WinX DVD AuthorでMP4をDVDに書き出す方法(1)

この記事では「WinX DVD Author」を用いてMP4動画をDVDビデオに書き出す方法を紹介しています。

長くなりましたので「(1)インストール編」と「(2)DVDビデオ書き出し編」の2つに記事を分けています。

・WinX DVD AuthorでMP4をDVDビデオに書き出す(1)インストール編【この記事】
WinX DVD AuthorでMP4をDVDビデオに書き出す(2)書き出し編

この記事では、前編としてソフトのダウンロードとインストールの方法までを紹介します。

ちょっとした前置き

今回の記事を書くきっかけは 先日 友人から「MP4(H.264)の動画をDVDビデオに書き出す方法が分からないので教えてほしい」という相談を持ちかけられたことが発端です。

MP4動画をそのままデータとしてDVDに書き出すのではなく プレーヤーなどでも再生可能なDVDビデオ(DVD-Video)にしたいとのこと。

私自身はそのような場合、動画編集ソフトでMP4ファイルをタイムイラインに読みこみ DVDに書き出しています。

下記はMP4の読み込みとDVDの書き出しが可能なPowerDirector 14 Ultraです。

PowerDirector 14 Ultra 通常版
PowerDirector 14 Ultra 通常版

こうしたソフトが使えれば簡単で楽チンなのですが、友人の環境には残念ながらこのような動画編集ソフトは入っていません。

そこで なにか無料ソフトで同様のことが出来ないかと思い、アレコレ調べてみたところ「WinX DVD Author」という無料ソフトを使うと、MP4(H.264)ファイルをDVDビデオに書き出せることが判明。さっそく自分の環境にインストールして作業してみたところ 無事に書き出しが出来ましたので、その手順をココに紹介することにしました。

アプリのダウンロード

WinX DVD Author」は以下のページから入手可能です(無料)。

画面下部の「ローカルダウンロード(直接に当ページからDL)」ボタンをクリックし、任意の場所にファイルを保存します。

dvdx_001

インストール方法

ダウンロードした「winx-dvd-author.exe」をダブルクリックして、インストールを開始します。

dvdx_002

「開いているファイル-セキュリティの警告」ウィンドウが開いたら「実行」ボタンをクリック。

dvdx_004

以下のような画面が出たら「はい」をクリック。

dvdx_005

言語の選択ウィンドウで「日本語」を選択。

dvdx_005

次へをクリック

dvdx_006

「同意する」にチェックをいれて「次へ」をクリック。

dvdx_007

インストールしたい場所を選択して「次へ」をクリック。 ※保存場所に特にこだわりが無ければデフォルト(自動表示)された場所のままで大丈夫です。

dvdx_008

次へをクリック。

dvdx_009

次へをクリック。

dvdx_010

インストールをクリック。

dvdx_011

しばらくインストール作業が自動で行なわれます。下記画面が出たら「完了」ボタンを押します。

dvdx_012

以上で、インストール作業は終了です(完了ボタンを押すと自動でアプリが起動します)。

デスクトップに以下のようなアイコンが追加されます。

dvdx_013

具体的なソフトの使い方は「WinX DVD AuthorでMP4をDVDビデオに書き出す(2)書き出し編」で紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です