どちらがお得!? amazonとhonto(ホント)を比較してみた

わたしは普段のネット通販はもっぱらAmazon(アマゾン)を利用しています。

特に不便もなく利用してきましたが、この度遅ればせながら「電子書籍」というものを購入してみようと思い立ち、あれこれネットで調べていたところ書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】という国内サービスがあることを知りました。

amazon(アマゾン)とhonto(ホント)。

電子書籍(および一般書籍)の購入という用途に限定すればどちらも似たようなサービスなのですが、それぞれにどのような特徴があるのか気になったので、色々と調べてみることにしました。

そもそもhontoってなに?

honto(ホント)とは書籍販売をメインに据えたショッピング・サイトです。

一般書籍の通販と、電子書籍のダウンロード販売がメインで、他にDVDや文具なども扱っています。

最大の特徴は、豊富なポイント・サービス。

サイト内での買い物には、100円に付き1ポイントが付与される仕組みになっており、これは1ポイント=1円として利用が可能です。

サイト内では、通常のポイント付与に加えて随時ポイント倍増キャンペーンなどが行われているため、基本的に割引などが行われない一般書籍をお得に購入することができます。

また、運営会社が「大日本印刷、丸善、NTTドコモ」ということもあり、ネット店舗とリアル店舗との連携も特徴。

上述のポイントは、提携したリアル店舗でも使用できるため、ネット購入で貯めたポイントを近所の提携書店で使用することができ、また逆にリアル店舗で書籍を購入した際にもポイントが付与されます。

hont_008

カードは、hontoポイントに対応した提携書店で無料でもらうことができます。

amazonとhontoを比較してみる

さて、そのhontoと、わたしが普段利用しているamazonの違いについて色々と調べてみました。

書籍以外も一緒に購入するならamazonが便利!

書籍、DVDなどをはじめ家電、PC機器、雑貨などを扱う総合型通販サイトamazonに対して、hontoのメインはあくまで一般書籍と電子書籍になります。

そのためhontoでは「PCソフトを購入して解説書を同時に購入・・・」といったことはできません。

Hontoなら一般書籍の購入にポイントが付く!

基本的にネット通販であれリアル書店であれ、一般書籍は再販売価格維持制度が存在するため、定価から割引をして販売をすることができません(※電子書籍は可能)。

ですから、紙の書籍は hontoでもamazonでも同額の定価販売となっています。

しかし hontoには 独自のポイントサービスがあります。

これは 購入額100円につき1ポイントが付与されるもので、実施的に「1%引き」のかたちで紙の書籍が購入できてしまうわけです。

hontoサイトでは 随時ポイント倍増キャンペーンが行われているので、タイミング次第では かなりお得に購入することも可能です。

一応 アマゾンにも「アマゾンポイント」というポイントサービスはあるのですが、対象商品がけっこう限られています。

hontoでは全ての書籍がポイントの対象になるのでお得です(*1)。

※1:CD、DVD、文具、洋書、ゲーム、カフェ、メガネ、絵画、図書カード、金券類、宅配受付、検定受付などはポイント対象外です。

送料については流動的だが・・・

送料に関しては 変動も多いのですが2017年6月現在は 以下のようになっています(※1)。

  • 購入額が1500円以上の場合・・・アマゾンは送料無料! hontoは250円
  • 購入額が1500円以上の場合・・・アマゾンもhontoも送料無料!

アマゾンでは、書籍に関しては「送料無料」を貫いていますので、1500円未満の新刊書であればお得に購入できます。

ただ hontoも頻繁に「送料無料キャンペーン」を行っていますので、送料だけで比べた場合、両者の違いはそれほど大きいものではないともいえます。

配送料に関しては、別に記事を書いていますので、そちらも合わせてお読みください。

書籍限定でamazonとhontoの国内配送料を比較してみた

2017.06.28
※1:ここでは 古本を扱っているマーケットプレイスでの購入は考慮していません。

電子書籍の価格動向はキャンペーンがカギ!

続いて 電子書籍の価格を比較してみましょう。

先述のように 電子書籍には再販価格制度がありませんので 販売者が独自に価格を設定することができます。

下の表は 私が適当に選んだ電子書籍のタイトルを価格比較したものです(※2014年2月現在の価格です)。

honto_003

全ての電子書籍を比較したわけではないので、あくまで参考例に関していえば・・・と前置きしたうえでいいますと、同一タイトルであれば、ややamazonの方が安くなる傾向にあるようです(※ここではポイントを割引として換算しています)。

この場合、単純な合計額ではポイント分を考慮しても、まだamazonの方が割安ですね。

お得なキャンペーン情報を見逃すな!

しかし、ここで忘れてはいけないのが hontoで頻繁に開催されているポイント倍増キャンペーンの存在。

honto_004

上画像は、2014年2月に行われたキャンペーンの内容です。

購入金額に応じてポイントが増加する仕組みになっており、3000円以上の購入でなんと600pt(=600円相当)ものポイントが付与されます。

では 先に参考例として取りあげた電子書籍を、このキャンペーン適用で購入するとどうなるでしょうか?

honto_002

hontoの方が300円程度お得に買えてしまいます!

hontoでは随時この手の大判振る舞いキャンペーンをしていますので、電子書籍の購入時には是非一度サイトを訪れて確認しておきたいところです。

hontoの現在のキャンペーン開催状況は以下から確認できます↓

honto 最大の特徴はリアル書店との連携!

hont_009

わたし的にはamazonにはないhonto最大の特徴が このリアル書店との連携だと思っています。

hontoポイントは ネット内だけでなくリアル書店でも利用できますし、逆にリアル書店で買い物した場合にも、ポイントが付与されます。

これは、わたしのように「たまにネット通販でも購入するけど、普段は近所のリアル本屋さんで書籍を購入する」という層には、うれしいサービスですね。

honto店舗情報 – hontoポイントサービス実施店舗/hontoギフト販売店舗一覧

hontoポイントとギフトチケット販売を実施している店舗一覧。honto店舗情報は丸善、ジュンク堂、文教堂の書店情報サイト。書店ランキング、諸店員の書評・レビューなど書籍に関する充実コンテンツも満載。

honto利用時に注意したい4つのポイント!

実際にhontoを利用して、一般書籍&電子書籍を購入してみましたが、いくつか気になる点もありました。

(1)電子書籍と通販書籍の決済が別々

電子書籍とネット通販の一般書籍の決済画面が別々なのが不便ですね。

下の画像のように、そもそも一般書籍(通販商品)と、電子書籍は別の買い物カゴになっています。

honto_007

これはhontoに限らず、アマゾンや楽天ブックスも同様のシステムになっているので、なにか決まりのようなものがあるんだと思います。

ただ「電子書籍とネット通販とのハイブリッド」を謳うhontoには、ぜひともこの辺を改良して欲しいところ。激しく面倒くさいです。

(2) iPhone/iPad版アプリから電子書籍が購入できない

iPhoneやiPadでhontoアプリを利用しようと考えている方は、ちょっと注意。

iPhoneやiPadなどのApple系端末の場合、アプリから直接hontoサイトへ飛ぶことができません。

そのためアプリから 直接、電子書籍を購入することができないのです。

Appleの方針でアプリからitunesの決済機能を使用せずクレジットカードなどでお買い物をするウェブサイトへの直接リンクを禁止するようになり、kindleなどでもアプリからサイトへのリンクボタンを削除しています。(OKWEBのQ&Aより)

なんじゃそりゃ~!!

つまり、原因はhontoの問題ではなくアップルの仕様・・・

たしかに、アンドロイド版では左上に「STORE」ボタンがあり、おそらくここから購入ページに飛べるようになっている模様。

honto_005

要するに、iPhoneやipadでは、hontoアプリはただの閲覧ツール/リーダーとしてしか使えないということですね。

書籍の購入は別途、サファリなどのブラウザでhonto公式サイトから行う必要があるようです。

まあ、アップルが決めたルールなのでhontoに改善を求めるのは筋違いなのですが、なんとかならないもんかな~。

(3) ポイントが利用できるリアル実店舗の数が少ない!

これはぜひともhontoに頑張って欲しいポイント!

hontoでは、通販や電子書籍などのネット店舗とともに、丸善やジュンク堂、文教堂などのリアル店舗(実際の町の書店)との提携をウリのひとつにしています。

ネットで電子書籍や紙の書籍を購入して付与されたポイントを、町の本屋さんでも利用することができるわけです。

基本的に値引きなどのない書籍販売において、このポイントサービスは確かにお得で、hontoを利用する際の最大の魅力ともいえるでしょう。

hont_010

しかし、hontoポイントが使えるリアル書店の数に関して注意が必要です。

ジュンク堂、丸善、文教堂などのhonto提携書店であっても ポイントが利用できる店舗と 利用できない店舗がある

honto提携書店(=ジュンク堂、丸善、文教堂)が、全国で展開している店舗数は2017年6月現在で276店

そのうち、実際にhontoポイントが利用できるのは192店舗です(※7割弱)。

実はこの私、上記の事情を知らずにポイントサービス未対応の実店舗に出かけて寂しい思いをしてしまいました(トホホ)。

hont_012

hontoポイントに対応しているお店はコチラで確認できます。

(4) マイ本棚の機能がやや貧弱・・・

hontoでは 購入した本をクラウド上で一括で管理できる「マイ本棚」というサービスがあります。

これはネットからの購入に限らず、リアル書店で買った本の履歴とかも分かるのでちょっと便利。

ちなみに、実際に本を購入しなくてもHontoサイト内の商品ページで評価をつければ、その書籍がマイ本棚に追加されます。

以下はPC版のマイ本棚の様子。

honto_tana_002

左から、購入せずに評価だけしたもの、Hontoサイトから通販で購入した一般書籍、電子書籍、そしてリアル書店で購入した一般書籍です。

ところが 例によってスマホ(iPhone)版に問題が・・・

honto_tana_001

電子書籍しか反映されてね~(アンドロイド版がどうなのかは不明)!

手軽にサクッと本棚確認したい時に、スマホでマイ本棚を見れるとうれしいんだけどな~。

まとめ

以上 hontoの機能などを調べてみました。

amazonとの比較で考えると、以下のようにまとめられるかと思います。

  • 書籍の他に、家電やPC機器、雑貨などを同時購入する場合はamazonを利用する
  • 一般書籍の購入に関しては常時 送料無料のamazonがお得だが、hontoで送料無料キャンペーンを行っている場合にはポイントサービスを考慮してhontoがお得になることも
  • 電子書籍の購入に関しては、通常時であればamazonの方が比較的安い傾向にあるが、ポイントキャンペーンなどを考慮すると、特に一括大量購入の際にはhontoがお得になることも
  • hontoポイントは提携したリアル書店でも使いまわせるので「たまにネット購入もするけど、基本はリアル書店で購入することが多い」といった人には便利でお得

上述のようにどちらのサイトにも便利&お得な点があるので、キャンペーン情報など小まめにチェックして、今後は両サイトをうまく活用していきたいと思いますね。

hontoで紙&電子書籍を購入する方は 以下のリンクからどうぞ↓。

6 件のコメント

  • amazonとhontoの決定的な違いは、新刊本が即時にリリースされるか否かにあります。雑誌、NHKテキスト、会社情報(四季報)など、購入時期が発売日であることが求められるものについて、hontoではほとんど対応できていません。発売から1週間たってもリリースされないものも多く、「使えない店舗」と強く感じているところです。既刊本についてはポイント等の関係から利用してはいますが、誤って電子書籍を購入したり、また誤って購入した場合の返本方法も今もって不明なので、不要な書籍を買うことにもなっており、クーポンやポイントで獲得したほどには得をしていないようなので、そろそろ利用を取りやめようかと考えています。

    • 貴重な情報ありがとうございます。
      おっしゃるとおり、現状、使い勝手がよくないポイントが目立ちますね・・・

  • はじめまして。記事拝見いたしました。Hontoについてこちらに記載されているすべてのサービスを使ったことがあるわけではありませんが、個人的に一押し、他店ではほぼ見かけないサービスがあります。
    それがHontoのフィルムコートです。
    お気に入りの本や、絶対に手元に残しておきたい本などを120円/冊で図書館の蔵書のようにしてくれます。
    カバーをしてフィルムコート、帯はフィルムの上にかけて送ってきます。
    Hontoの前身BK1のときからのサービスで、これはさらにBK1の母体であった図書館流通サービスならではの着眼点と人的資源あればこそだと思います。
    目先の便利さ、安さだけでなく多様な買い方やサービスを担保するためにも、Hontoだけはなくなってもらっては困ります。
    一緒に御贔屓筋になりましょうw

    • 貴重な情報をありがとうございます。
      フィルムコートのサービスは知りませんでしたが、なかなか良さそうですね。
      今度試してみたいと思います!

  • 2017年7月も基本的に同じです。電子書籍を購入する場合は、Amazonとhontoのセールを使い分けます。

    • コメントありがとございます。
      私は しばらくhontoを利用していなかったんですが、honto対応店が増えたこともあって、最近また利用するようになってきました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です