映画 『2001年宇宙の旅』の感想!遙か昔に見上げた未来

不朽の名作を再見

“SF映画”という枠組みを越えて「不朽の名作」としての誉れ高い本作品。 

created by Rinker
¥1,500 (2020/09/29 13:36:06時点 Amazon調べ-詳細)

学生時代に1度見ているはずなんですが、内容をまったく覚えていない。

宇宙船のコンピュータが自我を持って危険になったんで スイッチを切る話 くらいの情報しか頭に残っていません。

冒頭のゴリラ(ヒトザルっていうの?)が骨を投げて宇宙船に繋がるくだりとかは有名な部分だから もちろん知っているんだけども、「自分が観た記憶」というよりは、誰かが見て”あれは凄かった”とかいってるのを聞いたり読んだりした方の記憶が強いという…

衝撃の事実が判明

で、昨日。

以前何の気なしにテレビ放送を録画していたものを、暇をもてあまして見始めたんですが、碌な記憶がなかった理由が判明しました。

本当に「宇宙船のコンピュータ(HAL)が自我を持って危険になったんで、スイッチを切る」っていうだけの話だった・・・

しかも、昨今のSFアクションなんかと違って「2転3転して手に汗握る!」とかいう展開も一切なし。

おぼろげにモノリスのエピソードと、HALのエピソードがある以外は、基本的に「宇宙船(=未来)ってこうなってるよ」描写が延々続くという大胆さ。

“ふわふわ浮かんだペンをつかむ”とか、”宇宙食はストローで摂取しますよ”とか、”無重力だから船内を1回転できちゃいますよ”とか、教科書のような折り目正しさで宇宙空間を丁寧に描写。

みごとなまでの裏づけのない自信

凄いと思うのは ストーリーだけ取り出せば30分程度で十分じゃないかというこの作品を 「休憩」まで挟んで約2時間半ちかくも長々ひっぱれてしまえる巨匠・キューブリックのよくわからない自信ですね。

大胆不敵というか。

“小賢しいテクニック抜きで、キチンと見てもらいます”っていう感じがして好感がもてますね。

なんか上から目線で貶しているようですが、正直とても面白かったです。自分でキューブリック特集を組んで観ようかと思いました。

created by Rinker
¥1,500 (2020/09/29 13:36:06時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です