ThunderBird(サンダーバード)で添付ファイルを保存後すぐにデータを開く方法

昔からメールソフトはThunderBird(サンダーバード)を愛用しているのですが、一点不便に感じていることがありました。

「メールに添付されたファイルを保存し その後ですぐに開きたい」といった場合、「ファイルを保存」した後で、一旦 エクスプローラで保存場所までいってファイルを開く必要があるわけです。

「そんなの当たり前じゃないの?」と思う方も多いと思いますが、同じモジラ系のブラウザ「FireFox(ファイアフォックス)」では、ダウンロードしたファイルがスグに開けるように、専用のウィンドウ(ダウンロードマネージャ)が用意されています。

tenpu_sugu_hiraku002

で、この使い勝手に慣れてしまうと、ThunderBird(サンダーバード)の「保存>エクスプローラで保存場所までたどる>データ開く」という工程が激しくストレスになってしまうわけです。

そこで、どうにかならないもんかと思っていたのですが、添付ファイル保存時に「一瞬だけ」ダウンロードマネージャ的なウィンドウが表示されることを発見。

「このウィンドウの表示設定をいじってやればいいんじゃないの?」とアレコレ調べてみたところ、ドンピシャな解決方法がありましたので、備忘録としてココにメモしておきます。

まずは、ThunderBird(サンダーバード)を起動し、「ツール>オプション」を選択。

tenpu_sugu_hiraku003

「オプション」ウィンドウが開いたら「詳細>一般タブ」で、下の方にある「設定エディタ」ボタンをクリックします。

tenpu_sugu_hiraku004

「about:config」ウィンドウが開き「動作保証対象外になります!」の警告がでますので「最新の注意を払って使用する」ボタンをクリックします(※以降の工程はあくまで自己責任でお願いします)。

tenpu_sugu_hiraku005

すると、下の写真のように、なにやら英語でズラズラと設定名が表示されますので、
「検索」部分に「browser.download.manager.closeWhenDone」と入力(コピペで可)。

tenpu_sugu_hiraku007

すると以下のように「browser.download.manager.closeWhenDone」だけが表示されます。

tenpu_sugu_hiraku008

ここで値の「True」を「false」に変更します。(true部分でダブルクリックすると表示が切り替わります)。

tenpu_sugu_hiraku009

設定自体はこれで終了ですので、右上の×をクリックしてウィンドウを閉じます。

試しに、添付ファイルを保存してみると…

tenpu_sugu_hiraku011

保存後に上のようなウィンドウ(ダウンロードマネージャ)が表示されるようになりました。
後は、ウィンドウ内のアイコンをクリックすれば、当該データが開きます。

参考になるサイト

各種設定値の意味を開設しているサイト。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Download_Manager_preferences

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です