外部PCを簡単にリモート操作できるアプリ「Splashtopプレミアム」を導入:機能は限定的だが安価で満足

slashtop

新型コロナを契機として、外部パソコンをリモート操作する機会が多くなりました。

私もこれまで「TeamViewer」のビジネスプランに加入し、3年ほど活用してきたのですが、年間 7万円弱の利用料が負担になってきました。

私の場合、週に数回、自宅から会社のPC画面を閲覧するのと、実家の父のパソコン操作指導ができればよいだけなので、高機能なTeamViewerは、まさに「宝の持ち腐れ」。※1

そこで、ライセンスの更新を前に、代替アプリをあれこれ検討し、価格面を考慮して 結局「Splashtop プレミアムicon」を 導入することにしました。

関連記事「Splashtopプレミアム」購入後の初期設定がちょっと煩雑だったので、作業の流れをまとめた記事を作成しました。興味がある方はこちらをご覧ください。

「Splashtop」の特徴

Splashtop

「Splashtop スプラッシュトップ」は、Splashtop社が開発・販売しているリモート操作アプリです。

「Splashtop」には、使用制限の異なるいくつかのグレードが存在しますが、今回私が導入した「プレミアム」は、Personalグレードのアプリに外部通信オプションを加わえたもので※1、国内販売店のソースネクストが取り扱っています。icon

「Splashtop プレミアム」は、1つのアカウントに対して 5台のパソコンまで接続対象として登録でき、PC、スマホ、タブレットから 外部のパソコンがリモート操作できます。

一言メモ
※1:「Splashtop Personal」自体は、同一ネットワーク内のデバイス間でしかリモート操作ができません。これに外部通信オプションが付属する「Splashtop プレミアム」だと、自宅や会社、実家など外部にあるパソコンのリモート操作が可能になります(詳しくは後述)
料金は「3,289円/年」

「Splashtopプレミアム」最大の特徴は、なんといっても利用料金の安さ!

1年ごとのサブスク契約となり、税込「3,289円/年」で利用が可能です。

「5台」まで登録可能(実質 無制限)

接続される側のパソコン(Windows/Mac)は 5台まで登録可能です。

ただ「一度に登録できるデバイスの数が5台まで」というだけで、登録機器の追加・削除は自由にできます。

このため、同時に何台も操作する必要がないのであれば、登録できる外部デバイスの数は、実質無制限といえます。

接続設定が簡単(専用アカウントでログインするだけ)

操作する側/される側にアプリをインストールし、それぞれSplashtopアカウントでログインすれば、すぐにリモート接続が可能になります。

メールアドレスとパスワードの入力だけで外部パソコンに接続できるため、面倒なインターネットの設定などは必要がありません。

スマホ・タブレットからもリモート操作可能

「Splashtop プレミアム」は、スマホ、タブレットからパソコンをリモート操作することができます。もちろんパソコンから、別のパソコンを操作することも可能です。

  • 接続する側(クライアント)デバイス:iOS、Android、MAC、Windows(11.10.8.1)
  • 接続される側(ホスト)デバイス:MAC、Windows(11.10.8.1)、Linux

ただし、「接続される側」として登録できるのは、MAC・Windows・Linuxのパソコン機器限定となります。

このため、スマホ・タブレットから 別のスマホ・タブレットを操作することはできません。

音声出力も可能

リモート操作時に、双方の音声を出力することができます。

このため、実家の父親にパソコン操作をレクチャーする・・・といった場面では、別途 電話などする必要がなくなります。

アプリは無料で入手可能

Splashtopアプリは無料で何度でも入手できます。

このため、急遽、出先のパソコンをリモート対応にしたい場合などにも迅速に対応可能です。

一言メモ
ただし「接続する側」と「接続される側」とで、それぞれアプリが異なるためダウンロード時に注意が必要です。
ファイルの転送はできない

やや残念なのが、リモート操作時の デバイス間におけるファイル転送機能に非対応な点。

ファイルのやりとりは、Gigaファイル便や、DropBoxなどを活用する必要があります。

一言メモ
上級グレードの「Splashtop Business」は、ファイル転送機能に対応しています。
【補足】「パーソナル版」と「プレミアム版」の違い

「Splashtop」には、無料で利用できる「パーソナル版」というグレードが存在します。

こちらも 1つのSplashtopアカウントに対して、5台のパソコンまで接続対象として登録可能です(しかも無料)。

ただし、「パーソナル版」の場合、操作可能なのは 同一ネットワーク内のデバイス同士のみ。

このため、会社PCから自宅のパソコンを操作するとか、離れて暮らす実家のパソコンを操作する・・・といったことはできません、

外部からデバイスを操作する場合は、別途「Anywhere Access Pack」という外部通信オプションを購入する必要があります。

で、このオプションの国内販売バージョンが、ソースネクストから発売されている「Splashtopプレミアム」という商品になります。※2

このため、ソースネクストで「Splashtopプレミアム」を購入しても、実際に手元に届くのは、「Anywhere Access Pack」を有効にするためのコードのみとなります。

アプリ本体は、Splashtop公式サイトから別途ダウンロードする必要があります。

MEMO

※2:正確には「Splashtopプレミアム」は、Splashtop Personalへのオプション機能として提供されている「Productivity Pack」と「Anywhere Access Pack」を改題したものです。

まとめ:機能は限定的だが安価で満足

Splashtop

ファイル転送機能がないのは残念ですが、価格を考えると不満はありません。DropBoxなどで代用できるし・・・

そこまで高機能でなくていいから、気軽にリモート接続できるアプリが欲しい・・・そういった用途に、Splashtopプレミアムがおすすめです。

「Splashtopプレミアム」を購入する

関連記事「Splashtopプレミアム」購入後の初期設定がちょっと煩雑だったので、作業の流れをまとめた記事を作成しました。興味がある方はこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です