【iTunes】楽曲データの保存先を変更する方法 ※既存ファイルも含めて移行

ヘッダ画像:iTunes

こんにちは、管理人の高田です(プロフィール)。

iTunesアプリを使って、CDなどから楽曲をパソコンに取り込んだ場合、楽曲ファイルの保存先は、デフォルト(初期状態)では「C」ドライブの既定の場所になっています。

しかし、Cドライブは OSやアプリの基幹ファイルが格納される場所でもあるため、楽曲ファイルを保管するスペースとしては あまり好ましくありません。

そこで、楽曲の保存先を、外付けHDDなど Cドライブ以外に変更する方法をメモしておきます。

既存の保存場所(Cドライブ)に、ある程度 音楽ファイルが保存されていることを前提に、これらの既存ファイルも含めて、新しい保存先に移行する方法を紹介します。

管理人より
この記事で扱っているのは「楽曲ファイル」の保存先の変更方法です。iTunesを使った「iphoneのバックアップデータ」の保存先を変更する方法はコチラの記事で紹介しています。

これまでの保存場所を確認する

まず、これまでの楽曲ファイルの保存場所を確認します。

MEMO

特に設定をしない場合、楽曲ファイルは 「C:Users(ユーザー名)MusiciTunesiTunes Media」に保存されているはずですが、念のため確認しておきましょう。

iTunesアプリを起動し「編集 > 環境設定」をクリック。

「詳細環境設定」ウィンドウの「詳細」タブを開くと、「iTunes Media フォルダの場所」項目に、現在のファイルの保存場所が表示されます。

この場所を覚えておいてください。

新しい保存場所に変更する

続いて、楽曲ファイルの保存場所を変更していきましょう。

既存の楽曲ファイルが無い場合

iTunesをインストールしたばかりで、まだPC内に楽曲データを取り込んでいない場合は、「詳細環境設定」ウィンドウの「詳細」タブ「iTunes Media フォルダの場所」項目で「変更」をクリックし、新しい保存先を設定すればOKです。この記事では、既にこれまでの保存先(Cドライブ)に、いくつかの楽曲ファイルが存在するものとして説明をすすめます。

iTunesアプリを終了する

まず、iTunesアプリを起動している場合は、一旦、アプリを終了します(ココ大事)。

既存ファイルを移動する

続いて、これまでの保存先にある「iTunes」フォルダを、新しい保存先に移動(コピー&ペースト)します。※フォルダごと移動します

新しい保存先への移動が終わったら、これまでの保存先にある「iTunes」フォルダを「iTunes_OLD」と名称変更します。

管理人より
これまでの保存先にある「iTunes」フォルダは 後で削除しますが、何かあった場合にやり直しがきくように、この段階では、ひとまずフォルダの名称を変更するだけにします。

参照ライブラリを変更する

データの移動が終わったら「Shift キー」を押しながら、iTunesアプリのアイコンをクリックします。

「iTunesライブラリを選択」のウィンドウが表示されたら「ライブラリを選択」ボタンをクリック…

新しい保存先に移動した「iTunes」フォルダを開き、中にある「iTunes Library.itl」を選択し「開く」をクリック。

iTumesが起動します。

変更できたか確認する

以上で、保存場所の変更作業は終了です。無事に出来たか確認してみましょう。

「詳細環境設定」ウィンドウの「詳細」タブを開くと、「iTunes Media フォルダの場所」項目に、新しいファイルの保存場所が表示されていれば成功です。

以上です。

無事にデータの移行が確認できたら、これまでの保存先の「iTunes」フォルダ(iTunes_OLD と名称変更したもの)を削除します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です