WPプラグイン「BackWPUp」利用時に発生したエラーまとめ

WordPressのデータベースや画像ファイルなどをバックアップしてくれるプラグイン「BackWPUp」。

私も便利に利用させて頂いていますが、何度かエラーに見舞われたので 対処方法をメモしておきます。

有効化ができない!

こちらはインストール時に出たエラーです。

症状

BackWPUpをインストールし 有効化しようとしたところ「重大なエラーを引き起こしたため、プラグインを有効化できませんでした。Parse error: syntax error, unexpected T_STRING in /xxxxxxxx/wp-content/plugins/backwpup/backwpup.php on line 120」とエラーが出て有効化ができませんでした。

原因

上記のエラーは、PHPのバージョンが5.2以下の場合に発生するもの、とのこと。

なので、PHPのバージョンを5.3以降に変更すると改善されます。

対処方法

PHPのバージョンを変更するには、サーバー側から行う必要があります。

以下では、私の事例に合わせてロリポップでの方法を紹介します。

ログインしたら「サーバーの管理・設定 > PHP設定」をクリック。

以下の画面になったら、当該のドメインのPHPを5.3以降のもので選択し「変更」ボタンを押します。

私は「5.6(CGI版)」にしました。※設定の反映には5~6分ほどかかります。

再度、BackWPUpの有効化を試してみたところ、今度はうまくいきました。

フォルダーへの保存時にエラーが出る!

BackWPUpで保存先を「フォルダー」にしていた場合に、エラーがでてしまうことがありました。

症状

「フォルダーを作成できません:/var/www/home~uploads/backwpup-xxxx-logs」などのエラー表示が出てしまう

「フォルダー /xxxxxxxxxx/wp-content/uploads/backwpup-xxxxxx-logs は open_basedir に含まれていません。他のフォルダーを指定してください。」などのエラー表示が出てしまう

原因

サーバー移転などで、内部的なURLが変更されてしまった場合に上記のようなエラーが発生する。

対処方法

面倒ですが 一度、BackWPUpを削除し、再度インストールし直して、新たにジョブを作成してあげると直ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です