WordPressテーマ アルバトロスで記事の更新日を表示させる方法

この記事では、WordPressテーマ「アルバトロス」で記事の更新日を表示させる方法について紹介しています。

はじめに

当ブログでは 3月から心機一転WordPressテーマを「STORK(ストーク)」に変更しました。



また、それに合わせて、別で運営しているブログも同じ発売元(OpenCage)の「アルバトロス」にしてみました。



そこで両者をちょこちょこカスタマイズでしてみてわかったのですが、記事の「更新日」の表示に関して両者は異なる仕様になっています。

「ストーク」の方は「外観>カスタマイズ>投稿・固定ページ設定」の部分から、更新日の「表示/非表示」が簡単に変更できるのですが、「アルバトロス」では、デフォルトでは記事の更新日が表示させる仕様になっていません。

ただし、以下のように設定を行うことで、アルバトロスでも「更新日」の表示が可能になります。

事前に準備すること

記事の更新日を表示させるには「functions.php」と「single.php」にコードを追記します。

その際、テーマ本体を適用している場合は問題ありませんが、子テーマを使用している場合はちょっとした事前作業が必要になります。

アルバトロスがデフォルトで用意してくれている子テーマのファイルには「single.php」が含まれていないため、自力で子テーマフォルダに「single.php」をコピペしてあげる必要があります。

single.php のコピペの方法

FTPアプリを用いてワードプレスをインストールしたサーバを開き、アルバトロス本体ファイルのフォルダ(wp-content > themes > albatros )を開きます。

中にある「single.php」を一旦ダウンロードするなどしてコピーし、アルバトロスの子テーマフォルダ(wp-content > themes > albatros_custom )内にペーストします。

以下のように、アルバトロスの子テーマの「テーマの編集」画面に「個別投稿(single.php )」の項目が出れば無事に終了です。

具体的な設定方法

それでは、実際に更新日を表示させるためのコードの挿入を行っていきます。

※事前に必ず「functions.php」と「single.php」のバックアップを取っておきましょう!

(1) functions.phpに追記する

まずは、ワードプレスにログインし「外観 > テーマのための編集」を選択。

「テーマの編集」画面になったら「テーマのための関数 (functions.php)」をクリックします。

「テーマのための関数」の編集画面にて、一番最後の部分に以下のコードを追記します。

(2) single.phpの記述を書き換える

続いて「テーマの編集」から「個別投稿 (single.php)」項目を選択します。

「single.php」内で以下の記述部分を探します。

上記コードが見つかったら、このコードを削除し、同じ場所に以下のコードを書き込みます。

改変場所の確認

コードの改変箇所は以下の部分です。

「<p class=”byline entry-meta vcard”> 」と「<span class=”cat-name cat-id-<?php echo $cat->cat_ID;?>”><?php echo $cat->name; ?></span> 」の間になります。

変更後は以下のような感じになります。

以上で設定は完了です。

実際に記事を更新して表記が変更されることを確認しましょう。

日本語で表示したい場合

上記のようなアイコン表記が嫌な場合は、single.php に書き込むコードを以下のようにします。

※上記コードの「投稿日」「更新日」の部分を適当な文言に改変しても大丈夫です。

ちなみに 記事を更新しないと「更新日」は表示されませんのでご注意ください(コレ大事)。

当ブログで採用しているWordPressテーマ「STORK(ストーク)」はこちらから購入できます。



「アルバトロス」は、こちらから購入できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です