サーチコンソール「サイトマップが HTML ページです」エラーの原因と対処

この記事ではGoogleのサーチコンソールにて「サイトマップがHTMLページです」とエラーが出てしまっている場合の原因と対処法を紹介しています。

症状

Google Search Console(サーチコンソール)にて「インデックス > サイトマップ」を表示すると…

「1件のエラー」が検出されていることがわかりました。

当該部分をクリックしてみると「サイトマップは読み取り可能ですが、エラーがあります」と表示され、詳細表示にすると「サイトマップが HTML ページです。サポートされている形式のサイトマップを使用してください。」と記されていました。

原因

あれこれ調べてみてたところ、エラーの原因が判明。

【原因】 プラグイン「Google XML Sitemaps」の書き出すサイトマップのURLが変更になっていた

Google XML Sitemapsは、自動でサイトマップを書き出してくれるWordPress向けのプラグインです。

Google XML Sitemaps

This plugin will improve SEO by helping search enginess better index your site using sitemaps.

このGoogle XML Sitemapsのバージョンアップで、従来 サイトマップが書き出されていた場所が変更になってしまった模様。

  • 従来:(ドメイン) /sitemap.xml
  • 現状:(ドメイン) /index.php?xml_sitemap=params=

Google XML SitemapsのバージョンアップでサイトマップのURLが変更になっているにも関わらず、私がサーチコンソールに登録していたのは古いURL(/sitemap.xml)のままだったために、今回のエラーが出てしまったわけです。

対処方法

サーチコンソール側に サイトマップの新しい保管場所を登録すれば解決します。

新URLの確認

まずは、サイトマップの新しい保管場所となるURLを確認しておきましょう。

WordPressにログインし「設定 > XML-Sitemaps」をクリック。

XML Sitemaps 設定画面が開いたら「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL:」部分を確認します。

※おそらく「(ドメイン) /index.php?xml_sitemap=params=」の形になっていると思うのでこれをメモしておきます。

サーチコンソール側への通知

続いて サーチコンソール側にログイン。

「インデックス > サイトマップ」をクリック。

画面上部の「新しいサイトマップの追加」部分に URL(index.php?xml_sitemap=params=)を入力します。

あとは自動でサイトマップの確認が行われます。

以下のように、サイトマップが追加されれば終了です。

以上で 終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です