DESTROYでシステムディスク(OSのHDD)内のデータを完全消去する方法

自宅で使用していたパソコンを知り合いにゆずることになりました。

データのバックアップと消去(ゴミ箱>ゴミ箱を空にする)を終え「あとはPC付属のリカバリディスクを使って HDDを工場出荷時の初期状態に戻しておけばいいか…」と安直に考えていたのですが、いろいろ調べてみると、単純なOSの再インストールでは「消去したはずのデータが復活できてしまう」ということが判明。

「ゴミ箱>ゴミ箱を空にする」で消したファイルはもちろんのこと、HDDのフォーマットを行っても、特別なソフトを用いると、データを復元できてしまうのだそうです。

知り合いが悪意を持ってデータを吸い上げたりすることはないでしょうが、盗難などによって悪いやつがHDDだけ取り出して売っぱらったりする可能性もないわけではなく、大事なデータが漏れ出す可能性もあります。

とにかく、コノご時勢なにがあるか分からないので、自分でHDD内のデータを完全消去する方法について調べました。

今後も同様のケースがないとも限らないので、後々の備忘録としてココにメモしておきます(※以下はPC内のデータのバックアップなどは既に終わっていることを前提にしたお話です)。

全体の作業の流れ

具体的には「DESTROY」というフリーソフトを用いてHDD内のデータを完全消去し、その後、PC付属のリカバリディスクを用いて、HDDのフォーマットとOSの再インストールを行い、工場出荷時の状態に戻します(※DESTROYは個人使用は無料ですが、企業・団体での使用に関してはライセンスが必要になります)。

作業には数時間を要します。特にDESTROYの作業部分は一旦開始するとコチラがなにかやることは無くなりますので、就寝のタイミングなどで行うのが良いかと思います。

DESTROYの使い方

具体的な作業手順を紹介する前に、そもそもDESTROYがデータを消去する仕組(考え方)についてごく簡単に基礎的な知識を確認しておきます。

データ完全消去の基本的な考え方

実は、HDDに一旦書き込まれたデータは「ゴミ箱>ゴミ箱を空にした」状態にしても HDD内にずっと残り続けています。 この状態は 単に「ユーザからデータが不可視になっただけ」にすぎません。

データを消す唯一の方法は「別のデータで上書きをしてしまう」こと。逆に言えば別のデータに上書きされるまでは 元データはいつまででもHDD内に残っているわけです。

ですから、専用の復活ソフトを使うと消したはずのデータが復旧できてしまうわけですね。

そこで「無意味なデータをHDDに大量に書き込むことによって 不可視になったデータを強制的に上書きして消しちゃおう…」という手法が考えられました。DESTROYはその上書き消去のためのソフトになります。

DESTROYの具体的な作業手順

「DESTROY」はシステムディスク(WIDOWSが入っているHDD)にも上書き消去作業ができる関係上、普通に「windowsのデスクトップ画面からアイコンをクリックしてソフトを起動して…」といったことはできません。

ソフト本体を、HDD以外の別ドライブ(フロッピーディスクやCD-R、DVD-Rなど)に入れて、そこからソフトを立ち上げて使用します…というととても面倒な感じがしますが、それほど作業は難しくありませんのでご安心を。

ここではCD-RからDESTROYを立ち上げて作業する方法を紹介していきます。

ソフトのダウンロードと事前準備

まずは「DESTROY」を入手しましょう。フリーソフトですので無料でダウンロードが可能です(この場を借りて心より作者様に感謝申し上げます)。

データはzipファイル(desty321.zip)になっていますので、解凍処理を行います。

解凍すると以下のようなデータがあらわれます。このうち「DESTY321.iso」というデータを「ディスクイメージ」としてCD-Rに書き込みます(※他のデータは使用しません)。

destroy_002

ディスクイメージの書き込みは、市販のライティングツールやフリーソフトでも出来ますが、ここではwindws7に付属の「windowsディスクイメージ書き込みツール」を使った方法を紹介します。

空のCD-Rを パソコンのドライブに入れた状態で「DESTY321.iso」アイコン上で右クリック。

「プログラムから開く>windowsディスクイメージ書き込みツール」を選択します。

destroy_003

「windowsディスクイメージ書き込みツール」ウィンドウが開きますので「書き込み後のディスクの確認」にチェックを入れて「書き込み」ボタンを押します。

destroy_004

書き込みが終わったら、ディスクの中身を確認しましょう。
以下のように「boot.catalog」「boot.img」の2データが書き込まれていればOKです。

destroy_005
ちなみに以下のように「DESTY321.iso」そのものが書き込まれてしまった場合は失敗です。この後の作業に使えませんのでご注意ください。

destroy_006

これは「ディスクイメージ」としてではなく、通常の「データ」としてCD-Rに書き込んでしまった場合にこうなります。「CD(DVD)にイメージファイルとして書き込む」という点に注意してください。

これで、DESTROYを実行するためのディスクができあがりました。

パソコンのブートデバイス設定の変更

続いてPCのブートデバイス設定を変更します。ブートデバイス設定というのは 簡単にいうと「パソコンに電源を入れた際にどのドライブ(HDD,CD,DVDなど)を優先して読み込むか?」の設定です。

通常は「HDD」が最優先になっているので これを「CD(DVD)」に変更してあげる必要があります。

※ここでは、わたしの環境(DELLのパソコン)での方法を紹介しますが、パソコンメーカによってブートデバイス設定の変更方法は異なります。各自の環境に合わせて設定してみてください(※下記のサイトさんが参考になります)。

まず、パソコンを再起動します。
このとき、パソコンが起動している途中で F12キーを連打します(※メーカによって[F2]や[Delete]だったりします)。

すると以下のような画面になるので、上下矢印キー(↓↑)を使って「CD-ROM Drive」を選択します。

destroy_007

続いて、先ほど作成した「DESTROY」入りのCD-Rを挿入して「ENETR」キーを押します。
青い画面になり、以下のように左上に「>>>DESTROY<<<」の文字の画面が表示されればOKです。

destroy_008

上の画面は「個人使用」か「企業で使用」かの選択画面です。キーボードで「P」と打ちます。

DESTROYの設定

続いて以下のようなメニュー画面が表示されます。

destroy_009

まずは消去するドライブを選するので、キーボードで「N」を打ちます。
すると以下のようなドライブの選択画面になります。

destroy_010

「ドライブ0~F」までに、現在接続されているHDDが表示されています。上の画面は「Drive0」にドライブが1個だけ接続されていることを示しています。

消去作業を行いたいドライブの数字・記号(0~F)を選んで入力します。

すると、再び元のメニュー画面に戻ります。

destroy_011

「FUNCTION MENU」部分に、先ほど選択した「Drive0」と表示されていることを確認してください。
続いて「上書きの回数(消去の種類)」を選択します。メニュー画面の0~9部分が、上書きの種類になります。

DESTROY付属のメモにそれぞれの違いが記載してあります。基本的に、数字が大きくなるほど消去の精度が高まるということのようですが、その分作業時間も増えますので、個人用途には「3」くらいが良いようです。

なので、わたしは「3」をキーボードにて入力しました。
すると以下のような最終確認画面が表示されます。対象ドライブなどに間違いが無いかを確認し、大丈夫であれば「Y」を入力します。

destroy_012

すると自動で作業がスタートします。

destroy_013

Remaining Time部分に残り時間が表示されますが、何度も巻き戻るので(笑)ほとんど意味がありません。
HDDの容量にもよりますが、数時間程度かかります。

destroy_014

作業が完了すると、上図のような状態になります。

適当なキー(何でもよい)を押して、作業を終了させましょう。
黒画面に「A:/>」といった表示がでたら、電源ボタンを長押しして、パソコンを終了します。

以上で、DESTROYを使ったデータ消去作業は終了です。
あとはパソコン付属のリカバリディスクなどを用いてOSの再インストールやドライバのインストールなどリカバリ作業を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です