【Dropbox】ファイル左下に「同期アイコン(チェック・更新中マークなど)」が表示されない場合の対処法

ヘッダ:DropBox

通常、Dropboxに保存しているファイル/フォルダには、アイコンの左下に 下図のようなマーク(同期アイコン)が付きます。

同期アイコン

これらは「同期アイコン」と呼ばれるもので、そのファイルの現在の状態(同期済み?更新中?)を視覚的に把握できる便利な機能です。

・デスクトップ アプリの同期アイコン【公式】
https://help.dropbox.com/ja-jp/installs-integrations/sync-uploads/sync-icons

ところが、先日、パソコン(Windows10/64bit)をクリーンイントールして以降、この同期アイコンが表示されなくなってしまいました。

ドロップボックスの再起動や、アプリ自体の再インストールも試してみましたが、改善せず・・・

あれこれネットで調べてみたところ、「オーバーレイアイコンの優先順位」が原因と判明しましたので、その対処法をここに備忘録としてメモしておこうと思います。

created by Rinker
ソースネクスト
¥29,800 (2022/09/29 17:16:05時点 Amazon調べ-詳細)

【お得情報】ソースネクストWEBストアでは、現在「クーポンフェア」を開催中。「DropBox Plus 3年版」が通常価格よりも2,000円OFFになります!icon

同期アイコンが表示されなくなった原因

同期アイコンが表示されなかった原因は「オーバーレイアイコンの表示に関して Dropboxの優先順位が下がっていたため」です。

・・・と言ってもよくわからないと思いますので、もう少し詳しく説明しておきましょう。

表示できる同期アイコンには上限がある

Dropboxの同期アイコン(チェックマークや更新中マーク)は、Windowsの「オーバーレイアイコン」という機能を使って表示される仕組みになっています。

これは、アイコンの左下に特定のマークを表示させる機能のことで、例えば、別フォルダへのショートカットを作成した際の左下の矢印などが それにあたります。

ただし、厄介なことに、このオーバーレイアイコンは1PCにつき11種類(枠)までしか登録することができません※1

管理人メモ
※1:本来は1PCにつき15個まで登録可能なのですが、 Widowsが自分で使用する分としてあらかじめ4枠を確保しているため、他アプリが使用できるのは11枠までということになっています。

「オーバーレイアイコン」機能を使用するアプリは、Dropboxのほかにも、OneDriveや、アドビ系ソフトなど多岐にわたっており、それらが各々自分のマークを表示させようと この11枠を争っています。

そして、この11枠から外れてしまったアプリの同期アイコンは、非表示になってしまうのです。

実際の画面をみてみると・・・

下図は、オーバーレイアイコンに関する設定画面です。※確認方法などは後述します

ShellIconOverlayIdentifiers

「ShellIconOverlayIdentifiers」というのがオーバーレイアイコンに関するフォルダで、ここで 上から11個までに入っているものは表示され、12個目以降は非表示になります。

上図の場合、OneDriveとAccExtlc(Adobe係)が上位を占有しており、Dropboxは上から数えて11~20個目。

つまり、表示枠となる上位11個から ほとんどがはみ出てしまっており、これが 今回Doropboxの同期アイコンが表示されなかった原因になります。

対処法としては、「ShellIconOverlayIdentifiers」内で、Dropbox関連フォルダを上位に移動する(11枠の中におさめる)ことで、同期アイコンが表示されるようになります。

created by Rinker
ソースネクスト
¥29,800 (2022/09/29 17:16:05時点 Amazon調べ-詳細)

【お得情報】ソースネクストWEBストアでは、現在「クーポンフェア」を開催中。「DropBox Plus 3年版」が通常価格よりも2,000円OFFになります!icon

オーバーレイアイコンの優先順位を変更する

「レジストリエディター」を起動する

スタートメニュー隣の検索ボックスに「regedit.exe」と入力し、「regedit.exe(コマンドの実行)」をクリック。

レジストリエディターを起動する

確認画面が表示されたら「はい」をクリック。

すると、以下のようなウィンドウ(レジストリエディター)が開きます。

レジストリエディター
注意

以下の作業で、実際にレジストリを修正することになります。作業自体はとても簡単なのですが、誤った操作をしてしまうと システムに深刻な障害をもたらす(パソコンが起動しなくなる)可能性もありますので、事前にバックアップをとっておくなどしてください。自己責任でお願いします。

続いて、アドレスバー部分に以下のパスを入力し、Enterキーを推します。

\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\ShellIconOverlayIdentifiers
レジストリエディター

※アドレスバーが見当たらない場合は「表示>アドレスバー」をクリックで表示されます

管理人メモ
上記は オーバーレイアイコンの設定ファイルがある場所のパス(フォルダ階層)です。画面左側のフォルダアイコンをクリックして開いて「HKEY_LOCAL_MACHINE>SOFTWARE>Microsoft … 」といった感じで地道に開いていくことも可能です。
「ShellIcon~」フォルダの中を確認する

以下の画面になったら、「ShellIconOverlayIdentifiers」以下のフォルダの様子を確認しましょう。

ShellIconOverlayIdentifiers

「ShellIconOverlayIdentifiers」フォルダ内の上から11個までが、 オーバーレイアイコン表示可能なものです。

上図の場合、優先順位は「OneDrive」>「AccExtlco(Adobe系)」>「Dropbox」となっていることが分かります。

しかも、「OneDrive」で7個、「AccExtlco(Adobe系)」で3個を消費しているため、「Dropbox」が利用できるオーバーレイアイコンは1枠だけ、ということになります。

Dropboxの優先順位をあげる

続いて Dropboxの優先順位をあげます。

私の環境では、OneDriveを使用していませんので、「Dropbox」の順位をあげて「OneDrive」を下に持ってくることにしました

フォルダ名の頭に空白の多いものが優先

レジストリエディターでは、フォルダ名の頭に入っている「スペース(空白)」が多いほど、上位に表示されるルールがあります。

そこで、Dropbox(Ext01~10)のフォルダ名の頭にスペースを追加してあげます。

まず、DropboxExt01フォルダを選択した状態で「右クリック>名前の変更」をクリック。

名前の変更

入力状態になったら、スペースキーを押し、「OneDrive」よりも フォルダ名の頭のスペースが多くなるように追加します(必ず半角で入力しましょう)。

名前の変更

同じことを、DropboxExt02~10でも繰り返します。※この時点では、まだフォルダの順番は変わりません

レジストリエディターを再起動する

修正を反映させるには、レジストリエディタを再起動する必要があります。

「ファイル>レジストリエディターの終了」で、一旦、アプリを終了し、再度、レジストリエディタを起動します。

順番が変わった

上図のように「DropboxExt01~10」が、上位に表示さていれば 成功です。

以上で、レジストリの修正(オーバーレイアイコンの優先順位の変更)は完了です。

Dropboxの同期アイコンが表示されるか確認する

以上の作業で、Dropboxの同期アイコンが表示されるはずです。

一旦、パソコンを再起動し【重要】、Dropboxのフォルダを確認してみましょう。

同期アイコンが表示された

上図のように、アイコン左下に同期アイコン(チェックマーク、更新中マークなど)が表示されていれば 成功です。

created by Rinker
ソースネクスト
¥29,800 (2022/09/29 17:16:05時点 Amazon調べ-詳細)

【お得情報】ソースネクストWEBストアでは、現在「クーポンフェア」を開催中。「DropBox Plus 3年版」が通常価格よりも2,000円OFFになります!icon

関連する記事

DropBoxの有料版「Plus」をお得な価格で利用できる「DropBoxPlus3年版」の購入方法を記事にしています。興味がある方は↓以下のページも合わせてお読みください。

ヘッダ:DropBox

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です