Googleタグマネージャの導入時に最初に行う基本設定

Googleタグマネージャを導入する際に、一番初めに行う基本的な設定の手順をメモしておきます。

既に、タグマネージャのアカウント自体は取得済みであることを前提に、新規に運営サイトを登録し(=コンテナの作成)、Googleアナリティクスと連携させるまでの手順になります。

管理画面の基本構造

具体的な設定手順の紹介の前に、Googleタグマネージャを管理する際の基本的な構造を理解しておきましょう。

タグマネージャは「アカウント>コンテナ」という階層構造を持っています。

アカウントもコンテナも複数作成できるので、具体的にどの要素を「アカウント」に割り当て、また何を「コンテナ」に割り当てるか最初は戸惑うと思います。

基本的には「アカウント=管理する人間ごとに作成」「コンテナ=管理するサイトごとに作成」と考えておけば良いようです。

私の場合(個人で複数サイトを運営)は、1つのアカウントのもとで、複数の「コンテナ」を作成し、この各コンテナに管理サイトをそれぞれ振り分けて管理しています。

具体的な設定の手順

ここでは、既にアカウント自体は取得済みであることとして、運営サイトの登録(=コンテナの作成)から、Googleアナリティクスと連携させるまでの手順を紹介します。

運営サイトの登録(=コンテナの作成)

まずは、運営しているサイトをタグマネージャに登録します。

先述のように、タグマネージャでは「コンテナ」というものを作成し、そこに管理サイトの情報を登録します。
2つのサイトをしているなら2つのコンテナ、10個のサイトを運営しているなら10個のコンテナを作成するわけです。

とりあえず1つのコンテナを作成してみましょう。
タグマネージャにログインしたら「管理」をクリック。

tag_001

「コンテナ」部分の▼(三角)をクリックして「コンテナを作成…」を選択(*下図では既に1つのコンテナが作成済みの状態です)。

tag_002

もしくは、アカウント右側の白丸が縦に3つ並んでいるのをくりっくして「コンテナを作成」をクリック。

tag_003

コンテナの作成画面になったら「コンテナ名」にサイト名(URLなど)を入力し、使用場所「ウェブ」を選択する。

tag_017

すると以下のように、コンテナの画面が現れます。

tag_004

以上で「コンテナ」が作成されました。
複数サイトを運営している場合は、サイトの数だけコンテナを作成しておきましょう。

Googleタグマネージャのスニペットをインストールする

タグマネージャを利用するためには、タグマネージャのスニペットを各サイトに挿入する必要があります。

当該コンテナの画面で、コンテナIDをクリックすると・・・

tag_005

下記のようなコードが表示されます。

tag_006

これを自分のサイトの<body>直後に入れ込みます。

多くの方は、既にGoogleアナリティクスのコードを挿入していることと思いますが、既存のGoogleアナリティクスのコードは削除し、そのかわりにタグマネージャのスニペットを挿入します。

例えば、このブログが利用しているWordPressのテーマ「stinger3」であれば、「外観>テーマの編集」から「ヘッダー(header.php)」を開いて当該部分に差し込みます。

tag_007

以上で、タグの挿入は終了です。
続いて、アナリティクスと、タグマネージャを連動させます。

アナリティクスとタグマネージャを連動させる

続いてGoogleアナリティクスと、タグマネージャを連動させてみます。

タグマネージャに戻り、当該コンテナのサイドメニューから「タグ」を選択。

tag_008

新規ボタンをクリック。

tag_009

1:「プロダクトを選択」でGoogleアナリティクスを選択

tag_010

2:「タグの種類を選択」で「ユニバーサルアナリティクス」を選択

tag_011

3:タグを設定

GoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力し「ディスプレイ広告向け機能を有効にする」にチェックを入れます。
また「トラッキング タイプ」は「ページビュー」にします。

tag_012

4:配信するタイミング

「すべてのページ」をクリックすると「タグを配信するトリガー: All Pages」のボタンが追加されます。

tag_013

タグ名の変更ウィンドウが開いたら、タグの名前を適当に入力します。

tag_014

わたしは「基本のビュー」と名付けました。タグ一覧画面で追加されました。

tag_015

最後に有効化するのを忘れずに!

で、このままだとこのタグはまだ有効化されていません。

画面右上の「公開」ボタンをクリック。

tag_016

今すぐ公開をクリック。これでようやく反映されます。

tag_017

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

STINGER5-ユーザのピンチ操作で記事や画像を拡大できるように設定する

現在製作している別のブログで STINGER5を使わせてもらうことにしました(この場を借りて作者様に

Gmailで特定のメールを携帯に転送させない方法

携帯料金の高騰は受信メールが原因だった... ここ数ヶ月、携帯料金が異様に高いことに気づいて、

ロリポップWEBメールで迷惑/スパムメールにフィルタを設定する方法

個人用に使用しているロリポップのアドレス限定で先日から急に迷惑メールが急増しました。 以下がその履

windows7でJava Auto Updaterが自動的に起動するのをやめさせる方法

パソコンを使用していると、毎日・毎回、Java Auto Updaterが起動して作業を中断されてし

STINGER3でアドセンスのPC版表示を横並びのレクタングルにする設定

※注意:2014年4月現在、当ブログのアドセンス配置は必ずしもこの記事の内容と一致していませんが、同

エクセルでグラフの目盛り項目を一括で任意の値に変更する方法

例えば下のような表があり「ページビュー」列の推移をグラフにするとします。 すると以

それは詐欺メール! "セゾンNetアンサーご登録確認"というメールが届いたら

※まず結論から言いますと「セゾンNetアンサーご登録確認」なるメールが届いた場合は99%フィッシング

no image

IDマネージャーを複数のPC間で同期させる。

IDマネージャーを複数のPC間で同期させるには、DropBoxにデータを入れてしまうのが簡単です。

excel上のオブジェクト

エクセル(excel)2013でシート上の図形(オブジェクト)を一括で削除する方法

私はエクセル(excel)2013でスケジュールなどを管理しており、シート上に多くの図形(オブジェク

Backjoy(バックジョイ)の価格を比較! 安く買えるのはどこ?

この記事では Backjoy(バックジョイ)の購入を考えている方のために、ネットショップにおけるの価

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

足元の冷えを解消!デスクワーカーにおすすめの足温グッズまとめ!

日がな一日座り続けで作業をしていると、血流が悪くなるのか、足元(つま先

足元の冷え解消!足温グッズレビュー(3) ホットマルチヒーター

デスクワークの際の足元の冷えを解消すべく、あれこれ模索しているうちに

足元の冷え解消!足温グッズレビュー(2) 山形電気あんか*参考

デスクワークの際の足元の冷えを解消すべく、あれこれ模索しているうちに

足元の冷え解消!足温グッズレビュー(1) デュアルヒータースリッパ

デスクワークの際の足元の冷えを解消すべく、あれこれ模索しているうちに

掃除機にペットボトルの蓋が詰まってしまった場合の対処方法

部屋を掃除していたところ、掃除機でペットボトルのフタを吸い込んでしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑