腰痛持ちの救世主!?「Backjoy バックジョイ」を3年間使用した感想と気になった点

こんにちは、腰痛番長の高田です(プロフィール)。

昨年末、生まれて初めてギックリ腰を経験しました。

幸い1週間程度で直りましたが、痛みに堪えながらツラツラ考えて愕然としたのは、座り仕事がメインの私にとって「腰痛の慢性化 = 失職の危機」という当たり前の事実。

腰まわりに対するケアの必要性を痛感していたところ、都内のスポーツショップで面白い商品を発見。

Backjoy バックジョイ」という 着座時の姿勢サポートシートです。

独自のカーブで「いい姿勢」をサポート!

使い方は簡単で、普段使っている椅子の上(あるいは床)に、コレを敷いてその上から腰をおろすだけ ※こちらの動画参照

独特のカーブが荷重を分散させ、腰に負担がかからない姿勢をサポートしてくれます。

Backjoy公式ページでは以下のように説明しています。

Backjoy(バックジョイ)は、座った時に一番負担のかかる腰に対し、国際特許を取った独自のフォルムで骨盤を最も負担のかからないポジションにしてくれます。これにより、背骨はよりナチュラルで自然なS字曲線になり、腹筋と背筋のバランスを整え正しい姿勢でより美しく見せることができます。 -公式サイトより-

さっそく 売り場で座ってみたのですが、スッと腰が伸びる感じ。

「これはイイかもしれない!」と早速購入し、その後 8ヶ月ほど継続して愛用しています。 3年ほど愛用することになりました。

そして実際に 腰への負担はグッと減り 座っているのが楽になりました。

「Backjoy バックジョイ」購入前の疑問点

私が Backjoy(バックジョイ)購入前に疑問だったポイントは以下のとおり。

「ポスチャー」と「リリーフ」の違いは?

バックジョイには、大きく「ポスチャー+(プラス)」と「リリーフ グリップ」という2モデルのラインナップがあります。

管理人より
2019年3月より「メディコア」シリーズも発売されています
「ポスチャー+」の特徴
  • 材質的にお尻がズレにくくホールド感が高い
  • 丸洗いができるなど衛生的に優れている
  • 夏場の蒸れがハンパない
「リリーフグリップ」の特徴
  • 軽量で持ち運びしやすい
  • (ポスチャー+に比べて)蒸れにくい
  • 華奢でややホールド感が弱い(管理人の感想)

ポスチャー+は、材質的にお尻がズレにくく、丸洗いができるなど衛生的にも優れているのですが、後述するように、いかんせん夏場の蒸れがハンパない!

また、特に自動車の車内で使用する場合、夏場に締め切った車内に長時間置き去りにした場合、変形の可能性があるそうです。

関連記事 「ポスチャー+(プラス)」と「リリーフ グリップ」の違いについてもっと詳しく知りたい方は↓こちらの記事をご覧ください。

Backjoy「ポスチャー」と「リリーフグリップ」を比較して違いをまとめてみた

「レギュラー」と「ミニ」の違いは?

「ポスチャー+」「リリーフ グリップ」ともに、レギュラーサイズと ミニサイズが用意されています。

選択の基準は「体重」

レギュラーとミニ、どちらを選べばよいかの目安は自身の「体重」です。

  • レギュラー: 体重 60~135kg の方におすすめ
  • ミニ:体重 60kg未満 の方におすすめ

その他の違いは以下の通り。

ポスチャー+ リリーフグリップ
体重の
目安
M:~60kg
L:60~135kg
大きさ M:幅 27.5cm x 奥行 34cm
L:幅 32.5cm x 奥行 38cm
重さ M:400g
L:450g
M:300g
L:368g
新製品「メディコア」なら1サイズでOK!

2019年3月に発売された新モデル「メディコアリリーフ」と「メディコアポスチャー」は、レギュラータイプのみで幅広い体重の方に対応しています(目安体重:50~135kg)。

従来の「ポスチャー」「リリーフ」と比べ、サイズが大きくなった分 ホールド力が増し、さまざまな体型にフィットするようになりました。

「Backjoy バックジョイ」の感想

ということで「Backjoy ポスチャー+」を購入してから8ヶ月 3年が経ちました。

腰の具合は「最高!」の一言

「すげ~楽!買ってよかった!」が 率直な感想。

腰のあたりの突っ張るようなハリがなくなり、座り仕事が本当に快適になりました。

気になった点も・・・

とはいえ、使用しているうちに気になった部分もいくつかあります。

最初は腿が擦れて痛くなる(一時的)

バックジョイはその独特の形状によって、腰にかかる力を分散させています。

膝近くの太ももが、バックジョイの頭の方に当ることで(図1)、腰周りがスッと引き上げられて、背筋が伸びるような仕組(図2)です。

backjoy_05

要するにテコの原理を使って、自分の体重で背筋を伸ばしているわけです。

で、何度か立ったり座ったりを繰り返しているうちに、腿とバックジョイがぶつかる部分あたりが擦れて すこし痛みを感じました(ポスチャー使用時)。

重さで痛むというよりは、慣れない部位への加重で皮膚がコスれて痛む・・・という感じ。

軽度の靴擦れのようなものといったらよいでしょうか?

ただ、数日で慣れますので、継続使用には支障はありません。ご心配なく。

管理人より
その後、リリーフを使用してみましたが、この初期の痛みに関しては、リリーフではほとんど感じられませんでした。
夏には 蒸れる! 蒸れる! ※ポスチャーの場合

とにかく、長く使ってみて一番実感したのがコレ!

お正月に購入してから半年以上快適に利用してきましたが、7月を過ぎたあたりから問題が発生。

蒸れて蒸れて座っていられません!!

エアコンの温度設定の問題もあるでしょうが、ユニクロで買ったメッシュ地の短パンにパンツといういでたちでも、じっとりと汗ばみます。

7月半ば~8月にかけて猛暑が続いたこともあり、遂に使用を断念して、夏の後半はバックジョイ無しで過ごしました(そのため 腰にイヤ~な張りが出てしまいましたが・・・)

ポスチャーは、材質的にも通気性は皆無なので よく汗をかく人は注意が必要かもしれません。

まあ、私のように 毎日、長時間座り続けるような使い方でなければあまり気にならないのかな?とも思いますが・・・

管理人より
夏場に利用するのであれば、リリーフグリップがおすすめです(管理人レビュー)

まとめ

というわけで「Backjoy ポスチャー+」を使用した感想と、購入時の注意点でした。

腰に不安を抱えるデスクワーカーの方には ぜひ一度試して頂きたいですね。

私個人はホールド感の強い「ポスチャー」が一番のお気に入りですが、蒸れを嫌う方には 「リリーフグリップ」をおすすめします。

ポスチャー+を購入する

レギュラーサイズは、以下から購入できます。

ミニサイズは以下から購入できます。

リリーフグリップを購入する

レギュラーサイズは、以下から購入できます。

ミニサイズは以下から購入できます。

メディコアを購入する

メディコア ポスチャーは、以下から購入できます。

メディコア リリーフは、以下から購入できます。

関連する記事

管理人 高田おすすめの姿勢サポートシートは↓こちらの記事をご覧ください。

腰痛持ち必見!おすすめの姿勢サポートシート【2020年版】

また より本格的に姿勢をサポートしてくれる「アーユルチェアー」の記事も書いていますので 合わせてお読みください。

【レビュー】アーユルチェアー(キャスタ付き)を1年間使用した感想と気になった点

そのほか 姿勢サポートシートに関して興味がある方は以下の記事も合わせて読んでみてください。

また 他にもBackjoy(バックジョイ)関連の記事を書いていますので、興味がある方は以下の記事もあわせてお読みください。

Backjoy「ポスチャー」と「リリーフグリップ」を比較して違いをまとめてみた

Backjoy グリップ&テックジェル 新顔2つを試した感想

Backjoy(バックジョイ)をレンタルしてみた!注文から返却までの流れと個人的な感想

Backjoy(バックジョイ)購入前に知っておきたいポイント

腰痛持ちの救世主!?「Backjoy バックジョイ」を3年間使用した感想と気になった点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です