【タイムズのB】バイク可の駐車場が簡単に検索&予約できて激しくおすすめ!

こんにちは、管理人の高田です(@1Simplestock3)。

この記事では、仕事時にバイク移動している私が、駐車場の検索&予約サービス「タイムズのB」を利用した際の感想と、気になった点などをまとめています。

はじめに

月に2.3回程度ですが、取引先の事務所に出かけて作業をする機会があります。

その際の移動手段として、これまで電車を利用してきたのですが、新型コロナの影響もあり、バイク(原付スクーター)に切り替えることにしました。

ただ、東京都内ではバイクに対応した駐車場の数は限られており、いざ 乗りつけてみたら「満車状態」ということも珍しくありません。

「どうしたもんか・・・」と思っていたところ、駐車場の予約サービス「タイムズのB」なるものを発見!

取引先の近隣にも提携パーキングがあったので、早速 利用してみることにしました。

「タイムズのB」とは?

タイムズのB」は、時間貸し駐車場サービス大手「Times タイムズ」が運営している、駐車場のWEB予約サービスです。

\ 入会金・年会費 無料! /

※サービスについて詳しくはコチラ

「Times タイムズ」が提携している全国の「月極駐車場、住宅、店舗、ビルなどの空きスペース」を利用してサービスを展開しています。

MEMO

従来は「B-Times」という名前で運営されていましたが、現在は「タイムズのB」に名称変更しています

「タイムズのB」の特徴!

  • 駐車場が事前に予約できる:最大で13日前から予約可能
  • 料金は「1日」単位: 東京23区内 駅から5分圏内で310円/日など お得なスポットが多数あります
  • 現地での清算不要:事前のカード決済なので 現地で小銭は必要ありません
  • 前日までキャンセル可能:前日までであれば予約キャンセル料はかかりません ※1
  • 初回の登録&予約が簡単:初めての登録から予約完了まで10分程度で行えます
  • 入会金・年会費無料:駐車場の利用時 以外にお金はかかりません

※1:予約時に決済される仕組みなので、キャンセルの際は後日返金されます

予約できる駐車場は?

「Times タイムズ」が提携している「住宅、店舗などの空きスペース、月極駐車場の空き区画、建設前の一時的な遊休地」などが駐車スペースとなっています。

また、タイムズのコインパーキングの一部が予約専用スペースになっている場合もあります。

「タイムズのB」の初回登録&予約の流れ

「タイムズのB」の初回利用時は、以下のような流れで登録&予約を行います。

  1. 「タイムズクラブ」に入会する(初回のみ)
  2. 「タイムズのB」で駐車場の予約を行う

 
全てWEB上で手続きが可能なので、所要時間は10分程度です。

1. 「タイムズクラブ」に入会する(初回のみ)

「タイムズのB」を利用するにあたっては、あらかじめ「タイムズクラブ」に会員登録を行う必要があります。※入会金・年会費 無料

タイムズクラブに入会すると、後日 ↓こんなカードが届きます。※駐車場の予約・利用はWEB登録後 すぐにできますので カードが無くても大丈夫です

2. 「タイムズのB」で駐車場を検索する

駐車場の検索&予約は「タイムズのB」WEBサイトで行います。

先に登録した「タイムズクラブ」のアカウント(ID・パスワード)を用いて、「タイムズのB」マイページにログインし、利用したい駐車場の検索&予約を行いましょう。

駐車場を検索する

マイページの「検索」機能を使って、駅名・住所・施設名などから、利用したいスポットの駐車場を検索します。

地図上に利用可能なスポットとその料金(1日分の定額料金)が表示されるので、利用したい箇所をクリック。

スポットの詳細情報が表示されるので、内容を確認して予約手続きを行います。

駐車場のサイズに注意!

各駐車スポットの詳細ページには、駐車スペースのサイズも表記されているので、自分のバイクが駐車可能か必ず確認しましょう。

注意

サイズ超過で入庫できない場合でも、当日キャンセルによる返金はされないので 注意しましょう!

バイク利用時は「車種」指定検索が便利!

普通に検索すると普通自動車の駐車場も検索対象になってしまいます。

そこで、地図画面の右上の「車種・利用日を指定」ボタンをクリックすると・・・

「車種」の指定ができるようになるので、「バイク」を選択してから 検索を行いましょう。

3. 「タイムズのB」で駐車場を予約する

各駐車スポットの詳細画面下部「この駐車場を予約する」ボタンをクリックして、予約手続きを行います。

Step1:利用日の確認とナンバーの登録

まず 予約日を再確認し、車種(バイク)と、車種名(バイクの名前)、ナンバーを登録します。

MEMO

その場でナンバーが分からない場合は、後で入力することも可能です。ただし、利用当日までに必ずナンバーを登録しておく必要があります。

Step2:支払い情報の入力

続いて「支払い情報(カード情報)」の入力画面になるので、もろもろ入力して、予約を完了します。

「予約完了」画面

「予約が完了しました」画面になったら、予約手続きは終了です。

予約が完了すると、登録メール宛に「タイムズのB」から「予約完了のお知らせ」メールが届きます。

予約内容に間違いが無いか確認しておきましょう。

初回登録・予約時の感想

私の場合、タイムズクラブへの会員登録から、「タイムズのB」での予約終了までで、10分ほどしかかかりませんでした。思い立ったら、すぐに利用できるのはいいですね。

「タイムズのB」利用当日の様子

というわけで、予約当日。

今回予約したのは、駅から3分程度の駐車スポット。

タイムズのコインパーキングの一部が、予約専用(タイムズのB専用)スペースになっていました。

こちらのスポットでは、しっかりスペースが確保されているので、大型のバイクでも駐車できそうですね。

駅から3分の この場所で丸1日駐車して「310円」はお得すぎ! ※料金はスポットごとに異なります

1日単位での貸し出しのため、当日中(0:00~24:00)は何度でも出し入れ可能なのもいいですね。※スポットによっては再入庫の回数に制限がある場合もあるので注意

あらかじめカード決済しているので、帰宅時の清算処理も必要なく、そのまま出庫できました。

ちょっとだけ気になった点

その後、既に数回利用していますが、とにかく簡単&便利で、文句はありません。

ただ、ちょっと気になった(というほどでもありませんが)点も紹介しておきます。

毎回ナンバーの入力が必要・・・

予約手続きは非常に簡単なのですが、唯一、欠点があるとすれば、毎回ナンバーの入力を求められるのが面倒。

ログインしたまま、複数の予約を行う場合は大丈夫なのですが、一旦ログアウトしてしまうと、情報が消えてしまいます。クレジットカード情報は保存されてるのに、ナンバー情報はダメなんでしょうか?

料金はピンキリ

「気になる点」とはちょっと違うかもしれませんが、良くも悪くも金額がバラバラです。

利用料は「バイクだとこの料金」と一律に決まっているわけではなく、スポットごとに大きく異なっています。

「タイムズのB」の場合、駐車スポットは「住宅、店舗などの空きスペース」のケースが多く、料金は各スポットのオーナーさんが決めているものと思われます。そのため料金がバラバラで、近場のスポット同士でも倍近く違うケースもあります。

予約状況によっては、いつもの場所に停められず、近隣の別スポットに・・・ということもあるかと思いますが、日によっては割高なスポットに停めるざるを得ない場合もあるかもしれません。

まとめ

というわけで、予約駐車場サービス「タイムズのB」を利用してみた感想でした。

既に数回利用していますが、とにかく簡単&便利!

バイク駐車場に限ると、駅から5分圏内で「1日 300円」台のスポットも数多くあるので、駐車料金を気にせずにバイク移動ができます。

普段 バイク利用している方におすすめです。

「タイムズのB」でバイク駐車場を予約する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です