ThunderBird 返信メールが簡体字中国語(GBK)になる場合の対処方法

メールソフトThunderBird(サンダーバード)を使用しています。

本日、届いたメールに返信しようとしたところ、返信文のフォントが平常使用している「MS P ゴシック」ではなく、なにかヒョロヒョロとした見慣れないものになっていました。

ふと、画面上部を見ると、メールタイトルの後に「-簡体字中国語(GBK)」の文字があります。

thunder_001

文字化けなどしているわけではないのですが、このまま返信するのもなにか気持ち悪い・・・。
そこで、返信時に通常の状態に戻す方法を調べました。

メニューから「ツール」>「オプション」を選択。

thunder_002

「オプション」ウィンドウが開いたら「表示」タブを選択し「フォントと配色」の「詳細設定」ボタンをクリックする。

thunder_004

「フォントと文字エンコーディング」ウィンドウが開いたら、下部の「文字エンコーディング」欄を確認する。

thunder_005

送信メッセージ、受信メッセージ共に「日本語(ISO-2022-JP)」にします。
また、「可能であれば返信メッセージに規定の文字エンコーディングを使用する」にチェックを入れます。

この状態で、一度ThundeBirdを再起動し、再度問題のメールに返信してみます。

すると、返信文の右上の「-簡体字中国語(GBK)」の文字が消えています。

thunder_003

念のため文字エンコーディングを確認してみると・・・

thunder_006

無事に「日本語(ISO-2022-JP)」になっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です