本当にお得!? Evernoteプレミアムパック3年版購入時の注意点

※ソースネクストでは現在、期間&数量限定で「Evernote プレミアム3年版」を、なんと9,800円の激安価格にて発売中です! 激しくお買い得なキャンペーンなので この機会に購入をお勧めします!

・期間:2017年4月18日~4月23日 限定
・価格:9,800円(※標準価格:13,870円)
・数量:500本限定

「Evernote プレミアム3年版」販売ページ はこちら!

先日、SOURCENEXT(ソースネクスト)から不定期に発売されている「Evernoteプレミアムパック3年版」を購入しました。

こちらはEvernote(エバーノート)の有料プラン「プレミアム」が お得な価格で3年間使用できる商品です。

プライベートな日常の記録から仕事上の資料作成まで、日々Evernoteを活用している私のようなユーザにとって買って損はない激烈お得パックなのですが、実際に購入するにあたって疑問に感じた点がいくつかありました。

そこで、これからプレミアムパックを購入される方々のために、購入前に知っておくべきいくつかのポイントを記事にまとめてみました。

また、購入後の登録方法が激しく分かりづらかったので、設定方法も一緒に紹介しています。

プレミアムパック3年版の特徴

Evernoteプレミアムパックとは、Evernoteの有料プランである「プレミアム」がお得な価格で購入できる商品で「1年版」と「3年版」が用意されています。

商品を購入すると、その名前のとおり「3年版」の場合は3年間、「1年版」の場合は1年間、Evernoteプレミアムが使用できるようになります。

また「3年版」を2セット購入すれば6年分として使用することも可能です。

公式料金との価格比較

2016年6月29日にEvernote公式料金が改定され、それにともなって、SOURCENEXTの「プレミアムパック1年版/3年版」も10月24日から料金が以下のように変更になりました。

・プレミアムパック1年版(標準価格)=13,870円(税込14,979円)

・プレミアムパック3年版(標準価格)=4,818円(税込5,203円)

以上の価格を、Evernote公式サイトで契約する場合と比較してみると以下のようになります(※ちなみにEvernot公式サイトで契約する場合は、法務上の本社にあたる Evernote GmbH(所在はスイス)に対しての支払いになるため消費税はかかりません)。

1年分の契約料の比較

ever_1107_001

「プレミアムパック1年版」に関しては、公式サイトで年額契約した場合とほぼ同額なため、価格的な優位性はありません。

ただし、後述のように キャンペーン期間(不定期開催)には割引価格で購入が可能になるため、キャンペーンが開催されるのを気長に待てる方はそちらを狙ってみるのもおすすめです。

3年分の契約料の比較

ever_1107_003

「プレミアムパック3年版」は Evernote公式経由で契約するよりも600円強も割安な価格で購入が可能です!

現状、もっとも安く、しかも確実にお得な価格でEvernoteプレミアムが利用できる商品になりますので、激しくおすすめです。

さらに、以下の2つの理由から、私は公式サイト経由で契約するよりも「プレミアムパック」の購入をおすすめしています。

不定期で割引キャンペーンが行われる

SOURCENEXT(ソースネクスト)では、不定期でプレミアムパックを割引価格で提供するキャンペーンを行っています。

キャンペーンの開催は不定期ですが、意外と頻繁に行われているようですので、ちょこちょこサイトをのぞいてみることをおすすめします(このブログでも情報が入り次第、随時紹介しています)。

※ソースネクストでは現在、期間&数量限定で「Evernote プレミアム3年版」を、なんと9,800円の激安価格にて発売中です! 激しくお買い得なキャンペーンなので この機会に購入をお勧めします!

・期間:2017年4月18日~4月23日 限定
・価格:9,800円(※標準価格:13,870円)
・数量:500本限定

「Evernote プレミアム3年版」販売ページ はこちら!

SOURCENEXTのポイントがもらえる

プレミアムパックを購入すると、SOURCENEXTサイト内で利用可能なポイント(マイル)を取得できます。

このポイントを利用すると「ウイルスセキュリティ」などのソースネクスト製品と交換することも可能です(※ただし、交換できる製品は限られているので注意!)。

機能制限などはないの?

機能制限などは特にありません。

公式サイト経由で登録する場合と、なんら変わらず使用することが可能です。

既存の有料会員の残存期間の扱いは?

既に有料プランを利用している方の場合、既存の契約の残存期間の扱いは気になりますよね?

例えば、現時点で半年分の利用期間が残っている場合、今プレミアムパックを購入してしまうと、その半年分が無駄になってしまうのではないか 不安です。

しかし ご心配なく。

Evernoteプレミアムパックは、既存の契約の残存期間に追加する形で 期限が延長されるため、購入日によって 既存の残存期間分が無駄になるようなことはありません。

プレミアムパック購入時の注意点

とにかくおすすめな「「EVERNOTE プレミアムパック 3年版」」ですが、購入時には以下の点を留意しておきましょう。

サービス終了のリスク

長期契約のデメリットとして、Evernoteのサービス自体が終了してしまう可能性(リスク)は一応、頭の隅にいれておきましょう。

2016年6月の料金値上げ発表時には、プレミアムパックを複数セット購入し「6年分購入したぜ!」と息巻く猛者もいたようですが、さすがにこれは、ちょっとリスキーな気がします。

個人的には、とりあえず「3年版」を購入し、3年ごとに社会情勢をみながら更新していく・・・くらいの感じがよいのではないかと思っています。

購入後の登録手続きがやや面倒

登録手続き自体は大したことないのですが、購入後の登録手順を説明してくれるような分かりやすい公式の案内が見当たりません(少なくとも私は見つけられませんでした)。

この点、むちゃくちゃ面倒なのです・・・が、私の「3年版」購入時の登録手続きを、ページ下部にまとめていますでの、そちらをお読みいただければ、簡単に登録できると思います。

プレミアムパック購入後の設定方法

というわけで、以降で「EVERNOTE プレミアムパック 3年版」購入後に、プレアム期間を3年分延長させる手続きの方法を紹介していこうと思いますが、細かい話の前に全体の大まかな流れを確認しておきましょう。

  1. 購入手続き完了後 ソースネクストのマイページにて「プレミアムコード」を入手する
  2. 上記プレミアムコードを Evernote公式ページにて入力すると 3年分の使用料に相当する「Evernoteポイント」が入手できる
  3. このポイントを利用して 3年分のプレミアム期間を購入する

だいたいこんな流れになります。

それでは、SOURCENEXT(ソースネクスト)にて「EVERNOTE プレミアムパック 3年版」を購入し、入金手続きなども終了したものと仮定して、プレミアム期間の延長方法を順番に説明していこうと思います。

プレミアムコードを入手する

まずは SOURCENEXT(ソースネクスト)のマイページにて 「プレミアムコード」を入手します。

マイページにログインし、Evernoteプレミアムパックのアイコンをクリック。

ever_settei_002

「Evernoteプレミアムパック」の管理画面になったら、左側の「シリアル番号の確認」をクリック。

ever_settei_003

画面右側に 「プレミアムコード:」として英数字が表示されますので これをメモしておきます。

ちなみに 「シリアル番号(上段)」と「プレミアムコード(下段)」とは別物ですので混同しないように注意してください。私もこの2つを勘違いしていたため手続きに迷いました。

・シリアル番号:ソースネクストで購入したことを証明する番号

・プレミアムコード:Evernoteプレミアムを利用するためのコード番号

購入後にソースネクストから届くメールに記載されているのは「シリアル番号」だけになりますので 注意してください。

ここで必要なのは「プレミアムコード」です。

Web版Evernoteにログインする

これ以降は Evernote(エバーノート)側での設定になります。

まず、パソコンのブラウザからWeb版Evernoteにログインします。

ever_settei_004

プレミアムコードを入力する

Web版Evernoteアカウントにサインインした状態で、下記のページに飛びます。

・アクティベーションコード入力ページ
http://go.evernote.com/retail

※上のリンクが無効の場合は こちらのページも試してみましょう

「下にアクティベーションコードを入力してください」と記載された入力欄に「プレミアムコード」を入力します。

ever_settei_005

すると「おめでとうございます。有効なコードが入力されました。下にメールアドレスを入力してください。既存の Evernote アカウントにサインインするための画面、もしくは新規アカウントを作成する画面に転送されます。」と表示が変わります。

ever_settei_006

「Enter email address」部分に、Evernoteログイン時の登録メールアドレスを入力し、ENTERボタンをクリックします。

以下の画面になったら、アカウントを確認し「スタート」ボタンを押します。

ever_settei_015

私の場合、既にプレミアム版を利用していますので「既にプレミアム版をご利用のため、今回のポイントはお客様のアカウントに加算されます。

次の機会にこのポイントを Evernote プレミアムと交換してください。」との文言になっています。

おめでとうございます!の画面が出たら、Evernote(エバーノート)ポイントの入手が完了です。

ever_settei_007

3年分の使用料に相当する「360 ポイントを獲得しました※1」になっていることを確認しましょう。

問題なければ、画面中ほどの「Evernoteポイント」部分をクリックして、ポイント利用の画面に移動します。

※ポイント利用ページへは、アカウントの概要ページの「ポイント」からも移動できます。

※1:360ポイントというのは私が購入した2016年5月時点のものです。2016年6月29日以降の料金が改定されたため、ポイント数自体は変更されているはずです。

ポイントを使って使用期間を購入する

ここまでは、まだEvernoteポイントを入手しただけに過ぎません。

続いて、入手したポイントを利用して 使用期間を購入していきます。

ポイント画面で「プレミアム/1年」部分をクリック。

ever_settei_009

確認画面がでますので「確認」ボタンを押します。

ever_settei_010

「お客様のアカウントに特典が正常に適用されました」と出ればOKです。

ever_settei_011

期間の購入は1年単位でしかできませんので、同じことを3回繰り返します。

以上で、プレミアムの期間を3年分購入したことになります。

確認方法

最後に 「アカウントの概要」ページを開き、正常に反映されているか確認してみましょう。

ever_settei_012

登録前

ever_settei_013

登録後

ever_settei_014

しっかり、3年分延長されて反映されていますね。

ちなみに 作業したのは「5月17日」ですが、次回請求日の日付が3年後の「6月5日」になっています。

これは、前期間の残存期間を自動で延長してくれているためです。

既にプレミアム版を利用していた場合でも、残存期間が損にならずに移行ができた・・・というわけです。

最後に購入後の感想を

というわけで、Evernote(エバーノート)の有料ユーザーであれば購入して損はない「EVERNOTE プレミアムパック 3年版」の紹介記事でした。

個人的にEvernote(エバーノート)は自分の生き方を変えてくれたといっても過言ではない便利ツールなので、おそらくはこの先も有料会員であり続けるだろうと思っています。

そんな私のような人間にとって、割安料金かつ機能制限なしでプレミアムを長期利用可能な「プレミアムパック3年版」は、とにかくお得な神商品。

前述のように、人気商品にもかかわらず 販売期間が不定期で、すぐに品切れしてしまうので、在庫があるのを見かけたら即購入をおすすめいたします。




「EVERNOTEプレミアムパック3年版」を購入する

※ソースネクストでは現在、期間&数量限定で「Evernote プレミアム3年版」を、なんと9,800円の激安価格にて発売中です! 激しくお買い得なキャンペーンなので この機会に購入をお勧めします!

・期間:2017年4月18日~4月23日 限定
・価格:9,800円(※標準価格:13,870円)
・数量:500本限定

「Evernote プレミアム3年版」販売ページ はこちら!

ちなみに、ソースネクストでは、DropBox(ドロップボックス)のお得版も発売しています。 興味のある方は以下の記事も合わせてお読みください。

ソースネクスト「Dropbox Plus3年版」購入時の注意点と感想

2016.05.31

4 件のコメント

  • おかげさまで無事にポイント反映できました。
    アクティベーションコード入力ページの直リンク助かりました。

    ありがとうございます。

    • mine様

      コメントありがとうございます。記事がお役に立ったようでなによりです。

  • ありがとうございます。親切丁寧な解説助かりました。年内一番役に立つ記事でした。

    • コメントありがとうございます。
      記事がお役にたったようでなによりです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です