【PC廃棄方法】ソニー製の旧VAIO(PCG52E3)を処分した際の記録

ヘッダ:etc2

長い間押入れの奥にしまいこんでいたノートパソコンを廃棄することにしました。

ソニー製の「VAIO(PCG52E3)」という製品です。はっきりとは覚えていませんが、たしか2003年前後に中古で購入したはず。ネットで検索しても、もはや情報がほとんどでてきません。

OSは「Windows98SE」で、秋葉原の中古屋さん購入した際には バッテリーが付属していませんでした。なので ノートなのに持ち歩きはせず、もっぱら事務所で常にAC電源で使用していました。

vaio_003

ソニーお得意のジョグダイヤルが懐かしい(1度も使いませんでしたが)。

処分が面倒な人にはPC専門買取がおすすめ!

廃棄PCを引き取ってくれる業者もありますので、検討してみてもよいかもしれません(ジャンク品パソコン買取ドットコム)。

\ 買取査定は無料!365日受付! /

※サービスの詳細はコチラで確認できます

パソコンを廃棄するまでの流れ

以下では、わたしが今回の廃棄時の手続きの流れに従いながら、折々で疑問に感じたポイントを解説していきます。

「製造メーカーが引き取る」のが基本

使用済みになったパソコンは、基本的に、製造したメーカーが引き取ることになっています。

「住んでいる自治体」や「販売店(購入したお店)」では引き取ってくれないので注意が必要です。以下のページ(一般社団法人 パソコン3R推進協会)には、製造メーカ各社の連絡先がまとまっています。

モニターは別扱いのケースもあるので注意!

ちょっと注意したいのが、「パソコン本体」と「モニター」が別メーカの場合は それぞれに連絡が必要だという点。

例えば、マウスコンピュータのような、製造&販売を行っているショップで購入した場合、セットで購入していてもPCと液晶モニタのメーカが異なる場合があります。別件で廃棄したPCがまさにこのパターンでした。PCはマウスコンピュータ。液晶モニタはベンQにそれぞれ廃棄を依頼しました。

また、廃棄PCを引き取ってくれる業者もありますので、検討してみてもよいかもしれません(ジャンク品パソコン買取ドットコム)。

\ 買取査定は無料!365日受付! /

※サービスの詳細はコチラで確認できます

旧VAIOは「ソニーマーケティング」が対応

今回 わたしが廃棄する「VAIO」というパソコンは、かつてソニーから発売されていた製品ですが、その後、ソニーの業績悪化などのアオリを受ける形で、現在では、VAIO株式会社という別会社が製造を行っています。 

名前が「VAIO株式会社」なので勘違いしてしまいそうですが、こちらはソニーとは関係のない別会社です。

VAIO株式会社の公式ページで、ソニー時代の製品の扱いを調べたところ「ソニー株式会社製VAIOのサポートは、ソニーマーケティング株式会社が引き続きご提供します」とのこと。

PCと一緒に廃棄できるもの

AC電源ケーブルや、キーボードは一緒に捨てられるようですが、ただし以下のものは一緒に廃棄できません(*詳細な内容は各メーカに問い合わせてください)。

  • 他社製のパソコン、 ディスプレイ
  • プリンタ、スキャナ等の別売周辺機器
  • ワープロ専用機、PDA、HDDビデオレコーダー
  • 取扱説明書/マニュアル
  • フロッピーディスク、CD-ROM など

廃棄料金は「0 ~ 4,000円」

「PCリサイクルマーク」があったら無料
vaio_004

まず2003年10月以降に発売されたパソコンには、基本的に以下のような「PCリサイクルマーク」が付いており、このマークがあるPCの廃棄には料金は発生しません(つまり無料)。

「PCリサイクルマーク」が無い場合は有料

ただし、わたしのように2003年10月以前に発売されたモデルには「PCリサイクルマーク」が付いていません。以下では、ソニーの場合の廃棄料金を紹介しておきます。

・ノートパソコン、液晶ディスプレー一体型PC = 3,300円(税込)
・デスクトップPC(本体のみ)= 3,300円(税込)※液晶モニタは別途3,300円(税込)
・ブラウン管ディスプレー、ブラウン管一体型PC = 4,400円(税込)

上記はあくまでソニーの例ですが、他のメーカや、発売メーカが倒産した場合、自作パソコンだった場合も、ほぼ同様と思います。また、送料は上記料金に含まれます。

具体的な廃棄の流れ

メーカによって対応が異なるようですが、ソニーの場合は WEB申請&料金の支払い後に、郵送で「エコゆうぱっく」の伝票が送られてきました。

vaio_005

これを、自分で梱包したPCに貼り付けて、郵便局に持ち込むか、集荷を依頼します(*コンビニ、簡易郵便局は不可)。

vaio_006

ちなみに、これとは別にマウスコンピュータの廃棄を行った際には、自分で梱包後、佐川急便が引き取りに着てくれました。実際の廃棄にあたってはPC内のデータを確実に消去しておきましょう。

処分が面倒な人にはPC専門買取がおすすめ!

廃棄PCを引き取ってくれる業者もありますので、検討してみてもよいかもしれません(ジャンク品パソコン買取ドットコム)。

\ 買取査定は無料!365日受付! /

※サービスの詳細はコチラで確認できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です