QuickAdsence(クイックアドセンス)の文字化けを修正する方法

WordPressの定番プラグイン、QuickAdsence(クイックアドセンス)。

私の場合、アドセンスのタグ以外にも、おすすめ記事へのリンクや説明文などの文字列を自分で作成して一緒に入れ込など 、とても便利に利用させていただいているのですが、一点だけ問題がありました。

タグを記入して更新をかけると日本語部分が文字化けしてしまうのです。

quickads_001

実際のブログ上では正常に表示されていることもあり、これまではそのまま放置して運用してきたのですが、ちょっと気持ち悪いのと、文字化けしたタグの一部分を修正すると、今度はブログ表示でも文字化けしてしまうことが判明し、このたび対応策を調べることにしました。

ここにその内容を備忘録としてメモしておきます。

具体的な設定方法

そもそもの原因は「QuickAdsence(クイックアドセンス) 」が日本語に対応していないことにあります。

そこでプラグイン内に、日本語に対応させる用の「タグ」を挿入してあげると、文字化けを解消することができます。

以下で具体的な手順を説明しましょう。

プラグイン編集の前準備

まずWordPressにログインし「プラグイン>インストール済みプラグイン」をクリック。

quickads_000

プラグインの一覧「QuickAdsence」の「編集」をクリックします。

quickads_003

編集画面右側の「プラグインファイル」から「quick-adsense/quick-adsense-admin.php」を選択。

quickads_004

「quick-adsense/quick-adsense-admin.php」の編集画面に切り替わったら、あとはタグの挿入作業になります。

データ自体に変更を加えますので、念のため挿入前のデータはバックアップしておきましょう。

タグを挿入する

文字化け解消のタグは、データ内の2箇所に挿入します。
実際に挿入する場所と、タグの文字列に関して、それぞれ具体的にみていきましょう。

1箇所目の挿入位置と挿入するタグ

挿入する箇所は「$cod = htmlentities(get_option(‘AdsCode’.$i));」というタグの直下ということになります。

まだ、タグを挿入する実際の画面がこちら↓

quickads_005

プラグイン内には膨大なタグが記載されていますからページ内検索機能などを使って、効率的に場所を見つけましょう(※ページ内検索の方法についてはこの記事の下部で紹介しています)。

そこに以下のタグを挿入します。

実際に挿入した後の画面は以下のようになります。

quickads_006

2箇所目の挿入位置と挿入するタグ

続いてもう1箇所、同じようにタグを挿入します。

今度は「$cod = htmlentities(get_option(‘WidCode’.$i));」というタグの直下に挿入します。

挿入前の画面がこちら↓

quickads_007

1箇所目と同様に「ctrl + F」などの検索機能を使って、効率的に場所を見つけましょう。
そこに以下のタグを挿入します。

挿入した後の画面は以下のようになります。

quickads_015

あとは「ファイルを更新」ボタンを押せば完了です。

quickads_009

上記作業のあと、実際にQuickAdsence(クイックアドセンス)の画面を確認してみると…

quickads_010

しっかり日本語が表示されています。

ウェブページ内検索の仕方

最後におまけとして、ウェブページ内検索の方法を紹介しておきます。

上の記事のように、ウェブページ内の大量の文字列・文章の中から特定の文字列を見つけ出すのは大変ですよね?

そこで、以下の操作をすると簡単に、希望の文字列が発見できます。

ここでは私が使用している「FireFox」の例をあげますが、インターネットエクスプローラでも、クロームでも、サファリでも基本的には同じです。

上記記事のようにプラグインファイルの中から「$cod = htmlentities(get_option(‘AdsCode’.$i)); 」という文字列の場所を探す場合を想定して説明していきます。

まず、文字列を探したいページを開いたら「Ctrl + F」を押します(※MACの場合は「command ⌘ + F」)。
あるいは下図のようにブラウザのメニューから「編集>検索」を選択しても構いません。

quickads_011 

すると下図のように「ページ内検索」用の「検索窓」が現れます。

quickads_012

FireFoxの場合は写真のようにブラウザの下部に出現しますが、ブラウザによってはページ上部だったりもしますので、各自の環境で確認してみてください。

あとはこのフォーム(ページ内検索の検索窓)に、検索したい文字列…ここでは「$cod = htmlentities(get_option(‘AdsCode’.$i));」を入力します。

すると、自動でページ内検索が行われ、下図のようにその文字列がハイライト表示されるなどします。

quickads_013

これは、ウェブページに限らず、色々なアプリやファイルで活用できる方法ですので、覚えておくと便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

stinger_ads001

STINGER3でアドセンスのPC版表示を横並びのレクタングルにする設定

※注意:2014年4月現在、当ブログのアドセンス配置は必ずしもこの記事の内容と一致していませんが、同

henkan_001

よく使う単語や文字の変換用例をPCに記録・登録/削除する方法

人名や地名などの中には、キーボードでひらがなから漢字に変換する際、一度で変換が出来ないものがあったり

code_001

QuickAdsenseで挿入するアドセンスコードをPCとスマホで切り替える方法

WordPressの記事内に自動でGoogleアドセンスのコードを挿入してくれる便利プラグイン「Qu

pdf_001

複数のPDFファイルをひとつにまとめる方法

AdobeCCを使いはじめて、地味に便利になったことのひとつに「Adobe Acrobat XI P

medium_3306827131

ロリポップのWEBメールがiphoneでIMAP受信できなくなった場合の対処方法

photo credit: JASElabs via photopin cc ロリポップのWE

それは詐欺メール! 三菱東京UFJ銀行(bk@mufg.jp)からメールアドレスを確認する旨のメールが届いた

まず結論から言いますと「三菱東京UFJ銀行(bk@mufg.jp)名義のメールが届き"メールアドレス

lolipop_001

ロリポップWEBメールで迷惑/スパムメールにフィルタを設定する方法

個人用に使用しているロリポップのアドレス限定で先日から急に迷惑メールが急増しました。 以下がその履

tw_001

twitterのつぶやき(ツイート)を自分のブログ内に表示させる方法

twitterでは公式の機能として 自分(あるいは他人)のツイートをブログ内に表示することが出来るよ

ru_001

【непереводимая.рф】アナリティクスのデータに紛れる検索ワード型スパムに注意!

本日Googleアナリティクスを眺めていたところ、いかにも怪しげなデータを発見しました。 結論

futa_001

掃除機にペットボトルの蓋が詰まってしまった場合の対処方法

部屋を掃除していたところ、掃除機でペットボトルのフタを吸い込んでしまいました。 慌てて掃除機を

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

足元の冷えを解消!デスクワーカーにおすすめの足温グッズまとめ!

日がな一日座り続けで作業をしていると、血流が悪くなるのか、足元(つま先

ashi_c_008
足元の冷え解消!足温グッズレビュー(3) ホットマルチヒーター

デスクワークの際の足元の冷えを解消すべく、あれこれ模索しているうちに

ashi_b_002
足元の冷え解消!足温グッズレビュー(2) 山形電気あんか*参考

デスクワークの際の足元の冷えを解消すべく、あれこれ模索しているうちに

ashi_a_006
足元の冷え解消!足温グッズレビュー(1) デュアルヒータースリッパ

デスクワークの際の足元の冷えを解消すべく、あれこれ模索しているうちに

futa_001
掃除機にペットボトルの蓋が詰まってしまった場合の対処方法

部屋を掃除していたところ、掃除機でペットボトルのフタを吸い込んでしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑