【Googleドキュメント】スプレッドシートをWEBページに埋め込む方法

こんにちは、管理人の高田です(プロフィール)。

Googleドキュメントの「スプレッドシート」は、作成した表をWEBサイトに埋め込むこともできます。↓こんな感じ。

上表はGoogleドキュメントのスプレッドシートを使って作成したものを、表示させています。きちんとシート毎にクリック表示できたりして芸が細かい!

スプレッドシートをWEBページに埋め込む方法

Googleスプレッドシート

まずは 表示させたいデータ(表)を、Googleドキュメント「スプレッドシート」で作成します。 

データができたら、画面上部メニューより「ファイル > ウェブに公開」をクリック。

「ウェブに公開」ウィンドウが開いたら、「埋め込む」タブを選択し、ドキュメント全体(もしくはシート)」を選択して「公開」をクリック。

「この選択を公開してもよろしいですか?」と確認画面が表示されたら「OK」をクリック。

続いて「埋め込む」タブをクリックして <iframe src=”https://xxxx~のタグをコピーします。

あとは、自分のブログなどにこの<iframe src=”https://xxxx~のタグを記載すれば完成です。

実際に張り付けてみたもの

サイズ調整やシート名の非表示などの設定は、タグの記述を自分でいじる必要があります。

表の見え方を調整する

埋め込んだスプレッドシートの見え方(サイズなど)の調整についてはこちらに詳細な解説があります。

  • gid=: シート ID。
  • range=: ウェブに公開されている行と列。A1:B14 などです。
  • widget=: true または false。true の場合、シートタブが下部に表示されます。
  • headers=: true または false。true の場合、行番号と列文字が表示されます。
  • chrome=: true または false。true の場合、タイトルとフッターが表示されます。

表の範囲を広げたい場合は、単純に<iframe>タグ内に「width=”〇px” height=”〇px”」と追記してあげます。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です