ認証コードの期限切れ」

WordPress管理画面(BackWPup)を確認してみると、以下のような案内が…

You have one or more BackWPup jobs that need to reauthenticate with Dropbox.The Dropbox API is discontinuing long-lived access tokens. To conform to these new changes, we must implement the use of refresh tokens, which can only be fetched when you reauthenticate. Please visit each job below and reauthenticate your Dropbox connection.

ザックリと翻訳すると「DropBoxへのデータ保存時に必要なアプリ認証コードの期限が切れたから、再取得してね」ということのようです。

管理人メモ
DropBoxのアプリ認証コードは、一度取得したら半永久的に持続するものでははなく、定期的に再認証の作業が必要になるそうです。
アプリ認証コードを再取得する

WordPressにログインしたら「BackWPup:ジョブ」を開き、エラーが発生しているジョブの「編集」をクリック。

ジョブの編集画面になったら「宛先:Dropbox」タブを選択して、「DropBoxのアプリ認証コードを取得」ボタンをクリック。

DropBoxのログイン画面が表示されたら、DropBoxのアカウントを使ってログイン。

続いて「許可」をクリック。

コードが表示されるので、コピーして…

WordPressに戻り「Dropbox のアプリへのアクセス」項目にペーストし、「変更を保存」をクリック。

「認証済み!」になったら完了です。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です