Style Athleteを使用した感想と購入時の注意点

普段は 1日に9時間ほど座りっぱなしのデスクワーカーで、腰痛持ちの私。

2年ほど前から、姿勢サポートシート「Backjoy(バックジョイ)」を愛用し(参考/腰痛持ちの救世主!? Backjoy(バックジョイ)を8ヶ月間使用した感想)、夏場に激しく蒸れる以外には特に不満も無く過ごしてきたのですが、先日所用で出かけた東急ハンズで、気になる競合製品を発見しました。

それがこちら、MTGという会社から発売されている「Style Athlete(スタイルアスリート) 」です。

style_001

MTGからは「Body Make Seat Style」という製品をベースに、大きささやデザイン、材質などが異なる姿勢サポートシートのラインナップが数種類発売されているのですが、このStyle Athlete(スタイル アスリート)もそのうちのひとつ。

東急ハンズの売り場には、Styleファミリーの製品が全て揃っていたので、ひととおり全部試し座りしてみましたが、その中で、もっともしっくりきたのが「Style Athlete(スタイル アスリート)」でした。

前述のように、現状、バックジョイには全く不満を感じておらず、また実は当日バックジョイ「リリーフグリップ」を購入する気満々だったりもしたのですが、当日は年に1度のハンズメッセ(バーゲンセール)だったこともあり、「せっかくだし 違うやつも試してみるか・・・」と、その場で即、Style Athlete(スタイル アスリート)を購入いたしました。

Style Athleteの特徴

そもそも「Athlete」を含むStyleファミリーは、カイロプラクティックの技術をヒントに製作された姿勢サポートシートで、「カイロプラクターの手を再現するために生まれた」という独特の流線型デザインが特徴です。

Body Make Seat Style(ボディメイクシート スタイル)
MTG(エムティージー) Body Make Seat Style(ボディメイクシート スタイル) レッド

Style PREMIUM(スタイルプレミアム)
MTG(エムティージー) Style PREMIUM(スタイルプレミアム) BS-PR2004F-B ブラウン

Style Butterfly(スタイルバタフライ)
MTG(エムティージー) Style Butterfly(スタイルバタフライ) BS-BF2005F

Style Kids
MTG(エムティージー) Style Kids L(スタイルキッズ L) BS-KL1941F

中でも一際異彩を放つデザインの「Athlete(アスリート)」は、その名のとおり、米田功さん、村主章枝さんといったトップアスリートと一緒に共同開発された製品。

MTG(エムティージー) Style Athlete(スタイルアスリート) BS-AT2006F
MTG(エムティージー) Style Athlete(スタイルアスリート) BS-AT2006F

MTG公式サイトの説明によると「独自の機能と設計で、正しい骨格の位置を意識し 正しい姿勢を記憶させ」てくれるとのこと。

購入時の注意点

購入を検討している人は以下の点に注意しましょう。

★ヒップ110cm以上だと 効果があまり期待できない(参考:ヒップサイズの測り方)
★説明書によると、以下のような状況では使用しないでください、とのこと。
・背もたれのない椅子、不安定な椅子・座面が製品(横幅:約42cm x 奥行き:約38cm)より小さい椅子・座ると著しく沈む椅子やソファ・車や電車、飛行機などの乗り物の座席(*1)・座ったときに足が地面に付かない椅子*1:自動車内で使用したい方は「Style Drive(スタイルドライブ)」という製品がおすすめです

また、床での使用も可能なようですが、説明書によると「ダイニングチェア、座面が固めで沈み込みにくいソファ、オフィスチェアの上での使用がおすすめ」となっています。

商品の外観

で、買ってきたのがこちら(色はブライトグリーン)。

style_002

商品は メッシュ地のバッグにはいって売られています。 持ち運びに便利ですね。

ただ 商品自体がでかいので、もし会社などで使う前提なのであれば、通販で購入して、そちらに配達してもらった方うが良いと思います。

私は「東急ハンズ→自宅→会社」と手持ちで電車移動しましたが、結構かさばってシンドイ思いをしました(重さは大したことありませんでしたが)。

で、袋から取り出してみるとこんな感じ。

style_003

近未来を思わせるなかなかゴツイ容姿ですが、実はこのデザインこそがこの商品の要。

10個に分割されたブロックが、それぞれ腰周りの各部位に対応しており、使用者に正しい体の位置を意識させてくれる仕組になっています。

特に、特徴的なのが「仙骨」を意識させてくれるという、商品ロゴ上の出っ張り。
ここだけベース面から2~3cmほど隆起しています。

style_004

「仙骨」というのは、ちょうどお尻の割れ目のあたりの骨のことで、出っ張りがここにあたるように座ることで、背骨と骨盤の安定感が高まるのだそうです。

黒いベース部分の材質は「ポリプロピレン(硬いプラスチック)」。
蛍光グリーンのブロック部分は、中身が「ウレタン(スポンジの固いヤツ)」で、表面は「ポリエステル(ジャージとかの素材)」。

style_005

裏返すとこんな感じです。

style_006

高さは、1.5リットルのペットボトルよりちょっと高いくらい。

style_009

私が実際に商品を図ってみたところ「高さ:約33cm、奥行き:約38cm、横幅:約42cm」とった感じでした。

実際に座ってみた感想

ということで 実際に使用してみての感想です。
私の場合、会社の事務椅子の上に置いて使用しています。

後ろから手を添えられているような感覚

座ってみて真っ先に思ったのがコレ。

「いい姿勢はココだよ」と、誰かに後ろから腰の両脇を支えてもらっているような感じですね。

style_008

腰を左右にズラした時にも、サイドの腰周りの部分がフィットしたままで追随するので(不思議な感覚)、極端な姿勢の崩れには至らない感じです。

膝の角度90度がベストポジション

説明書にも記載がありますが、膝が90度になる状態で座らないと効果がうまく出ていない感じがします。

初め膝が広がった状態(椅子の位置が低い状態)で使用していたのですが、イマイチだったので、椅子の高さを調整してみました。

・・・なので、高さを調整できないタイプの椅子で使用するのは、あんまりよろしくないかもしれません。

良い姿勢を「意識させる」シート

公式サイトの紹介文に「カイロプラクティックの理論に基づいた独自の機能と設計で、正しい骨格の位置を意識し 正しい姿勢を記憶させる」というくだりがあるのですが、商品の特徴をうまく表現していると思います。

要するに、Style Athlete(スタイル アスリート)本体が、直接 体を良い姿勢に矯正してくれるわけではなくて、使用者の頭に「いい姿勢を保たなきゃ」と意識させるきっかけを作っている・・・という感じですね。

乱暴な例えをすると 「椅子の背もたれに画鋲を仕込んでおいたら、痛い思いをするのが嫌だから、自然と姿勢がまっすぐになるよね」という、そういう発想ですね。

もちろんStyle Athlete(スタイル アスリート) の場合、画鋲のように痛い思いをするわけではありませんが、10個のブロック・・・とりわけ仙骨部分の出っ張りが体に当ることで、自分の「良い姿勢」を自然と意識するようになります。

気になった点

いいところだけでなく、気になった部分もありました。

パンツの生地によってはスベる

お尻と接する部分の生地が「ポリエステル100%」ということで、パンツ(ズボン)の材質によっては結構、滑ります。

もちろん「滑る」といっても、ツルツルして座れないとか、そこまでの話ではありません。

「ここがいい姿勢!」と思って座ったポイントが、ゆっくりゆっくり時間をかけて数ミリづつずれていくような感じ・・・

数ミリだったらいいじゃん!と思う方もいるでしょうが、「びみょ~に滑ってるな・・・」と思いながら座り続けるのって それなりにストレスです。

東急ハンズのおねえさんに「滑る場合はタオルを1枚敷くといいです」と教えてもらったので試してみたら、大分改善されました。

滑り止めシートがおすすめ!

(※2016年10月追記) その後、100円ショップなどで売っている「滑り止めシート」を敷いてみたところ、グリップ感がアップして激しく快適になりました!

style_050

タオルよりも薄手なので、座り心地にもほとんど影響がありませんので、滑りが気になる方はおすすめです。

夏には 蒸れる・・・

以前、愛用していたBackjoy(バックジョイ)ジョイの時も書いたのですが、この手の商品に共通の欠点として「夏場に蒸れてしまう」ってのがあって、残念ながら「Style Athlete(スタイル アスリート)」も、そこは一緒でした。

購入したのが8月の終わりで、一応 エアコンの効いた室内で使用したのですが、しばらく座っていると、お尻部分がしっとりしてきます。製品の性質上、穴を開けたりはできないんでしょうが、もう少し蒸れ対策を考えて欲しかったところ。

まあ、私のように 毎日、長時間座り続けるような使い方でなければあまり気にならないのかな?とは思いますが・・・

丸洗いや除菌スプレーは不可

また「丸洗い不可」で「除菌・消臭スプレーなどの使用も不可」とのことなので、衛生面でちょっと心配な感じはあります(シミになるおそれがあるので、除菌・消臭スプレー、衣類・布用品用消臭剤は使用しないでください・・・とのこと)。

「ファブリーズ」とか使えると嬉しいのにな~。

製品の洗い方は?

製品を洗う場合は以下のようにするとよいそうです。

(1) 汚れが付着した場合は、3~5%に希釈した中性洗剤液に浸した布をよく絞り、優しく叩くように汚れをふき取る(2) その後、水もしくはぬるま湯に浸してかたく絞った布で叩くように拭き、風通しの良い日陰で自然乾燥させる

まとめ

気になる効果のほどですが、この2ヶ月ほど 事務椅子に直座りし、腰周りにイヤ~な「張り」が生じていたのですが、それが無くなりました。

アレコレ文句も言いましたが、なかなか悪くない感じです。

腰周りの両脇をそっと手で支えられているような独特の感覚は、本当に不思議ですね。

まあ、長く使ってみないと分からないことも多いと思うので、気になった部分は、今後もその都度この記事に追記していこうと思っています。

MTG(エムティージー) Style Athlete(スタイルアスリート) BS-AT2006F
MTG(エムティージー) Style Athlete(スタイルアスリート) BS-AT2006F

※以上の記事はあくまで私の個人的な感想です。商品の詳細に関してはスタイルアスリート公式ショップで内容を確認してください。

Athlete

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

腰痛持ちの救世主!? Backjoy(バックジョイ)を8ヶ月間使用した感想

この記事では、着座時の姿勢サポートシート「Backjoy(バックジョイ)」を愛用するこの私が、購入時

エアー(送風)クッションでお尻の蒸れを回避する! 購入後のガチな感想 

座り仕事がメインの私にとって、夏場は"お尻の蒸れ"との孤独な戦いでもあります。

足元の冷え解消!足温グッズレビュー(1) デュアルヒータースリッパ

デスクワークの際の足元の冷えを解消すべく、あれこれ模索しているうちに いつの間にか数種類の足温グッズ

Backjoy グリップ&テックジェル 新顔2つを試した感想

今から2年ほど前に「腰痛持ちの救世主!? Backjoy(バックジョイ)を8ヶ月間使用した感想」とい

Backjoy(バックジョイ)をレンタルしてみた! 注文から返却までの流れと個人的な感想

以前、別の記事にも書きましたが(腰痛持ちの救世主!? Backjoy"バックジョイ&q

足元の冷えを解消!デスクワーカーにおすすめの足温グッズまとめ!

日がな一日座り続けで作業をしていると、血流が悪くなるのか、足元(つま先からカカトにかけて)が冷えてし

Backjoy(バックジョイ)の価格を比較! 安く買えるのはどこ?

この記事では Backjoy(バックジョイ)の購入を考えている方のために、ネットショップにおけるの価

足元の冷え解消!足温グッズレビュー(3) ホットマルチヒーター

デスクワークの際の足元の冷えを解消すべく、あれこれ模索しているうちに いつの間にか数種類の足温グッズ

足元の冷え解消!足温グッズレビュー(2) 山形電気あんか*参考

デスクワークの際の足元の冷えを解消すべく、あれこれ模索しているうちに いつの間にか数種類の足温グッズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

足元の冷えを解消!デスクワーカーにおすすめの足温グッズまとめ!

日がな一日座り続けで作業をしていると、血流が悪くなるのか、足元(つま先

足元の冷え解消!足温グッズレビュー(3) ホットマルチヒーター

デスクワークの際の足元の冷えを解消すべく、あれこれ模索しているうちに

足元の冷え解消!足温グッズレビュー(2) 山形電気あんか*参考

デスクワークの際の足元の冷えを解消すべく、あれこれ模索しているうちに

足元の冷え解消!足温グッズレビュー(1) デュアルヒータースリッパ

デスクワークの際の足元の冷えを解消すべく、あれこれ模索しているうちに

掃除機にペットボトルの蓋が詰まってしまった場合の対処方法

部屋を掃除していたところ、掃除機でペットボトルのフタを吸い込んでしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑