Evernoteノート内のリンクURLを開くブラウザを変更する方法

少し前に、パソコンのOSを「windows7」から「windows10」にアップデートしました。

それ以来、Evernoteのノート内に記載されたURLリンクをクリックすると「Edge(エッジ)」というwindows10から導入されたブラウザで開かれるようになってしまいました。

症状

記事内のリンクをクリックすると…

「Edge(エッジ)」で開かれてしまいます。※「edge(エッジ)」は、従来のIE(インターネットエクスプローラ)の新化版としてマイクロソフトが開発したブラウザです。

本来は、いつも使用している「Chrome(クローム)」ブラウザで起動してほしいのですが、「ツール>オプション」などを確認しても、どうもそれらしき設定は見当たりません。

そこでネットで調べてみたところ、Windows側の規定のブラウザ設定をいじることで対処できることが判明しました。

具体的な設定の手順

windows画面左下の「スタート」ボタンをクリックし「設定(歯車のアイコン)」をクリックします。※Windows10の場合

「windowsの設定」ウィンドウが開いたら「アプリ」をクリック。

以下の画面になったら「既定のアプリ」をクリック。

「既定のアプリ」画面に切り替わったら「Webブラウザー」項目を探して、現状のブラウザ(ここではEdge)をクリックします。

すると「アプリを選ぶ」画面が出るので、自分が開きたいブラウザ(ここではChrome)を選択します。

以下のウィンドウが開いたら「強制的に変更する」をクリック。

「Webブラウザー」が「Chrome」になります。

以上で終了です。

確認する

Evernote内のリンクをクリックすると、Chromeで開かれるようになります。

確認してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です