QuickAdsenseで挿入するアドセンスコードをPCとスマホで切り替える方法

WordPressの記事内に自動でGoogleアドセンスのコードを挿入してくれる便利プラグイン「Quick Adsense」。当ブログでもありがたく使用させていただいております。

本当に便利なのですが、ただひとつだけ不満があり、それが「スマホとPCとで表示される広告の変更が出来ない」という点でした。

わたしの場合、具体的にいうと、PCではクリック率の高い「レクタングル(大) 336×280」サイズを表示して、スマホでは画面で見切れてしまわない「レクタングル(300×250)」を表示して欲しい・・・わけです。

ところがあれこれと調べてみたところ「ショートコード」を使用することで 上述のような挙動が可能になることが分かりましたので、ここに方法をメモしておきます。

作業の流れ

まず全体の作業の流れは大きく以下のような感じです。

(1)WordPressの投稿画面上でPCとスマホで内容を切り替えられるように専用ショートコードを作成する
(2)Quick Adsenseのタグに上記の内容を反映させる

以下で詳しく具体的な作業手順を紹介していきます。

具体的な設定の方法

投稿本文の内容をPCとスマホで切り替える

まずはWordPressの投稿画面上でPCとスマホの内容が切り替えられるようにショートコードを作成します。

wordpressでのスマホとPCの表示の切り替え・・・というと「if(wp_is_mobile())~else」という関数を用いる方法が有名ですが、これはphpのテンプレートに直接記述するものなのでWordPressの投稿画面にこれを書いても、まったく効果がありません。

code_001

↑こんな風に書いても↓こうなるだけ。

code_002

投稿記事内で切り替えるためには、専用のショートコードを作成する必要があります。

wordpressにログインしたら「外観>テーマの編集」で「テーマのための関数 (functions.php)」を開き、
以下のコードを記述します(functions.phpの編集は致命的なエラーに繋がる危険がありますのでご注意ください)。

ちなみに、上記コードのハイライト部分(1~19行目まで)は スマホとPCを振り分ける設定なのですが、テーマによってはデフォルトで記述済みの場合もあります。その場合は記述の必要がありません。

例えば、当ブログで使用しているsringer3の後期バージョンでは当該部分のコードは初めから記述されています。自分のfunctions.phpを確認して記述があるようでしたら その部分は追記の必要がありません。

以上で、ショートコードの設定は完了です。
あとは、本文記事内に以下の要領でショートコードを記述すればしてください。

上記をPCで見てみると・・・

code_003

スマホでは・・・

code_004

以上で、PCとスマホの切り替え設定ができました。

ショートコードの作成はANKARE IIDXさんの内容を参考にさせていただきました。ありがとうございます!

Quick Adsenseにショートコードを記入

ここまでくればあとは簡単。
Quick Adsenseに上記のショートコードを用いて記入すればよいわけです。

code_005

以上で終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です