足の冷えを解消!おすすめの足温グッズ【2019年版】

月に250時間超を 座って 座って 座りたおすヘビー・デスクワーカーの高田です。

日がな一日座り続けで作業をしていると、血流が悪くなるのか、足元(つま先からカカトにかけて)が冷えてしまいます。

これまでに いくつかの足温グッズを購入してきたので、おすすめを紹介してみようと思います。

購入前に知っておきたい3つのポイント!

◎【足温器 足温機 脚温器 脚温機 足元 あったかグッズ 足元ヒーター ホットカーペット 暖房】足温器(B285)

ひとくちに足温グッズといっても、仕組や形状などが異なる様々な形態の商品が発売されており それぞれに特徴があります。

私自身、デスクワーク用に何種類かの足温グッズを購入していますが、商品を購入する際は以下の点に気をつけています。

  1. 暖かさの範囲:足元全体が暖まるか? 足裏など一部のみか?
  2. 足の自由度:移動しやすさは? 姿勢が固定されてしまわないか?
  3. 価格

足を暖める範囲の広さと、足の自由度はトレードオフの関係にあります。

つまり、足元全体が温まるタイプは 足の自由度が少なく、その逆に 足の自由度が高いものは 熱源が足の一部だけになってしまうわけです。

以下で、それぞれタイプ別に足温グッズを紹介していきますので、自分にあった商品を見つけてみてください。

電源を使用しないタイプ

足温グッズには、様々な種類が存在していますが、暖め方の仕組として大きく「電気を使用するもの」と「電気を使用しないもの」の2つに別れます。

まずは、電気を使用しないものを紹介していきましょう。

レッグウォーマー【必須!】

足が冷えるのであれば、真っ先に購入すべき必須アイテムが、レッグウォーマーだと思います。

まずはレッグウォーマーを付けてみて、それでも冷えるという場合に、他の足温グッズを探すべき。

実は私も「男がレッグウォーマーって…」と長いこと敬遠してきたんですが、妻にすすめられて着用して驚きました。

足首を温めると、足全体が暖かくなるんだ!

私のお気に入りはSASAWASHIというブランドのレッグウォーマーで、締め付けすぎない絶妙なフィット感がイイ感じです。

【関連記事】私がレッグウォーマーの素晴らしさについて力説するこちらの記事も合わせてお読みください。

created by Rinker
SASAWASHI(ササワシ)
¥3,780 (2019/08/20 02:28:10時点 Amazon調べ-詳細)

ブーツ型湯たんぽ【おすすめ!】

お湯をいれて使用する、ブーツ型の湯たんぽです。

足元全体が温まり、移動もできるという ある意味理想の足温グッズですが、お値段はちょっと高めです。

お湯を沸かしたり、捨てたりといった湯たんぽゆえの面倒くささはありますが、つま先、足裏はもちろん、足の甲やくるぶしまでが暖かさで包まれる独特の感覚はクセになります。

【関連記事】 私が「やわらか湯たんぽ」を使用した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせてご覧ください。

created by Rinker
Clo'z(クロッツ)
¥12,000 (2019/08/19 23:20:20時点 Amazon調べ-詳細)

※「やわらか湯たんぽ」は多くのネット通販で取り扱われていますが、サイズが合うかな?臭いは気にならないかな?と不安な方は、「使用後でも30日間返品OK!」の健康館というお店がおすすめです。 わたしもそちらで買いました。

つま先 差し込み型

Shinnwa(シンワ) 3色展開 暖か足温器 フットインクッション ハンドインクッション チェック柄 足入れクッション 30*35cm 足ポかクッション グリーン

クッションに開けられた穴に足先を差し込むタイプのもので「フットインクッション」と呼ばれています。

※後で触れるように 同一の形状で電源搭載タイプのものもあるのですが、ここでは電源なしタイプを紹介しています。

オーソドックスなものからキャラクター系まで様々な種類が用意されています。

created by Rinker
東谷(Azumaya-kk)
¥1,800 (2019/08/20 12:03:06時点 Amazon調べ-詳細)

電気を使用するタイプ

続いて、電気を使用するタイプの足温グッズを紹介していきましょう。

マルチヒーター型【おすすめ!】

椙山紡織 ホットマルチヒーター イエロー

足を入れるだけでなく、お尻の下に引いたり、布団の中にいれて湯たんぽ代わりにも使えるのが、こちらの「ホットマルチヒーター」。

足を差し込んで使用する・・・という点では「つま先 差し込み型」に近いのですが、こちらはカカト部分もホールドしてくれる形状なので 足元全体が暖まります。

足の位置は固定されるものの、ある程度遊びがありますので 私のようにデスクワークの最中にモゾモゾ動いてしまう人間でもそれほどストレスにはなりません(レビュー参照)。

また足を上にのせてホットカーペット的に使用することも可能です。温度調整も可能。

他の形状のものと比べてお値段がちょっと高めなのが難点ですが、使い勝手は良好で個人的に最もおすすめのタイプです。

【関連記事】※私がマルチヒーター型足温グッズを購入した際の感想を記事にしていますので、そちらも合わせてご覧ください。

「ホットマルチヒーター」は以下から購入できます。

created by Rinker
椙山紡織
¥4,370 (2019/08/20 12:03:07時点 Amazon調べ-詳細)

スリッパ/ブーツ型

その名のとおり スリッパやブーツのように、つま先からカカトまでを一体で包み込む形状のものです。

足全体を包み込む形状のため全体が満遍なく温かくなり、左右が独立して分離しているため 着用時でもある程度足の位置を自由に動かせるのが特徴です。

USBポートから給電する際には、両足からケーブルが伸びているので USBポートが2口必要になります。

携帯バッテリーを使用することで、履いたままでも移動することも可能ですが、スリッパ内にバッテリーを仕舞い込む形になるため、着用時の違和感が大きく、あまり実用的ではないかと思います(レビュー記事参照)。

【関連記事】私がスリッパ型足温グッズを購入した際の感想を記事にしていますので、そちらも合わせてご覧ください。

「USBデュアルヒータースリッパ」は以下から購入できます。

つま先 差し込み型 ※電源あり

こちらは先に紹介した「つま先 差し込み型(フットインクッション)」の電源ありタイプですね。

電源を使うタイプの場合は 穴の中に発熱シートが入っていてUSBで給電するものが一般的です。

つま先を差し込むだけなので、足の着脱が簡単で 移動がしやすい利点がありますが、カカト部分がむき出しになってしまいますね。

熱源のシートは着脱が可能なものが一般的なので、外して非電源タイプとして使用することも可能です。

「つま先 差し込み型」は以下から購入できます。

足のせ型

こちらは、熱源の上に足をのせて暖をとるタイプです。

移動が容易ですし、デスクワークの際に足元に置くのに最適と思います。

ただし、熱源が足裏のみになりますので、足の甲側はどうしてもスースーしてしまいますね。

ちなみに、私が足のせ型足温グッズと勘違いして山形電気あんかを購入してしまった際の顛末を記事にしていますので、反面教師としてお読みください。

足のせ型のフットヒータは以下から購入できます。

created by Rinker
アピックス
¥4,180 (2019/08/20 12:03:08時点 Amazon調べ-詳細)

完全固定型:足元のみ

コイズミ 電気足温器 ブルー KDF-4061/A

こちらは 足を完全に固定してしまうタイプです。移動が容易ではないため 職場などで使うにはちょっと難しいかもしれませんが、参考までに紹介しておきます。

こちらは一見スリッパタイプのように見えますが、左右が非分離なので履いたままの移動はできません。

つま先部分を包み込むようにヒーターが内臓されているのが特徴です。

created by Rinker
コイズミ(Koizumi)
¥10,959 (2019/08/20 12:03:08時点 Amazon調べ-詳細)

完全固定型:下半身 巻き込みタイプ

パナソニック 足温器 ズボンタイプ ドライクリーニング可 グリーン DF-38-G

下半身を完全に覆うタイプ。暖かさは最高ですね。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥9,000 (2019/08/20 12:03:09時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

以上、足温グッズをタイプ別に特徴などをまとめてみました。

そもそも足元の冷えは、主に血流の滞りが原因と思われますので、デスクワークの合間に適度な運動を心がけたいものですが、なかなかそうもいかないわけで・・・。

私と同じく足元の冷えに悩むデスクワーカーの方の参考になれば幸いです。

関連する記事

足元の冷え対策に関しては 以下のような記事も書いていますので、合わせてお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です