10億円は俺のモノ⁉ 西銀座チャンスセンターで宝くじを購入してみた!

この記事では、一獲千金を夢見た管理人・高田が、西銀座チャンスセンターにて 平成最後の年末ジャンボ宝くじを購入した際の様子をまとめています。

はじめに

なにがどうしたものか、知らない間に「10億円」なのであります。

年末ジャンボ宝くじ。

「どうせ当たるわけないし」と、これまで宝くじとは距離をおいてきた私高田ですが、その男が心揺さぶられてしまうほどに、いつの間にか最高当選金額は激しく高騰していたのでした。

10億あれば、買えるかもしれない、マイケル・ジャクソンみたいな家が。

これは買わざるを得まい、と意を決した私の脳裏に浮かんだのは、毎年、年末ジャンボの発売時期にニュースなどで報じられている お馴染みのあの売り場の光景でした。

銀座の方にある、なんだか すごく並ぶとこ…(↓こんな感じ)

どうせ買うなら 幼い頃からよく目にしていたあの場所に出向き、大行列の一員として購入してみたい。

そう考えた私は、とある土曜日に その売り場「西銀座チャンスセンター」に出かけてみることにしました。

【関連記事】 そもそも「西銀座チャンスセンターってどんなところ?」という方は、以下の記事も合わせてお読みください。

西銀座チャンスセンターで宝くじを購入する前に知っておきたい基礎知識

2018.11.24

実際に並んでみた

というわけで、私・高田も西銀座チャンスセンターに行ってまいりました。

11月24日(土)、友引。晴天。

午前10時過ぎに、西銀座チャンスセンターに到着したのですが、既にこの状況。

事前に調べたところでは、西銀座チャンスセンターの中でも「1番窓口」が特に人気とのこと。

しかも「1番窓口」には左右2つの窓口が用意されており、1番窓口でも「左」の方が 良いらしい。

ということで、私も「1番窓口(左)」で購入することにしました。

やはり長蛇の列…

私が到着した時には、1番窓口の列には既に200人以上が並んでおり、チャンスセンターの入る建物(NISHI GINZAデパート)の敷地内では収まらず、有楽町駅の方にまで続いていました。

とりあえず、最後尾まで歩き 列に加わりました。※この時点では1番窓口の「左」も「右」も一緒に並びます。

誘導員の人によると「1時間半 待ち」とのこと。

列に並ぶと、誘導員さんからうれしいプレゼントが。

宝くじ券入れのポーチです。ちょっと得した気分。

私が並んだ後からも 続々と人が列に加わっていきます。

30分が経過…

30分ほど並んだところで、ようやく西銀座チャンスセンターが入る建物(NISHI GINZAデパート)側に渡ることができました。

歩道を横切る際は、途中で割り込みされるのを防ぐためにカードを渡されます。

「NISHI GINZAデパート」側面に移動したら 2列に分かれます。

左が「1番窓口(左)」に続く列で、右が「1番窓口(右)」に続く列になります。

列の先はいずれも「1番窓口」なのですが、先述のようにネットでは「左」を推す声が多く、そのせいもあってか「やや左側に並ぶ方が多い」印象でした。※とはいえ ほんの数人程度の違いです。

しかし、ここから先がなかなか進まない…

ようやく窓口に!

さらに並ぶこと30分ほどで、ようやく窓口が見えました!

活気にあふれる窓口。

そして、遂に私の順番が到来。3連バラ、9,000円也を購入!

並ぶこと、実に70分。ようやく購入できました!

並び始めた時のアナウンスが「1時間半待ち」とのことだったので、予想よりは早く購入できましたね。

しかし、晴れているとはいえ、11月の寒空の下で1時間強立っぱなしというのは、結構しんどいですね。防寒対策はしっかりしていくことをおすすめします。

実際に並んで気づいたこと

実際に並んでみて気づいた点です。

1番窓口にこだわらなければ意外と早く買える

西銀座チャンスセンターには、ジャンボ専用の窓口がいくつか用意されているのですが、1番窓口以外であれば それほど並ぶ必要はありません。

列の長さから推測した各窓口の人気度は 以下のような感じ。※1番窓口(左)の列の長さを「100」として各窓口を比較。

  • 100:1番窓口(左)
  • 99:1番窓口(右)
  • 30:7番窓口
  • 10:2番、3番、5番
  • 5:8番、10番、11番

もちろん日取りや、時間帯にもよると思いますが、2番、3番、5番、7番、8番、10番、11番窓口に関していえば、それほど並ぶことなく5~10分程度で購入できるケースが多いのではないかと思います。

以下は、私が1番窓口で70分間並んだ直後の「2番、3番、5番」窓口の様子。人が少ないですね。

8番、10番、11番窓口の様子はこちら。

ちなみにこの時、1番窓口の列の方は「120分待ち」のアナウンスがありました。窓口によって結構な格差があるのが分かります。

2番人気の「7番窓口」でも待ち時間のアナウンスは30分程度でした。

1番窓口にこだわらないのであれば、そこまで並ばずに購入できるケースの方が多いかと思います。※あくま時間帯・日程によって異なります。

防寒対策(特に足元)はきっちり行う!

私が訪れた日は晴天で、日差しもあって比較的穏やかな気候だったのですが、それでも冬の寒空の下、1時間強も立ち尽くしていると、結構足元が冷えました。

靴を通して 寒気が這い上がってくるようでしたので、これから購入される方は、特に足元の防寒には気を付けた方がよいかと思います。

それと、行列の場所には屋根などはありませんので、雨具なども用意しておいた方がいいと思います。

まとめ

というわけで、西銀座チャンスセンターで宝くじを購入した際の感想でした。

10億円、当たってるといいな~。

「西銀座チャンスセンターに行ってみたいけど うちは遠いから無理!」「2~3時間も並ぶのは嫌!」という方には、こちらの↓宝くじ購入代行サービス「ドリームウェイ」もおすすめです。


宝くじ購入代行「ドリームウェイ」について調べる
※高田が実際に購入代行を利用してみた際の感想は↓こちらの記事にまとめています。

宝くじ購入代行「ドリームウェイ」を使って年末ジャンボを買ってみた!

2018.12.07

関連する記事

一攫千金を夢見る男・高田は、宝くじ関連の記事をいくつか書いています。興味がある方は、以下も合わせてお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です