「1Password 3年版」購入前に知っておきたいポイント【2019年版】

この記事では パスワード管理ソフト「1Password」がお得に使えるライセンス パック「1Password 3年版icon」を購入する際に知っておきたいポイントをまとめています。

「1Password 3年版」の特徴

パスワード管理ソフト「1Password」。

WidowsでもMACでも使用でき、さらにPC・スマホなど複数デバイスでの利用も可能なため、愛用している方も多いと思います。

最も安全なパスワードマネージャー | 1Password

パスワードマネージャー、デジタル保管庫、ランダムパスワードジェネレーター、フォーム自動入力、および安全なデジタルウォレット。 1Password はあなたに代わってすべてのパスワードを記憶し、あなただけが知っている 1 つのパスワードで安全に保管します。

そんな「1Password」が お得に利用できてしまう商品が存在するのをご存知でしょうか?

それが ソースネクストから発売されている↓こちらの「1Password 3年版icon」。

iconicon
公式ストア同様に、アカウントが1ユーザーだけの「個人版」と アカウントが5つまで利用できる「ファミリー版」の2種類が用意されています。

その名の通り「1Password」が3年間利用できるライセンス商品なのですが、機能制限などは無いにも関わらず 公式ストアで契約するよりもかなり安く「1Password」が利用できてしまいます。

※1Passwordの詳細な機能・特徴に関してはこちらをご覧ください

どのくらいお得なの?

「1Password 3年版」を購入した場合、実際にどの程度お得になるのでしょうか?

3年間の支払総額を比較

まず、1Password公式ストア経由で契約する場合と、ソースネクスの「3年版」を購入した場合の3年間の支払総額を表にしてみました。※2019年8月30日時点

なお、1Passwordは購入場所(公式ストアiOSアプリMACアプリ)によって 価格が異なるため、それぞれを掲載しています。

【注意】公式ストアの価格は「1ドル=105円」で換算したものです

公式ストアに比べて「1Password 3年版」の方が およそ1,000円~2,000円程度安くなっています。

月額に換算すると?

さらに それぞれを月額換算してみたのが↓こちらの表です。

【注意】公式ストアの価格はドル建てで表記されています。表内の価格は「1ドル=105円」で換算したものです

個人プラン(1password)の場合、月額300円以下で利用できる計算になります。

機能制限はないの?

機能制限はありません。

1Password公式で契約した場合と同様に、普通に有料版の機能・サービスを利用することが可能です。

現在 利用中でも使用できる?

使用自体は可能ですが、現在利用中のアカウントをそのまま継続利用することはできません。

現在、月額・年額利用中の場合は、新規にアカウントを作成する必要があります。

これまで利用していたアカウントのIDやパスワードは、エクスポート&インポート機能を使って引き継いで利用する形になります。

期間終了後のデータの扱いは?

期間が終わると新たなパスワードの登録はできなくなります。ただし すでに登録されたパスワードの利用は続けられます。

まとめ

というわけで「1Password 3年版」を購入する際に知っておきたいポイントのまとめでした。

※「1Password 3年版」についてもっと詳しく知りたい方はコチラで確認できます。icon

「1Password 3年版」を購入する

「1Password 3年版」は↓こちらから購入できます。icon

iconicon

関連する記事

ソースネクストからは、「Evernote(エバーノート)」や「Drobox(ドロップボックス)」の長期ライセンスパックも発売されています。

いずれもお得な価格設定になっているので、興味がある方は 合わせて以下の記事もお読みください。

ソースネクスト「Dropbox Plus3年版」購入時の注意点と感想【2019年版】

2016/05/31

本当にお得!? Evernoteプレミアムパック購入時の注意点【2019年版】

2016/05/17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です