「鍋〆(しめ)ますラーメン」が売り切れてたら無印良品へ行け!

藤原製麺から発売されている「鍋〆(しめ)ますラーメン」。

その名の通り、鍋の〆に投入されることに特化して製造されたラーメンで、汁に入れるとまるで生めんのような絶妙のコシと風味が楽しめます。

1袋につき2玉が入っていますが、スープは付属しません。

売り切れが多く 夏は見かけない・・・

さて、この「鍋〆(しめ)ますラーメン」。

鍋物が多い我が家では 定番となっているのですが、人気商品らしく 近所のスーパーに並んだと思うと、すぐに売り切れてしまいます。また 冬期以外はスーパーでも見かけません。

見かければ多めに買い込んでストックしておくようにしているのですが、「今日は鍋だ!」と思いついた日に 品切れになっていると、ちょっとがっかり・・・

ネット通販でも買えるんですが ちょっと割高なんですよね。

年中買えるスポットが!

さて、そんな「鍋〆(しめ)ますラーメン」と ほぼ同じ内容の商品が存在するのをご存知でしょうか?

それが「無印良品」で発売されている「ノンフライ乾燥麺」。

製造しているのは「鍋〆(しめ)ますラーメン」と同じ藤原製麺で、スープがつかない麺のみタイプ、1袋に付き2玉入りという点も一緒。

試しに「ノンフライ乾燥麺」を買って食べてみましたが、味は 「鍋〆(しめ)ますラーメン」と全く一緒でした!

※現状 「鍋〆(しめ)ますラーメン」には「ノーマル」「太麺」「うどん」の3種類がありますが、「ノンフライ乾燥麺」はノーマルタイプと一緒です

ただ、冬期以外はあまり見かけない「鍋〆(しめ)ますラーメン」と違って、こちらは夏でも「無印良品」で手に入るので、あの味を年中味わいたい方は、一度「ノンフライ乾燥麺」を試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

というわけで「鍋〆(しめ)ますラーメン」と「ノンフライ乾燥麺」の紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です